現在、実習に行かせて頂いております。

ご無沙汰しております。訓練生のユウリと申します。

私が現在、実習させて頂いている企業は、とある大手総合建設会社です。

そこで取り組んでいる業務は、コーヒーとお茶の補充(午前と午後)・ファイリング作業伝票と納品書の整理ファイルの背表紙作成(Word)・資料内容の入力作業(Excel)・テプラ作成ラミネート作業会議室の掃除(ファインダーとテーブルの拭き掃除など)・資料のPDF印刷作業など、主に事務作業の仕事をさせて頂いております。

私にとっては初めての実習のため、最初に訪問した時は、すごく緊張しました。特に面談の際、訓練している事業所の事・事業所での取り組み内容・自分自身の障害特性などを聞かれ、ちゃんと自分の口から説明出来るのだろうか」第一印象が『暗い人・話せない人』と思われたらどうしようか」など悩んでおりましたが、実習先のご担当者様は、私の拙い説明でも私の話に合わせて、共感して聴いて下さったので、私も緊張が解れ、安心して話す事が出来ました。JOTのスタッフさんにもしっかり自分の事を話せていたと褒めて頂いたため、ホッとしたのを覚えています。

また、業務の取り組み内容では、何度も直し作業を繰り返した事もありましたが、社員の方には「失敗しても大丈夫」と言って下さり、今でもすごく優しく気を遣って教えて下さいます。そのため、だんだん実習の回数を重ねていくうちに、社員の方にも「作業が早くて助かる」と言って頂けるようになっていきました。

今後の改善点としては、これからは一人で出来る範囲も増えていき、毎朝ルーティーンとして行って欲しいと依頼されていくのが多くなると思います。なので、主体性を求められる事にも慣れていく事と、業務だけではなく、社員の方とのコミュニケーションも少しずつ取って、実習を続けられるように頑張りたいです。

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です