はじめましてのごあいさつ

はじめまして。
2021年1月よりJOTサポート神戸で勤務させていただいておりますスタッフの室井です。
姉妹事業所の就労継続支援B型事業所JOTワークラボ神戸より転勤でやって参りました。
1月4日仕事始め。私にとってJOTサポート神戸での初めての日。メンバーの皆さんが暖かく迎えてくださり、寒さと緊張でカチコチになっていた私の不安や緊張がほぐれ、安心できる我が家に帰ってきたような気持ちになりました。

私は以前、福祉とは異なる分野、人を育てる「学校」という場所で長い間働いていました。たくさんの方々と入学前から卒業(卒業に至らないケースも)までの時間をともにするなかで「あたりまえに暮らすことの意味」について、ずっと考えていました。
また、長年、働いていた学校を飛び出しての福祉職デビューの場は、若年性認知症支援センター。65歳未満で認知症を発症された方、そのご家族、職場の方、支援者の方々と接するなかで「就労」、「暮らし」の問題に直面することが多く、ここでも「あたりまえの暮らしとは何か」、「働くこととは何か」、「人生とは何か」を考えることとなりました。
そして、コロナ禍でこれまでの生活があたりまえでなくなった今、また「あたりまえの暮らしとは何か」を考えています。まだ答えは見つかっていませんが、一人ひとりが「自らこうありたい」、「こう暮らしたい」と思い、そのように暮らすこと、自分らしく生きていくことが「あたりまえの暮らし」ではないでしょうか。
JOTサポート神戸のテーマである「あなたはあなたのままでいい」という言葉。枠に当てはめるような風潮のある現代社会でこのように生きることは簡単ではないかもしれません。ですが、私たちは自分の人生を生きています。JOTサポート神戸は、自分らしく生きていくことができるようになる、安心できる場所だと思います。そのような場所を作られているメンバーさん、そしてスタッフと同じ空間で過ごすことができることに喜びを感じています。

福祉職としての経験は浅く、資格を寝かせてしまっていた私ですが、皆さんから生きていくうえで大切なことを学ばせていただきたいと思います。私からもこれまで様々な出来事を乗り越えてきた経験からお伝えすることができればと思っています。
いろいろお話しましょう。一緒にこれからの人生をつくっていきましょう。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

2021年が始まりました!
社会状況的に大変な年明けですが、それだからこそ、真新しいこの1年の始まりには胸の高鳴りを覚えました。

皆様におかれましては、どうぞ良き一年となりますように。

JOTサポート神戸では1月4日に「仕事始めの会」を開催しました。
ちょうどこの日に新メンバーのご入所があり、自己紹介を兼ねて皆さんにお一人ずつ「JOTに入所を決めた理由」を披露していただいたのですが・・・
全メンバー(全メンバーです!)が揃って見学に来られた際の
①事業所の温かな雰囲気
②メンバー・スタッフの人の良さ
③事業所内の明るさ 、の3つを共通して挙げて下さいました。

これには胸を打たれました。
新年早々、喜びでいっぱいになりました。
と同時に、これからも、皆さんが挙げて下さった≪JOTの魅力≫を失くさないように大切にしていきたいと改めて使命感を強く感じました。

皆さんを就職におつなぎすること。
もちろん、これが就労移行支援事業所の第一目的です。
ただ、それだけではなく、これからも、
お一人お一人の心を大切にする事業所、
心に触れる事業所、
心を動かす事業所、
そして心を元気にする事業所でありたいと願います。

スタッフ一同、チーム一丸となって頑張って参ります!
本年もよろしくお願いいたします。

JOTサポート神戸
清水理香

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

仕事納めのご挨拶

今年も残すところ僅かとなりました。

昨年の今頃には、2020年がこのような一年になるとは誰も思ってもみなかったことでしょう。

目には見えない新型ウィルスによって日常が一変し、これまで体験したことのない恐怖と不安、さまざまな不便と制限が私たちの心身を疲弊させた一年でした。

当事業所においても2部制来所や在宅訓練の導入、お花見やXmas会などのイベント中止といった異例の対応を余儀なくされました。そして先の読めない緊迫した状況は今後も当分続きそうです。

けれども今・・・
不穏に満ちたこの1年をふりかえり一番に思い出されるのは、訓練生の方々の「笑顔」「笑顔」「笑顔」です。

在宅訓練が明けてようやく通所再開となった日に、事業所のドアを開けて入って来られたお一人お一人の笑顔。無事に再会できたことを互いに喜び合った笑顔。
今もはっきり覚えています。
それは、辛苦の時の中で見つけた、思いがけない大きな喜びでした。

重苦しいニュースが続く日々の中でも、JOTでは笑いが絶えることがありません。
疲弊していないはずはないのに、それでも他者を気遣う心を忘れない
人が人を元気にする力って本当にすごいですね。
毎日、訓練生の皆さんから、私も大きな力を頂いています。(ありがとうございます!)

さあ、大変だった2020年が暮れていきます。
一年間、本当にお疲れさまでした。
来る年に向けて「最善を期待し、最悪に備え」ましょう。
2021年は穏やかで明るい一年になりますようにと願いを込めて―――

皆さん、どうぞよいお年をお迎えください。

JOTサポート神戸
清水理香

後記:卒業生の皆さん・・・お元気でしょうか?それぞれきっと大変な一年だったことでしょう。
お一人お一人の顔を思い浮かべ「大丈夫かな」「無理なさってないかな」と遠くから案じる日々でした。
どうぞ心身を大切に・・・。これからも応援しています。

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

🎄サンタが今年もやってきた!?

みなさま、Merry Chirstmas!
スタッフの豊田です。

例年行われているクリスマス会ですが、今年は新型コロナウイルスの影響により、12月の予定表を配布した時点で、開催しないことが決定されていました。
クリスマス会がないことを受けて、落胆の声もちらほら……
しかし、クリスマスイブの日に、あるサプライズが!

いつもどおり朝礼をおこなっている最中、サンタ服をはじめとしたクリスマスの装いをした集団がお見えになりました!

実はこの方々は、今年10月にメンバー5名で発足したJOT新聞部のみなさん。
この日はJOT通信の記念すべき創刊号の発行日ということで、サンタさんからメンバーのみなさんへ、JOT通信がプレゼントされました🎁✨
(ちなみに、新聞部発足の経緯や目的は、編集長をはじめとする部員のみなさんからお伝えしていただこうと思います!)

新聞部のみなさん、この日のために会議や取材、編集から発行まで、本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございました!
おかげさまで、朝礼の間のわずかな時間でありながら、クリスマスの祝福ムードも味えるような温かいひとときにもなりました☆

❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

スポーツの秋

みなさん、こんにちは。スタッフの豊田です。
去る10月30日金曜日午後・・・

7月に行われた体育館で体を動かすイベントを、再び行いたい。

・祝日プログラムがない今年の10月は、代わりとなるようなイベントがしたい。

・姉妹事業所・JOTワークラボ神戸も参加し、事業所内外を問わない交流を図りたい。

スポーツの秋!

 

・・・という思いから、体育館を貸し切ってのJOT史上はじめての運動会イベントを開催しました!

運動会はJOTサポートのメンバーを半数ずつに分けた2チーム、ワークラボの1チームの計3チームの対抗戦で行われました。

ラジオ体操で体を動かした後は、「フリースロー」「PK合戦」「ホームラン競争」「卓球バレー」「卓球ラリー」「ラケットリレー」といった計6つ+αの様々なプログラムに挑戦!(ちなみに、+αの正体は、突然のジャンケン大会でした!)

フリースロー
PK合戦
ホームラン競争。プラスチックバットでカラーボールを叩き込め!
卓球バレーは、皆さん初挑戦!
卓球ラリー。何回続けられる?
ラケットリレー。ピンポン球を落とさないように気をつけて!

熱戦の末に優勝したチームは、JOTサポートのBチーム
続いての順位が、JOTワークラボJOTサポートのAチームとなりました!!

これらのプログラムの企画や準備は、スタッフだけで担当したものではありません。“体育委員”として立候補したお二方のメンバーさんも担当し、準備段階から積極的に意見を出してくださったり、運動会当日はテキパキと動いていただいたりし、(さらに競技にも参加していただき)大活躍されました!

そして運動会終了後は、体育館のレンタル時間を有効活用するため、引き続き残りたい方は残って、卓球やバスケ、バドミントンや野球などをして遊びました☆

サポート・清水 vs ラボ・太田による、因縁(?)の卓球対決!

今回のプログラムの反省点の一つとして挙げられるのが、運動会イベントが、時間通りに進まずに押してしまったことです。しかしながら、運動会の終了予定時刻を30分ほど延びたにも関わらず、皆さんが運動会の最後まで残って楽しんでいただけた様子が見られたのが良かったです。
なかには、次回の運動会があればリベンジを果たしたいという熱い想いを聞かせてくれた方もおられ、嬉しく思いました。

今後も、JOTワークラボを巻き込んでの、事業所間の交流の機会となるプログラムが開催できれば、と思います。

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

JOTフォトコンテスト2020を開催しました

みなさま、こんにちは!スタッフの豊田です。

今回は、去る7月23日・海の日に開催されたプログラム・JOTフォトコンテストについて、書いていきます。

まずJOTフォトコンテストとは、祝日の半日を使って行われるプログラムの一つです。目的は、自己表現の場として自身が撮影した(もしくは撮ってもらった)写真と共に、自身の言葉で想いを伝える表現力を磨くだけでなく、メンバーさんたちの相互交流、ココロとカラダをリフレッシュする時間といったものも大切にしている時間というふうにしています。

こちらのJOTフォトコンテストは、2年前のゴールデンウィークに第1回が開催されて以来、毎年GWに開催するようになりました。しかしながら、今回は緊急事態宣言の影響によりGW中の開催は延期に…それでも、全員一斉通所が再開された以降に、開催することができました。

ちなみに、今回のテーマは、元気をくれる1枚
ということで、元気といえば、この方!

 

 

 

とにかく暑苦しい就労スタッフの松岡就労氏。その手にはテニスではなく、バドミントンのラケットを持っている。

私、豊田が苦し就労スタッフ・松岡就労(シュウロウ)氏に扮して、司会進行を担当。投稿したメンバー・スタッフの方々による写真の元気ポイント思い入れも話していただきながら、頂いた写真を1枚ずつ紹介し、楽しい時間を共有しました!
全作品が発表された後には、投票が行われ、多くの票数を獲得した作品の入賞者への表彰が行われました。最後に、入選作品のご紹介をさせていただきます。
(※掲載許可を頂いた写真のみ掲載しています)

~入賞作品~

タイトル『小さな幸せ』

タイトル『たまには自然の流れに身をまかせて』

————————————

次回のJOTフォトコンテストのテーマは未定ですが、次回もまた、観たことのない、たくさんの景色に出会えることを楽しみにしています!

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

在宅訓練がスタートしました

こんにちは。
管理スタッフの清水です☆

今日は4月29日、祝日です。
外は快晴、陽射しは温か、心地よい春風が吹いています。
JOTメンバーの皆さんはいかがお過ごしでしょうか。(今は午前11時、在宅訓練の真っ最中ですね^-^*)

本来なら今日はJOT外出プログラムで、“神戸布引ハーブ園”に皆で出掛けるはずでした。
3月中旬頃、スタッフmtgでこの予定を立てた当時の私はまだ「屋外なら大丈夫でしょう」といった楽観的な予測をしていたわけですね。しかし、そんな予測など吹き飛ばす勢いで、その後一気に新型コロナウィルスの感染は拡大し、緊急事態宣言、外出自粛、3密禁止、休業要請、人との接触8割削減・・・と社会状況が急激に変化していきました。(ちなみに布引ハーブ園も5/31まで休園とのことです)

当初は「福祉サービス事業所は利用者の方のために休業せず続行」ということを市から求められていましたが、厚生労働省から「就労移行制度における在宅訓練を認める」という驚きの(!)事務連絡が届いたのは4月半ばのこと。

事態の深刻さに身の引き締まる想いで、早速JOTでも「人命第一」の事業所方針を確立し、それに基づき対応策を次々に打ち立てていきました。
宣言前からのものも加えるとざっと以下の通り・・・
・昼食時は個別、1時間に1回の換気と手指の消毒の徹底
・着席は2メートル間隔
・ヨガ、金融講座など外部講師を招くプログラムは全て中止
・人の密度を減らすために午前・午後の半日2シフト制を導入
・通所することへの不安が強いメンバーさんには早い段階から通所を控えて頂く
・そして最終的には「全員在宅訓練」(スタッフも在宅業務)に

・・・いずれも事業所として初めての試行ばかりでした。

急な変更に対する不安やストレスの強い方、臨機応変が苦手な方は毎日とてもしんどかったことでしょう。
決まっていた介護業界への就職が延期になっているメンバーもおられます。(なのに「自分が凹んだら皆に悪影響だから」と毎日事業所を盛り上げてくれて(涙)尊敬の一語に尽きます)
始まったばかりの企業実習が中断になった方。
故郷で心を整えて、「さあ!これから!」とようやくJOTに復帰して下さった方。
4月1日にご入所されたばかりの方。
お一人お一人の心情を思うと、本当に申し訳なく、気の毒で仕方ありません。
にもかかわらず、メンバーの皆さんは常に冷静に、そして協力的にご対応くださいましたね。
プログラムの変更や、さまざまな対策を粛々と受け入れて下さいました。
素晴らしいメンバーの皆さんに恵まれて、JOTは本当に幸運な事業所です。
改めて心から感謝申し上げます。
全訓練生の皆さん、ありがとうございました。

また、この場をお借りしてスタッフにも感謝を伝えたいです。
目まぐるしく変わる状況の中、在宅訓練を可能な限り有意義なものにしたいという私の“欲張り“に、多くのアイデアと知識を与えてくださいました。
「PC訓練」をベースに、「自分自身と向き合う時間」を作りたい、更には閉塞感や孤独感から解放されるような「和みの時間」「身体を動かす時間」も欲しい、というリクエストに完璧に応えてくれました。
脱帽です。
有能で、ハートが温かくて、面白くて、それぞれ個性豊かで、最強のスタッフです。
チームとして皆さんと一緒に働けることを誇りに思います。
ありがとうございました。
(毎朝、クスっと笑えるオリジナル動画が届く事業所なんて・・・まず他にないでしょう!)

本格的な全員在宅訓練が始まって今日で3日目。
緊急事態宣言の解除まで、まだ当分は在宅の日々が続きそうです。

当たり前のように思っていた日常が遠く感じられるかもしれませんが、
その“当たり前”を1日でも早く取り戻すために、もうしばらく一緒に頑張りましょう!

 

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

🏃お昼下がりはウキウキWALKING

みなさん、こんにちは!(こんにちは!)
スタッフの豊田です。

JOTサポート神戸では、週初めである月曜午前は、
健康づくりプログラムとして、ヨガやバレティスが行われています。

しかしながら、現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から
屋内で15名を超えるメンバーのみなさんが所狭しとマットを広げて受講するこれらのプログラムは、しばらくの間、自粛している状況です。

このような健康づくりプログラムを開催できない状況のなか、
代替プログラムとして行ったのが、ウォーキングです。

今週のウォーキングは、午前は雨天のため予定を変更し、
お昼休みの後にメリケンパークのBE KOBEを目指して出発!

この日は強風が吹き荒れながらも、雨上がりの心地よい青空が広がっていました。
JOTサポート神戸から40分くらいかけて歩き、無事到着です!

BE KOBEのモニュメントで記念撮影。もちろん、文字の上に登らないようにマナーを守っております!

ちなみに、このウォーキングのプログラムは、メンバーさんにも好評だったようです!
新型コロナウイルスが収束に向かうまでの当面の間は、月曜日の健康づくりプログラムにウォーキングを取り入れることを検討しているので、体を動かす楽しさを忘れない有意義なプログラムとなるようにしていきましょう!

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

🎳ボウリング大会

みなさんこんにちは!スタッフの豊田です。

先日2/11の建国記念の日は、外出プログラムで、ボウリング大会~トヨタカップ~を開催し、メンバー13名・スタッフ3名で参加しました。

今回のボウリング大会は、スタッフ豊田より、特別に商品もご用意させていただいたところ、ボウリング大会に向けて、訓練終了後に練習に意気込むメンバーさんたちもいらっしゃいました(^^;

ちなみに、気になる大会の結果ですが……

1位のメンバーさんは2ゲーム合計で305点を記録し、優勝!
練習の成果も出たのでしょうか。2位と67点の差をつけて、圧倒的な強さを見せ、副賞として、温浴施設の入館券を獲得されました♨
(※ちなみにパーフェクト賞として、ギフトカード10万円分というのも用意しておりましたが、達成者はいらっしゃらず、一安心(?)でした😅)

最後になりましたが、外出プログラムの目的は、メンバー間・スタッフ間の親睦を深める訓練や、普段は見ることができないメンバーの新たな一面を見れるかも!?といった発見への期待などがあります。

今後の外出プログラムも、上記のことを大切にしながら、メンバーのみなさんに楽しんでいただきたいと思います。また、外出プログラムを含む祝日プログラムで、「こんなことをしてみたい」というメンバーさんからの企画を持ち込んでいただくのも大歓迎です♪

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
管理者の清水です。

これをお読みくださっている皆さんはお正月休みをどのように過ごされたでしょうか?

私は、年末年始の家事雑事を何とか一区切りつけて、元日10時頃から自分の部屋にこもり、用意しておいた新しい本の1ページ目をめくる瞬間を、毎年何よりの楽しみとしています。
日々の読書は支援に役立つ知識や情報を得られるものが中心となりがちです。なので、まとまった連休の読書時間は日常から程よく離れる脳と心の小旅行、つまり至福のひとときです。今年も事前に選りすぐった5冊(3作品)を用意していました。

しかし今年は1冊目に読んだ本があまりにも素晴らし過ぎました。
思考も感情も「そこ」から離れなくなり、結局3日間、私はその1冊を何度も何度も読み返して過ごしてしまいました。

それは昨年7月に42歳の若さで亡くなった一人の哲学者と、1歳年上の人類学者(共に女性)の往復書簡を書籍にまとめたものです。

感動した、とか、胸を打たれた、とか、そういった表現ではとても追いつかない「何か」が
今もまだ、私の心に突き刺さったままです。

人はこのように死ねる(生ききれる)のか。
私も精一杯、自分の生を生ききりたい。そんな新しい力が心の中に湧き上がりました。

私が得たこの力を、メンバーの皆さんとの関わりの中で、さまざまな形に変えていきながら活かせるように――。

2020年、決意も新たに頑張ってまいります。
本年もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

追:昨年末の「JOTゆく年くる年」プログラムの中で実施した≪2020年に向けた一言抱負≫アンケート、以下のような回答をメンバーの皆さんからいただきました。

  • 就職する!
  • 挑戦
  • 楽しむ
  • できるだけ笑顔で過ごす。仲良くする。
  • やせたい
  • 有言実行
  • 他を凌駕する
  • 心機一転
  • サバイバル
  • 何とかなる!

…「やせたい」だけは残念ながらあまりお力になれないかもしれませんが(笑)、そこは是非とも自力で頑張って下さい!応援しています☆

皆さんが挙げられた抱負が一つでも実現できるよう≪一緒に≫頑張っていきましょう!

 

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com