はじめましてのブログ

こんにちは。はじめまして。
1月に入所した、てぃんとです。

私には適応障害やいくつかの障害、症状があります。

子供の頃から自分の全てが嫌で、常に透明人間になりたいと思っていました。
大人になってから診断をもらって、なんだか今、人生の答え合わせをしている気分です。

JOTに来ることができたのは、不思議なご縁とタイミングのおかげです。

仕事を辞めて引きこもっていた時、カウンセラーさんからこちらをすすめていただきました。
いつもの私なら、自分から新たな環境に飛び込むなんて、そんな怖いことはできません。
しかし当時は、身を置いていた環境の影響もあり、心身ともにボロボロで気が変になりそうな状態でした。
「もう、誰でもいいから助けてください。」と観念したことが、自分の背中を押しました。

そして施設長の清水さんが、私が通っているクリニックと不思議な繋がりがあったことも、一歩踏み出すことができた大きな理由でした。

私がJOTに通い始めて驚いたことがあります。

①メンバーの皆さんの優しさと強さ

まるで大切な家族を応援するように、あたたかく接してくださいます。単なる見せかけではない優しさに触れるのは、随分久しぶりで戸惑いました。
そして、日々ひたむきに、つまずいても諦めずに、自分で決めたことに取り組む姿はとてもカッコ良くて、今、私には無いものです。とても衝撃的でした。


②スタッフの方々の温度

私は在職中、温度のある仕事がしたいと思っていました。

温度とはその人らしさ、人間味、飾らない心の顔のようなものといいましょうか。
ギブアンドテイクを超えた心と心のやり取りを、お客様やスタッフ同士で行うことが目標でした。
JOTのスタッフさんのお仕事の仕方は、私の理想にとても近いです。
大きなお手本のすぐ近くで勉強できるのは、ラッキーですね。

 

まだまだ私には、課題が山積みです。
就労以前に、自分自身と向き合うことからのスタートです。
けれど取り組む課題があること、それをサポートしてくれる伸び伸びとした環境があることは、自分を磨けるものすごいチャンスだと思っています。

こんな風に、少しだけ前向きに考えられるようになったのは、私にとっては大きな変化です。

これから、ひとつずつできることを増やして、就労に向けて力をつけていきたいと思っています。

読んでくださってありがとうございました。

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です