新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

2021年が始まりました!
社会状況的に大変な年明けですが、それだからこそ、真新しいこの1年の始まりには胸の高鳴りを覚えました。

皆様におかれましては、どうぞ良き一年となりますように。

JOTサポート神戸では1月4日に「仕事始めの会」を開催しました。
ちょうどこの日に新メンバーのご入所があり、自己紹介を兼ねて皆さんにお一人ずつ「JOTに入所を決めた理由」を披露していただいたのですが・・・
全メンバー(全メンバーです!)が揃って見学に来られた際の
①事業所の温かな雰囲気
②メンバー・スタッフの人の良さ
③事業所内の明るさ 、の3つを共通して挙げて下さいました。

これには胸を打たれました。
新年早々、喜びでいっぱいになりました。
と同時に、これからも、皆さんが挙げて下さった≪JOTの魅力≫を失くさないように大切にしていきたいと改めて使命感を強く感じました。

皆さんを就職におつなぎすること。
もちろん、これが就労移行支援事業所の第一目的です。
ただ、それだけではなく、これからも、
お一人お一人の心を大切にする事業所、
心に触れる事業所、
心を動かす事業所、
そして心を元気にする事業所でありたいと願います。

スタッフ一同、チーム一丸となって頑張って参ります!
本年もよろしくお願いいたします。

JOTサポート神戸
清水理香

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
管理者の清水です。

これをお読みくださっている皆さんはお正月休みをどのように過ごされたでしょうか?

私は、年末年始の家事雑事を何とか一区切りつけて、元日10時頃から自分の部屋にこもり、用意しておいた新しい本の1ページ目をめくる瞬間を、毎年何よりの楽しみとしています。
日々の読書は支援に役立つ知識や情報を得られるものが中心となりがちです。なので、まとまった連休の読書時間は日常から程よく離れる脳と心の小旅行、つまり至福のひとときです。今年も事前に選りすぐった5冊(3作品)を用意していました。

しかし今年は1冊目に読んだ本があまりにも素晴らし過ぎました。
思考も感情も「そこ」から離れなくなり、結局3日間、私はその1冊を何度も何度も読み返して過ごしてしまいました。

それは昨年7月に42歳の若さで亡くなった一人の哲学者と、1歳年上の人類学者(共に女性)の往復書簡を書籍にまとめたものです。

感動した、とか、胸を打たれた、とか、そういった表現ではとても追いつかない「何か」が
今もまだ、私の心に突き刺さったままです。

人はこのように死ねる(生ききれる)のか。
私も精一杯、自分の生を生ききりたい。そんな新しい力が心の中に湧き上がりました。

私が得たこの力を、メンバーの皆さんとの関わりの中で、さまざまな形に変えていきながら活かせるように――。

2020年、決意も新たに頑張ってまいります。
本年もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

追:昨年末の「JOTゆく年くる年」プログラムの中で実施した≪2020年に向けた一言抱負≫アンケート、以下のような回答をメンバーの皆さんからいただきました。

  • 就職する!
  • 挑戦
  • 楽しむ
  • できるだけ笑顔で過ごす。仲良くする。
  • やせたい
  • 有言実行
  • 他を凌駕する
  • 心機一転
  • サバイバル
  • 何とかなる!

…「やせたい」だけは残念ながらあまりお力になれないかもしれませんが(笑)、そこは是非とも自力で頑張って下さい!応援しています☆

皆さんが挙げられた抱負が一つでも実現できるよう≪一緒に≫頑張っていきましょう!

 

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

~長く働き続けていただくために~

こんにちは。スタッフの清水です。

JOTではこの秋に一気に3名の方が就職されました
三者三様それぞれのご希望にマッチした、ご本人にとって満足のいく就職をサポートできたことを支援者として大変嬉しく思っております

ご本人の頑張りと努力に加え、企業様との相性や職場におけるご配慮のおかげで、幸いなことに皆さん順調なスタートを切っておられます
就職後支援external_redとして職場を訪問した際に、いきいきと、キビキビと立ち働いておられる姿を目にしますと「立派だなあ」と思わず息をのんでしまいます。
事業所ではお見せにならなかった(?!)凛とした表情で、一心不乱に業務に取り組んでおられる姿は眩しくて、感動で胸が熱くなります。

社会復帰を目指して1年以上の歳月を「伴走」してきた我々にとって、それぞれの企業で戦力として活躍しておられる卒業生の姿ほど誇らしいものはありません。私たちがこの「就労移行支援」という仕事に最も幸せとやり甲斐を感じる瞬間でもあります

もちろん長く働いていかれる中には、辛いこと、悔しいこと、悲しいことや思うようにいかないこと、色々あるかと思います。
そんな時は、いつでも古巣JOTにちょっと翼を休めにいらしてくださいね!

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

新企画予告!

こんにちはKazuです。今年も残暑が厳しく、このブログをお読みの皆様は体調を崩されていませんでしょうか。

さて、今回はそんな残暑を吹き飛ばせるような新企画の予告をしたいと思います。その名も、

「資格インタビュー」

です!

このブログをお読みの皆様もご存知かと思いますが、就労と資格は切っても切れないものです。ブログ内でメンバーには断片的に資格取得について語って頂いたことはあります。しかしながら、資格にスポットを当てて特集したことはありませんでした。
そこで、メンバーの皆さんがJOTサポート神戸に入所してから取り組んだ資格について、インタビュー形式で紹介したいと思います。

メンバーの方々がどのような思いと苦労を重ねたかを感じ取って頂けたら幸いです。

それでは、掲載をお楽しみに!

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

~「アサーティブ」が解決してくれること~

こんにちは☆
スタッフの清水です。
今日のブログはJOTの“今もっとも熱い”プログラム「アサーティブ・コミュニケーション・トレーニング」(Assertive Communication Training =略:ACT)について書かせていただきます。

アサーティブなコミュニケーションとは?
 ――――相手も自分も大切にしながら、適切に自分の考えや気持ちを伝えること
「誠実であること」「対等であること」「率直であること」「自己責任をもつこと」
 ――――アサーティブ・コミュニケーションの4つの柱

以上がACTの基本ではありますが・・・わかるような、わからないような?

もう少しわかりやすくお伝えしますと
ACT=自分の意見や気持ち、考えを《うまく》相手に伝えられるようになるためのトレーニングで、

さらに具体的にお伝えするならば・・・
自分の気持ち(意見・考え)をいつも人に言えなくてモヤモヤ・・・
そのモヤモヤが溜まりに溜まってドッカーンと爆発し・・・
相手を傷つけ、自分も傷ついてしまう
といった経験をお持ちの方には、きっと役立つプログラム、とも言えるでしょうか。

JOTでは開所当初からSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)external_redというコミュニケーション訓練を導入しております。(※SST=「こんな場面では、どうふるまえば良いか?」について、言語・非言語両方の観点から考え、ロールプレイを実施しながら習得していくトレーニング)

そのSSTに加えて、今回新たにACTを就労訓練に取り入れた意義は?
それは・・・表面的なコミュニケーション技術だけではなく、コミュニケーションに関する内面的な「心の処理」のところまで深く問題解決できる、ということ、です。

就職後の悩みの70%は対人問題である、との報告がなされています。
JOTでしっかりとアサーティブを身につけて、対人ストレスから身を守りながら長く働き続けてほしいと切に願います。
その切なる願いは月に1度のACTプログラムの冒頭で毎回必ず参加者の皆さんに“熱く”お伝えしています。だからこそ、ACT(アサーティブ・コミュニケーション・トレーニング)は、今もっともJOTで“熱い”プログラムなのです。

対人問題のストレスで心を病まないように、
ご自身で自分の心を守れるように
どうかメンバーの皆さん、アサーティブを身につけてくださいね!!

最後に!!!
今月のACTは9/20(木)です☆
メンバーの方以外の見学&体験参加もお受けしています!
関心のあられる方は、ぜひ、JOTまでご連絡ください(^^)/

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

ボランティア始めました。

こんにちは
2期生のTAKEです。
とても暑い日が続いていますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私たちは6月よりボランティア活動を始めました。
活動内容はJOTサポート神戸周辺のごみ拾いです。(関連リンク「JOTボランティア活動の報告external_black」)
とても小さなことではありますが、「少しでも周辺の美化に貢献できれば嬉しいなぁ~」と思いながら活動しています。
活動を始めて約1か月が経ちましたが、お陰様で無事に活動を継続することが出来ています。
この暑さの中なので、汗を拭きながらの活動ではありますが、楽しく有意義な時間を過ごすことが出来ているように思います

先日、活動中にメンバーの一人が道行く人から声を掛けられました。
「何を言われるのかな?」と思っていると、ごみ拾い活動をしていることへの労いの言葉と感謝の言葉をかけて頂きました
とても心温まる出来事でした。

これからも小さなことではありますが、少しづつ積み重ねていきたいと考えています

ボランティアの様子01

ボランティアの様子02

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

開所1周年のご挨拶

謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
おかげさまで 当事業所は、本年4月1日をもちまして 開所1周年を迎えることができました。
こうして 1周年を迎えることができましたのも メンバーの皆様をはじめ 関係機関の皆様のご支援とご協力の賜物と 心より感謝申し上げます。
これを機に スタッフ一同心を新たにして JOTサポート神戸に関わるすべての方が“いい方向”へと進んでいける。そんな場所を創っていくために、日々努力していく所存でございます。
今後とも 何卒倍旧のご支援ご愛顧を賜りますよう お願い申し上げます。

敬 白
平成30年4月1日
JOTサポート神戸
管理者 太 田 寛 之

ブログ担当になりました!

メンバー1期生のKazuです。

お久しぶりです。前回の更新から気付けば早半年が過ぎようとしています。この半年の間にも私自身、様々なことがありました。それは折を見て少しずつ書いていきたいと思います。

さて、まず初めに皆様にお伝えしたいことはわたくしKazuが、この度スタッフからの承認を得てブログの企画・運営担当になりました!

私がこのような大役を仰せつかった理由といたしまして、 私は幼少期よりスケジュール管理が不得手という面がありました。

そこで、ブログを企画・運営することで、
・締め切りの存在する複数の業務の同時並行
・他のメンバーへのブログの原稿依頼という業務の依頼
・他のメンバーの原稿の進捗状況管理
といった観点からこのスケジュール管理の能力を強化できるのではないかと考えました。

そしてスタッフに提案したところ、快諾して下さり、ブログを担当することとなりました。

まだまだ未熟な面は多々ありますが、このブログを読んで下さる方々の心に届くような記事を企画して参りたいと思います。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

はじめまして(*^^*)

皆さん、はじめまして!
JOTサポート神戸のスタッフとしてお仕事させていただいております、内田亜由美と申します。
これまで、様々な職種の仕事や人との関わりを通して学び得た、「人は人に支えられて生きていけるのだ」という想いを活かせる仕事がしたいと、この度、職業指導員として、関わらせていただくことになりました。
主にパソコン指導や作業訓練を担当させていただいております。
JOTでメンバーの皆さんにお会いし、この仕事に就かせていただくようになって、私の毎日はキラキラしています。
ありのままの私を受け入れてくださったメンバーの皆さんを、私もありのまま受け止め、一緒に笑い、一緒に悩み、一緒に前へ進もうと日々の訓練に励んでいます。
限られた時間の中で、メンバーの皆さんが、無事に就労でき、キラキラした毎日を過ごせるよう、そっと寄り添い、できる限りのサポートで、精一杯務めさせていただきます。
今後とも、JOTとメンバーの皆さんを温かく見守ってくださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

新任スタッフごあいさつ

みなさま、はじめまして!

JOTサポート神戸・就労支援員の豊田信一と申します。就労支援や復職支援の仕事に興味があり、ご縁があって今年4月よりこちらのスタッフとなりました。

なぜ、この分野に興味を持ったかといいますと、その背景には、過去に勤めていた職場での一人の同僚が関係しています。その同僚は、業務を上手に進められなかったことや、上司との対人関係が上手くいかないことが続いたことにより、本人としては仕事を続けたい意思はあったものの、会社に勧められる形で退職することとなりました。そのことを受けて、仕事を継続することが難しく感じる方への支援がしたいことや、職場復帰を希望する方のお役に立ちたいという思いを持ち始めました。それまでの私は、社会福祉の業界とは無縁だったため、業界を知るための勉強と資格取得のため、それを機に福祉系の専門学校に入学し、精神保健福祉士の資格を取得しました。専門学校卒業後は、救護施設の生活支援員としての勤務を経て、今に至ります。

私が思うJOTの魅力の一つは、PCスキルやビジネスマナーといった就労する上で必要なスキルだけでなく、アロマセラピーやメディカルヨガといったJOT独自の健康づくりプログラムで楽しみながら、心身の状態をコントロールする術をも身につけられることだと思います。なぜなら、仕事を続けていく上で大切なことは、心理的なストレスを溜めこむことなく、ココロとカラダの両方を自分らしく保つことだからです。私自身も、昨年夏頃にヨガマットを使ったトレーニングメソッドに出会ってから余暇の過ごし方の一つとして取り入れて以来、仕事による心理的ストレスの軽減にもつながったことから、独自の健康づくりプログラムの魅力への強い共感を覚えています。
(そのトレーニングメソッドのことについては長くなりますので、またいつかお話しします……

そして私がプログラムを進行するにあたり、大切にしていることがあります。それは、プログラムの提供者である自分も学び、楽しみながら、メンバーのみなさまも有意義に学んで、楽しんでほしいという思いです。
これらの事業所の魅力と私が大切にしている思いを活かして、メンバーのみなさまが就労に少しでも近づけるよう、貢献させていただきたいと思います。

こちらのブログにも、ちょくちょく現れるかもしれませんが、これからの更新も楽しみにしてもらえたら幸いです。何卒よろしくお願いいたします!

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com