発達障害・軽度知的障害、うつ病など|就労移行支援事業所「JOTサポート神戸 三宮駅前」

トップページ > 卒業生の声> Megさん
卒業生の声
卒業生の声
卒業生の声
卒業生の声

2020年2月卒業 30代・女性

児童支援員

1
やりたい×できるをミックスさせた仕事
Q まずは現在の心境をお聞かせください
A いやー・・・もう不安です(笑)
でも仕事的には「やりたい仕事」と「できる仕事」をミックスさせた仕事に出会えたこと、すごいと思ってます。

Q 内定までの経緯は?
A 入所して1年10か月で就職が決まりました。
企業見学は3回、実習は2回行きました。

Q 社会復帰に向けて不安はありましたか? どのように乗り越えましたか?
A 不安はありました。服薬の量が増えて、薬の副作用で体力がどんどん落ちていってしまったし・・・
もう働けないと思ったこともありました。自分はこれまで(双極性障害の)「躁」の力で働いてきたのだと思い、その「躁」の力を失ってしまっては(←※服薬で「躁」を抑えるという意味)もう働けないと・・・

Q 今回の就職はあなたにとって満足いくものでしたか?100点満点中何点?
A 勤務地や職種など、条件としては100点満点です!
でも・・・まだわからないから不安、これからだと思ってます・・・

Q JOTの入所前は?(生活状況、心境など)
A ただただ暗闇・・・恐怖の中にいて・・・
ノイローゼでひきこもりでした。
眠れず食べれず体重は5、6㎏減っていました。
友人との電話で同じことをずーっと何時間も話し続けて・・・でもその友達は黙ってそれに付き合ってくれて・・・本当に感謝してます。3月頃から、その様子を心配して母が「居場所を作ってあげたい」と言ってくれました。そこで自分でも「このままではいけない・・・」と・・・
2
前年のお花見の時と景色が全く違って見えた
Q JOTの想い出の中で一番印象的な出来事は?
A いっぱいあるけどなぁー・・・(笑)
1年目のお花見では、何を見ても桜を見ても何も感じなかった、笑顔は作っていたけれど全然笑ってはいなかった、自分がJOTにいることもまだ受け入れていなかった・・・
けれど2年目のお花見は桜が本当にキレイだった!
お花見会場へ向かう道々、KさんHさんと「あめんぼ赤いなアイウエオ♪」とか言いながら歩いて行ったこと・・・笑いますよね(笑) でも本当に楽しかった!前年のお花見の時と景色がまったく違ったんです(≧▽≦)

Q あなたにとってJOTはどんな存在でしたか?
A JOTは、本来は就職するための訓練の場であるはずなのだけど、私にとっては「メンタルを回復する場所」だった。自分の「障がい」を受け入れることが出来た場所。障がいがあったからこそJOTに来ることが出来たのだと、それを幸運に思うことができた場所です。
3
アサーティブを実践して友人と仲直りできた
Q JOTの訓練プログラムであなたにとって一番役立ったものは?それはどんな風に役立ちましたか?
A アサーティブです!!!(←即答)
ケンカやもめ事になった時に、まずは「感謝」して・・・それから自分の素直な気持ちや代替案を伝えること。
これを実践して友人と仲直りできました。

Q これから、どんなふうに働いていきたいですか?
A まずは「双極」とうまく付き合っていきながら働いていきたい。
「躁」の時には「私はもっとできる」と思ってしまうし動いてしまうので、その半分くらい「できないかもしれない」と思うように最近はなってきました。

Q 今後の人生の夢は?
A 本当のことを言うと・・・・自分の子どもが欲しいです。
でも、それが叶わないのであれば・・・・・誰かの役に立ちながら生きていきたい思っています。

Q 最後に、JOTでこれから就職を目指す皆さんにメッセージをどうぞ!
A すごい辛いこととか・・・すごく苦しいこととか・・・そういうことがあってみんなJOTにたどり着いたと思う。
JOTはメンタルも回復できる場所だから、いつか元気になれることを信じて過ごしてほしい。
それから・・・2年ってびっくりするほど「あっという間」だから、1日1日を大切に過ごしてほしい。
皆さんの未来が明るくて笑顔であってくれれば嬉しいです。
ずっと応援しています!
2020年8月卒業 20代・男性...
2019年11月卒業 30代・男性...
2020年8月卒業 20代・男性...
2019年11月卒業 30代・男性...
GUIDE
「JOTサポート神戸」は運営主体が展開している各種スクール事業で培ってきたノウハウやネットワークを活かして、障がいのある方々が勇気を持って就職への一歩を踏み出せるように就労移行の支援をいたします。
ページTOP