「JOTサポート神戸」に入所して1年経過しました。

お久しぶりです。メンバーのユウリと申します。入所して一年経ちました。

私がこの事業所に縁があったのは、最初のブログに書いていた事ですが、最初両親がずっと引きこもっていた私を心配して相談センターの「スイセイ」という場所に行っており、そこでこの事業所を紹介されたのがきっかけでした。初めてここに来た時は、緊張してあまり笑う事も話す事もほとんどなく、メンバーの人たちに、どうコミュニケーションを取ったら良いか分からないと戸惑わせていました。しかし、ここに来る度にだんだん言葉が出るようになってきて、みんなの前に出て話しても少しずつ抵抗がなくなってきて、声も大きくなってきたとスタッフの方からも褒められるようになってきました。また笑顔が増えた事もあり、皆から「すごく魅力的になった」と言ってもらえるようにもなりました。

今までは、失敗した後や注意された時など、ストレスの発散方法が分からずに、自分の事を責める事しかしてこなかったため、自分の事が本当に大嫌いでしたが、ここに通うようになり、自己分析で自分自身を知っていくに連れて、だんだん「私って、何も出来ないダメ人間じゃなかったんだな」と自分の事を少しずつ見直すようになっていきました。

今私は、入所して一年経ち、新しい入所者さんが増えてきているのですが、初対面の人に対しても声は小さいかも知れませんが、ちゃんとコミュニケーションを取れて、楽しく過ごせているように感じています(スタッフさんからもちゃんと話せるようになったと言われました)。また、主体性プログラムや自己理解でも、自分のペースで物事を行わせて頂き、時々指摘を受ける事もありますが、その度に以前よりも自分を責める行為はかなり減りました。これもスタッフさんの適切な支援や障害特性を理解した上でのご助力であると感謝しています。これから私は実習のために「自分トリセツ(自分の取扱説明書)」を作成していきます。まだまだ拙い言葉ではありますが、人前で話す事の訓練を行い、慣れていく所存です。 以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました。

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です