らしさ

はじめまして!
手続きをコロナ禍に阻まれる等のアクシデントを乗り越え、6月より入所いたしました、コマと申します。

現在、私は不安障害の診断を受けています。診断を受けたのは成人してからですが、きっとそれ以前から発症していたと思われます。きっかけはわかりません。

私はずっと、自分の感情を抑圧して「いい子」で生きていました大事なものや興味のあることも少ないながらあったのですが、おとなになっていくにつれ、いい子で“あろう”からいい子で“なきゃ”と、いわゆる宝物だったものが、自分でも気づかないうちに、いい子でいるための建前へ変わってしまっていました。
こんな状態だったので、学生時代からストレスへの対応が下手で、社会人になって倒れてしまいました。診断を受けてしばらくは、周りも自分も障害を性格の問題ではとあまり理解できず、家でも常に緊張状態で、四半世紀の人生で一番の暗黒期でした。
しかし、そんな暗くて長いトンネルの中をさまよいながら湧き出た答えは、「生まれ変わりたい」「自分らしく生きたい」でした。

体調が落ち着き始めた頃、お世話になっている先生が、就労移行支援という制度があることを教えてくださり、ホームページや資料を見て気になった事業所へ見学に行くことにしました。そのなかにJOTもありました。たくさん見学に行ったのですが、JOT以外の事業所はどこか無機質な感じがして、体験までお願いしたのはJOTだけです。
JOTでは多様なプログラムが用意されており、私の課題でもあるストレス耐性への取り組みが充実しているのがとても魅力的でした。あと、見学・体験のなかで、スタッフさんとメンバーさんのそれぞれが温かく迎えてくださり、「ここでなら」と思えたことも、JOTへの入所を選んだ決め手のひとつです。

まだ入所して3ヶ月ですが、自分で自分を監視するような思考をしてしまっていたことに気づけたり、これまで以上に自分のことを理解してあげられるようになりました
スキルアップして再就職することも目標ですが、まずは、自分のトリセツなどを作れるようになって、自分らしく生きていくための準備を整えたいと思います。

(20代・女性)

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です