就労支援所住所 : 神戸市中央区琴ノ緒町5丁目5-9 フューチャービル5階 TEL.078-272-2525
軽度知的障害/発達障害/身体障害/うつ病 など

ブログ・お知らせ

就職実績/卒業生の声

ブログ|就労移行支援事業所 JOTサポート神戸

2019.07.26

新プログラム・スーツデイ

MOGU

こんにちは。MOGUです。

今回は新しく入られたスタッフ岩元さんが中心となって行っているスーツデイについてお話ししたいと思います。

スーツデイとは、就職に向けてより意識を持つために面接や企業での就労を想定した服装で通所する日です。内容に関しては服装のチェック面接に向けて自己理解や知識を伝えるといったことを行います(岩元さん談)。

私は定期通院に行っていたので1回目は残念ながら参加できませんでした。なので5月が初参加!
JOTで最長老にも関わらず、ドキドキしてました。
事前に岩元さんから「服装のチェックシート」なるものを渡されていました。

その量たるや 多っ!!

こんなにチェックしなきゃいけないことがあるんだ~っとびっくりしました。

プログラムを始める前にまずは2人組になって互いにチェックし合いました。
私は靴と靴下の項目で引っ掛かりました。
靴のかかとが思った以上にすり減っていたことを改めてこのチェックで知りました。
あと靴下は黒の靴下ではなく、ストッキングの方が良いそうです。(買ってないわー、家にあるかチェックして買いに行かないと!)
面接官の方がここまで見ているということを思うと本当今のうちにやってもらっておいてよかったと思います。

で、それが終わるとプログラムが始まりました。
今回は「ジョハリの窓」というものを行いました。
何でも自己の公開・隠ぺい範囲を下記↓4つの窓に分類し、それを自分で認識することで他人とのコミュニケーションを円滑に進めるための心理学ではよく使われるモデルらしい。目的は主観的に見た自分と客観的に見た自分を知ることらしい。

やり方は↓

とこの通り、仕事につながる自分の長所を書き出していく作業を行っていたのですが(※補足:別プリントがあり、①「明るい」などの項目から自分の長所だと思った番号を紙に書き出していくのであまり時間がかからない)、

私「うん、3つしかないな(20個中)。」と判断。

誰よりも先に終わりました、今思うと自分に対してかなりシビアです(笑)。
また他のメンバーに対しても同じことを行うのですが、他のメンバーに対してはたくさん書くことが出来ました。

 

で結果はどうなったかと言うと、私、

「盲点の窓」が多すぎる結果となりました。

周囲のメンバー、岩元さんからも「MOGUさん、自信なさすぎ」と指摘される羽目に(笑)。
いや、びっくりしました。とても嬉しかったです。自分の事って分からないなぁって思っていますが、ここまで分かっていないとは・・・。

最初は皆さん、褒めすぎだろ~と思っていたんですが、他の方の結果を聞くとこれがまぁ当たってる!
全部とは言わなくても、票が多いところは全員その人の長所として全員文句なしの賛成でうなずいていました。

自分に自信が付く、付かないは置いておいて、実際に面接にいけば、自己アピールをしなきゃいけないわけですが、今回「ジョハリの窓」をやらせて頂いたおかげで自分の何をアピールすればいいか、発見できて良かったです。

あとスーツデイが始まる前はもっと固い雰囲気でプログラムが行われると思っていたのですが、みんなリラックスした朗らかな雰囲気でスーツデイのプログラムを受けていました。

さて、そんなことを書いているうちに次のスーツデイが迫ってきています。次はどんなプログラムが始まるのか、緊張しつつも内心楽しみにしている私です。また前みたいに楽しく新たな発見ができると嬉しいなぁ。

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページTOP