ヨガ理論と瞑想

第2回目の投稿ですね、こんにちは、メンバーのザクロです。今回のテーマは「ヨガ理論」についてです。このヨガ理論についての投稿は、JOTが始まって以来、私が初めてなので、上手く書けているか心配です。

さて、本題に入る前に、私のヨガ理論に対する感想を申し上げますと、「あまり共感できない」と普段から感じています。おいおい!こいつ、記念すべきヨガ理論についての初投稿なのに何を言ってやがる・・・とお思いでしょう。もし、私がこの投稿を拝見する側ならば、このような入り方の記事を見ると同じように思うことでしょう。それにも拘わらずこのような感想から入らせていただきました。というのも、私自身、普段から緊張を感じないくらい鈍感・マイペース(良く言うと天然?)な性格の持ち主で、よく、大勢の前で発表する際などの一大事に、「緊張する」「早く終わってほしい」との声を聞くのですが、正直あまりその感覚を理解することができません。ですので、私なりの考えを述べたいと思います。

という長い前書きを経て、ようやく本題です。JOTでは1週間に1度ヨガのプログラムがあって、そのヨガに関する理論があることについて、入所して初めて知りました。ヨガ理論と聞いてなんだか難しそう。でも講義を受けているうちに理解していくだろう、と思っていたのですが、その考えは甘く、入所して半年たった今現在でもあまり理解できていません(理解できていないというのは、中村先生が言っていることの意味が理解できないのではなく、感覚が理解できないという意味です)。

しかし、その中でも一部理解できるものがあります。それは「瞑想」(ヨガでは「ディヤーナ」)です。私は普段、物事が自分の計画通りに進まない時、程度は時によって様々ですが、焦りを感じます。その際、物事に取り組んでいても心が乱れているため(今回の場合は焦り)、冷静な判断ができず想定通りに事が進まずイライラしてしまいます。そのような経験を幾度となく経験していくうちに、自分なりの「瞑想」の方法を確立しました。私なりの「瞑想」というのは、焦りや不安などのマイナスの感情に流されそうになったら、まず目をつむり、目の前が真っ暗になります。そして、心が穏やかになると真っ暗な目の前が水面と化し、その水面に1粒の水滴が落ちるのが感じられます。その一連の流れを私は「瞑想」と呼んでいます。

ヨガにおいての瞑想「ディヤーナ」と私の瞑想とは全く異なるものですが、これからもヨガ理論の講義を受講する中で、少しずつでも理解できるように努力したいです。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

中村先生・塚本先生のヨガを受講して

こんにちは。メンバー3期生のユウリと申します。

私がこのJOTに入所した当初、「日頃から運動していないような私にヨガなんて出来るのだろうか」とか「皆出来ているのに、私だけついていけなかったらどうしよう」など色々不安に思っていた部分が多かったのですが、いざ受けてみると想像していたような激しい動きなどまったく無く、むしろゆっくりとした動きでリラックスした感覚で気持ちよく行うものだと知りました

初めは、身体があまり柔らかくなくて、すごく固かったのですが、1週間に1回行っているうちに、だんだん身体が柔らかくなっているのが実感でき、あまり痛みなど気にならなくなっていました。それは、中村先生や塚本先生の分かりやすく優しい指導のおかげであり、やはり中村先生の「ヨガ理論」についての哲学的な学習を受けて、その理論を理解した上で行っていたから、日頃の身体の感覚や自分の心の観察力などは、すごく日常の生活で重要な意味を持っていると改めて感じられた事が大きいと思います。そして、「ついていけなかったらどうしよう」という不安も少しずつ消えていき、ほとんどその心配も杞憂だったようで、今では、ヨガの受講を楽しみにして行えるようになりました

お恥ずかしい話で、私はJOTに来るまでは、ヨガは身体を柔らかくするための激しい運動のイメージが強く、心身のリラックスの為のものというイメージがまったくありませんでした。またヨガの知識もゼロであり、関心を示す事がなかった人間でした。これまでも溜まっていたストレスも和らげるように工夫はしてきたのですが、このような方法で日頃のストレスを軽減する事も出来るのだと、初めて関心を抱きました。

まだまだ日頃の生活で、余計なネガティブな事を考えてしまう事も多いのですが、その時は自宅で瞑想しながら、出来るだけ前向きな事を考えるように努めています。嫌な事があっても少しでも心の観察が出来る時間があれば、今までの苦しい事が自分でも驚くほど楽な気持ちで過ごす事が出来るようになったのです。このような自分の個人的な変化に気付いた時、自信が無くて言いたい事があっても、心の中に飲み込んで、ずっと我慢してきた心の不満が自然と晴れていたような気がします。それは、目に見えての変化ではありませんが、多少相手に自分の意見を主張出来るようになるなど、少しずつ言葉にして伝えられるようになったと感じています。

どうやら、私には自分では無意識だと思いますが、客観的に見て他人に対して配慮が足りていないと思われる部分があるという事なので、そこを直しながら心のバランスをコントロール出来たら良いなと思います

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

私とヨガ

メンバー2期生のなつです。

今回のテーマはJOTのプログラムの一つでもあるヨガの時間external_redが私にとってどういったものなのかや、受けてみての感想について書いていきたいと思います。

私がJOTに入所することを決めたのもヨガというプログラムがあるということが1つのポイントでした。ヨガは以前から趣味として行っていました。JOT に通う前に、通院していた病院のデイケアサービスで週一回のヨガを少しやっていました。ヨガを行うと心も身体もリフレッシュできるような感じがあったので、楽しく続けることができました。今のヨガの時間も私にとって心身ともにリラックスできる、なくてはならない大事な時間です。また、ヨガの先生の講座などもあるので、本格的なヨガも学べて、とてもリラックスできます。ヨガを受けてみて「ヒィヒィ」笑いながらとても楽しい雰囲気です。JOTのヨガを受けれて本当に楽しいし、リラックスできるので、私にとってはかけがえのない時間です

家の中でもJOTのヨガで学んだことを取り組んで行っています。不安な時などに行うと効果があったりします。JOTで学んだヨガはと確実に私の生活の質を高めてくれています

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

未知なるヨガ体験!?

1期生のかなです。JOTでは、毎週月曜日にヨガプログラムがあります。先日は、PRANAVA YOGA塚本先生が来てくださいました。最初は緊張していたメンバーさん達ですが、レッスンが始まるとあまりの気持ちよさに眠りに落ちる人がチラホラ
塚本先生の教えてくださるのは伝統的なヨガで、テレビで見るような派手なアーサナ(ポーズ)も大きな動きもありません。ゆったりと呼吸し、ひとつひとつのアーサナをじっくりと味わい、脱力したときの体の変化を感じていきます。ヨガって、こんなにも丁寧に自分の体と向き合うんだ…と、感動的でした。

ところで、塚本先生によると、心にしんどさを抱える人はお腹が固いそうです。横隔膜の動きが悪く肋間筋が固くて、呼吸してもお腹が上下しないとか。今回は初対面でみんなも緊張していたので、何度か回数を重ねればお腹も心も柔らかくなっていくのでしょう。

「こんなヨガもあるんですね」「とってもリラックスできました。また来てほしいです!」と大好評だったヨガ、次回は9月17日です。またぜひ塚本先生のヨガを味わいたいと思っています

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

朝のチェアヨガ

メンバー1期生のかなです。
季節は梅雨。前回書かせていただいた梅雨と発達障害という記事の中で、自律神経の不調がこの時期の体調不良の大きな原因だと述べました。JOTサポート神戸では、この自律神経を整えてくれるヨガやアロマセラピーexternal_redを取り入れ、心身のメンテナンスを行っています

JOTの朝は、朝礼の後のチェアヨガから始まります。プロジェクターで映し出される映像にいざなわれながら、肩甲骨周りを中心にゆっくりと丁寧にほぐしていきます。時間はたったの5分間ですが、これだけで肩回りがすっきりし、リフレッシュした気分で一日の訓練に臨むことができるのです

では、チェアヨガとはどんなものなのでしょう?
チェアヨガは、その名の通りチェア=椅子に座ったままできるヨガなのです。いつでもどこでも椅子さえあればリフレッシュ体験できるお手軽なヨガ。体力や筋力がなくても、体が硬くてもご高齢の方でも負担なく行えますし、動きもシンプルなので初心者でも大丈夫。
そして、頭を空っぽにしてインストラクターの声に導かれる感覚がとても心地いいです。気持ちよ~く体をほぐし、心もリラックス♪

ご見学や利用体験をお考えの方は、ぜひ朝のチェアヨガに参加されてはいかがでしょうか?

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

ヨガはココロとカラダに効果抜群♪

メンバー1期生のかなです。

神戸に就労移行支援事業所はたくさんありますが、ヨガをカリキュラムとして本格的に取り入れたのはこの事業所が初めてではないでしょうか?JOTの大きな特徴であるヨガのレッスンは、初心者にも優しい内容で、とてもリラックスできます。

いろんなポーズをとりながら“あ、今ここが伸びて気持ちいい”“痛い!ここ、疲れてる?”とカラダと会話しているうちに凝り固まったカラダがほぐれ、ココロの中の余計なものがそぎ落とされていくような気がします。カラダに意識を向けることで、行き場のない考えたちをしばらく忘れることができるのです。レッスンが終わるころにはココロもカラダもゆるゆるに。
いろんな障害を持つ私たちは、いつも不安だったり落ち込んだり傷ついたり、精神的にとても不安定。そして、出口の見えない問題をぐるぐる考えてしまいます
そんなとき、ココロで感じる時間を持つことは、疲れ切った頭を休ませる効果があるのです。

また、いつも緊張でガチガチのカラダも筋肉が緩んでいくのを実感することができ、回を重ねるごとに柔らかくなってきました。すると、またガチガチに固まっても自分で体を緩めることができるようになってくるのです。

“しなやかなカラダとココロ”を目指して、これからもレッスンを楽しんでいきたいと思います。

ヨガ☆プログラム始動!

メンバーの方々が心待ちにして下さっていた、≪ヨガ≫プログラムが始まりました!

第1回目は、特別プログラムとして

≪心と体の自然治癒力を高める≫サロン『フルージュ』天井紀代美先生を特別講師としてお招きしました!

天井先生は看護師として30年間、医療の第一線で“命”に向き合って来られました。現在はその経験を活かし、心身に困難を抱える方々のためのサロン『フルージュ』(神戸市中央区下山手通)を主催されています。また≪ヨガは心と体の最高の健康法である≫ということを医学的な視点からとらえた講演活動でも著名で、全国を飛びまわっておられる超多忙な方。

当日、お迎えする私たちスタッフ、メンバーともに、わくわくドキドキヽ(^。^)ノ

参加者のほとんどがヨガ初心者で、ドキドキとともにちょっぴり不安でしたが・・・・・・・・・やわらかで、包み込むような天井先生の声に導かれ、至福の1時間を過ごすことができました☆

ヨガって・・・・こんなにもリラックスできるんだなぁ・・・・心も体も芯からほぐれる感じ。・・・・・・・感動。

ヨガ終了後も先生は参加者たちの『声』 (日中に緊張が激しいため肩こり首こりがひどい。眠れない。・・・など)に一つ一つお答えくださり、皆、またまた感動。

天井先生、この場をお借りしまして「本当にありがとうございました!!」

JOTサポート神戸は、≪セルフメディケーション=自分の心身を自分で整える≫を目的として、就労支援プログラムにヨガを取り入れています!(週1回)

関心のあられる方は、ぜひ1度、体験プログラムでご参加ください!(^^)!
三宮駅から徒歩すぐです☆お気軽にどうぞ。

神戸で新たな就労移行支援を創っていく・・・JOTサポート神戸です★