発達障害・軽度知的障害、うつ病など|就労移行支援事業所「JOTサポート神戸 三宮駅前」

トップページ > 卒業生の声> KAZUさん
卒業生の声
卒業生の声
卒業生の声
卒業生の声

2019年5月卒業 20代・男性

製造職 正社員

1
100点満点です(^_-)-☆
Q:まずは現在の心境をお聞かせください

A:「寂しさ半分、希望半分」です。
寂しさについては、2年通ったJOTに別れを告げなければならないこと。
良いご縁をいっぱい頂きましたので・・・
希望については、大学院を中退し、このたび初めて社会人になること。
どれくらい自分の能力を発揮できるか、自分自身を表現できるか楽しみです。

Q: 内定までの経緯は?

A:入所1年11か月、1回の面接で内定をいただきました。
実習は4回、意図的に色々な職種を経験させていただきました。

Q: 社会人になることに不安はありましたか? 

A:社会というものに漠然とした不安がありました。
また、「障害者雇用」という枠の中で、自分の能力を適正に評価してくれる企業があるのか?
自分のパーソナリティとうまくマッチする企業があるだろうか?という不安がありました。
でもこれらは、今回採用していただいた企業の方々と出会えたことで払拭できました。

Q:今回の就職はあなたにとって満足いくものでしたか?

A:100点満点です(^_-)-☆
2
生涯忘れられない人生の一幕
Q:JOTの入所前は?

A:大学院を休学中で、現実からも社会からも逃げているような生活でした。
生活リズムも崩れ、午後3時ごろに起床するようなこともよくありました。

Q:JOTの想い出の中で一番印象的な出来事は?

A:山ほどあり過ぎて(笑)
うーん・・・今一番思い出されるのは昨年秋にJOT初の就職者が2名決まった時のことです。
一緒に頑張ってきた仲間の就職が決まったことが本当に嬉しかった!
でもお二人が卒業されることがやっぱり寂しくて・・
・内定から卒業式までの流れのすべてを貴重な思い出として覚えています。
今回自分もそこに加われることを光栄に思います。

Q:あなたにとってJOTとはどんな存在でしたか?

A:月並みなんですが・・・「生涯忘れられない人生の一幕」だと思います。
受けた恩は数限りないです。僕という人間の良い所も闇のような部分も全て受け入れてくれた場所。


Q:JOTの訓練プログラムであなたにとって一番役立ったものは?それはどんな風に役立ちましたか?

A:意外と思われるかもしれませんが(笑)実は「アロマセラピー」です!
リラックスできて・・・心に直に作用するプログラムで、とても楽しみでした!

これまでの人生、精油に触れ合う機会も興味もなかったのですが、JOTで奥深さを知りました。
楽しいし、何と言っても良い香りですし・・・自分で精油をそろえるのは大変だけど、それらが整ったJOTの環境のおかげで生活に彩りが増えました。今後も自分で続けていきたいです。

3
身近な人たちから「ありがとう」
Q:これから、どんなふうに働いていきたいですか?

A:心と身体を壊さないように働いていきたいです。それあっての自己実現だと思うので。


Q:今後の人生の夢は?

A:身近な人たちから「ありがとう」と言っていただくことが僕の原動力となります。
なので、これからの人生も常に人から何がしか感謝してもらえるような、そんな人生であればいいなと思います。


Q:最後に、JOTでこれから就職を目指す皆さんにメッセージをどうぞ!

A:今、人生に「光」が見えていなくても・・・「大丈夫」です!
もがいた先に、自分の求めるものがきっとあるはずですから・・・
ここ(JOT)の人たちはそれを応援してくれますし、僕も応援しています!
2019年8月卒業 10代・女性...
2019年3月卒業 20代・女性...
2019年8月卒業 10代・女性...
2019年3月卒業 20代・女性...
GUIDE
「JOTサポート神戸」は運営主体が展開している各種スクール事業で培ってきたノウハウやネットワークを活かして、障がいのある方々が勇気を持って就職への一歩を踏み出せるように就労移行の支援をいたします。
ページTOP