はじめまして

はじめまして。3月に入所したモカと申します。
今回は簡単な自己紹介と、JOTに入所を決めた理由について書きたいと思います。

私はとても神経質で大人しい子供で、他にも変わったところが色々とあったものの、目立ったトラブルは特にありませんでした。友達にも恵まれ、ごく普通に学生時代を過ごしました。
しかし就職してからは人間関係をうまく築くことができず、社会人8年目でうつ病を発症。
治療をしながら再就職しましたが、疲れやすい体質のため、フルタイムの仕事には戻れませんでした。週4日勤務などの時短勤務でもくたくたに疲れてしまい、休日は夕方まで寝る、という生活を10年以上も続けていました。

そんな時、大人の女性の発達障害という内容のネットの記事が目に入り、読んでみると、私の状態は驚くほど記事の内容に当てはまりました。
そこで初めて自分は発達障害ではないか?と疑いを持ち、いわゆる「大人の発達障害」を診察してくれる病院で検査を受けた結果、40代半ばで自閉症スペクトラム症と診断されました。

就労移行支援を利用したいと主治医に相談した時に、紹介して頂いた事業所の一つがJOTでした。初めて見学に訪れた時、明るくて清潔で、居心地がよさそうな場所だ、と直感的に思ったことを覚えています。
最終的にJOTを選んだ決め手は、正直に言うと、30代、40代の方が何名も在籍されていることでした。
他の事業所も見学や体験をさせていただきましたが、「ここは大学かな?」と錯覚するくらい20代の若い方々ばかりで、もしそちらを選んでいたら、浮いてしまい居づらくなっていたと思います。
一方JOTは、20代~40代の幅広い年齢層で、様々な経歴の方がいらっしゃると聞き、ここなら私の居場所もあるかもしれない、と思えたのでした。
また、メンバーがそれぞれ自分で決めた課題に取り組むプログラム(主体性プログラム)や、体と心のケアができそうなヨガやアロマセラピーの時間があるのも、とても魅力的でした。

入所当時は、早く社会復帰しないと!という焦りの気持ちがありました。
しかし、私は障害を自覚してからまだ日が浅いこともあり、自分の特性について自分でもよく理解していないところがあります。
まずは自分とゆっくり向き合い、自分の特性をきちんと理解するのが、当面の目標です。
焦らず、日々のプログラムに取り組んでいきたいと思っています。

(40代・女性)

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

☆JOTに入所に至るまで☆

初めましてJOT訓練生のひーちゃんです。

今年1月からの新人です。ここに来るまで、私は、対人恐怖症や、聴覚過敏症混合性不安障害等の障害があり、家から一歩も外に出ず、カーテンも開けられないほどに引きこもっていました。そんな時、若者しごと俱楽部という就職カウンセリングがあるという事を新聞広告で知り、何回か、外に出るきっかけとして、そのカウンセリングに予約をして、行くことにしました。

最初から優しく話を聴いて下さったのがとても嬉しく、私は号泣してました。
そこで、このJOTサポート神戸を紹介して頂き、ほかにもいくつかの事業所を紹介されたのですが、ここはとても広くて、優しいスタッフさんや、メンバーさんからJOTのイメージカラーでもある黄色いお花訓練生の方から頂いたのがとても印象的でした。

そして、家に引きこもっているよりも体験して、生活習慣を整えるためにも体験に行くことを決めました。アロマセラピー ドラマセラピーといった体験を重ね、今年1月に入所となりました。

最初面接したときや、自己紹介で前に出て話すと毎回のように泣いてしまう事も多かったのですが、体験を重ねるうちにだんだんと慣れて、生活習慣も整い、体調もとてもよくなりました。親からも、顔色が良くなったと言われるほどになりました。人とのコミュニケーションの取り方も、丁寧に教えてもらえるので、本当にとても勉強になります。

JOTサポート神戸で私が取り組んでいる事

私は、他のメンバーの方のように、就職したい気持ちはあるものの、まだ、具体的に、何がしたいのか、何が出来るのか判らない状態ですので、今は、今後の就職の為になんとか役に立つであろうWordやExcelの練習をしています。また、なにが出来るのか、しっかりと自己分析をして、自分に合う仕事を見つけて、働くことが目標です。

JOTサポート神戸に来られて、素敵なスタッフと訓練生の皆様に出会えてよかったです。これからも就職に向けて頑張って行きたいと思います。

(女性)

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

入所一年を振り返って

お久しぶりです。JOTサポート神戸訓練生のウササンです。

今回のブログでは、入所してからの一年を振り返ってみたいと思います。最近入られた方から「先輩」「一年以上おられる方」等と言われると、穴があったら入りたいくらいに「この一年間何もしていない」という思いが強いのですが、実際は色々と変化があったようです。

・日常生活
当初の通所の目的の一つは「生活習慣の改善」でした。JOTに来るまでは布団に縛りつけられたようにぼーっと午後まで寝てしまうことが多かったのですが、薬を変えたり、通所の時間を調整したりすることで最近は毎日通所できるようになりました。ただ、一年経ったにも関わらず布団との癒着は完全に解決できていないので、今後の課題となります。

また、お昼の時間にメンバーさんと談笑しながら食事をとることや、グループワーク、ドラマセラピーといったグループでのプログラムに楽しく参加することも当初の自分ではありえないような変化です。心に余裕ができてきたのか、そういったことに積極的に参加できたり、新しいメンバーさんともお話ができたりするようになってきました。

・自己理解
入所して一年経ったメンバーは、実習やこれからの就職活動のための「自分取扱説明書」を書くことを勧められるのですが、そちらも早めに完成させることができました。随時手直しをしていきたいと思います。

最近では、インフォメーションというプログラムの時間に「疾病理解」ということで、自分のうつ病についてプレゼンテーションを行い、メンバーさんに幅広い疾患について理解してもらうために分かりやすく説明できるよう努めました。

また、主体性プログラムの時間を使って、これまでの経験やその意味について消化するためにエッセイ漫画を実験的に描いてみました。2巻分発行することができましたが、未だ自己受容に至るには難しいような気がして、道半ばという感じです。

このように、一年間で出来るようになったことは色々とありますが、最近は厳しい寒さもあって、鬱の力に負けそうになることが多くあります。険しい道のりのように思えますが、就職に向けて今後も進んでいきたいと思います。

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

「JOTサポート神戸」に入所して1年経過しました。

お久しぶりです。メンバーのユウリと申します。入所して一年経ちました。

私がこの事業所に縁があったのは、最初のブログに書いていた事ですが、最初両親がずっと引きこもっていた私を心配して相談センターの「スイセイ」という場所に行っており、そこでこの事業所を紹介されたのがきっかけでした。初めてここに来た時は、緊張してあまり笑う事も話す事もほとんどなく、メンバーの人たちに、どうコミュニケーションを取ったら良いか分からないと戸惑わせていました。しかし、ここに来る度にだんだん言葉が出るようになってきて、みんなの前に出て話しても少しずつ抵抗がなくなってきて、声も大きくなってきたとスタッフの方からも褒められるようになってきました。また笑顔が増えた事もあり、皆から「すごく魅力的になった」と言ってもらえるようにもなりました。

今までは、失敗した後や注意された時など、ストレスの発散方法が分からずに、自分の事を責める事しかしてこなかったため、自分の事が本当に大嫌いでしたが、ここに通うようになり、自己分析で自分自身を知っていくに連れて、だんだん「私って、何も出来ないダメ人間じゃなかったんだな」と自分の事を少しずつ見直すようになっていきました。

今私は、入所して一年経ち、新しい入所者さんが増えてきているのですが、初対面の人に対しても声は小さいかも知れませんが、ちゃんとコミュニケーションを取れて、楽しく過ごせているように感じています(スタッフさんからもちゃんと話せるようになったと言われました)。また、主体性プログラムや自己理解でも、自分のペースで物事を行わせて頂き、時々指摘を受ける事もありますが、その度に以前よりも自分を責める行為はかなり減りました。これもスタッフさんの適切な支援や障害特性を理解した上でのご助力であると感謝しています。これから私は実習のために「自分トリセツ(自分の取扱説明書)」を作成していきます。まだまだ拙い言葉ではありますが、人前で話す事の訓練を行い、慣れていく所存です。 以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました。

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

入所から1年以上が経ちました

お久しぶりです メフィストです。
私も早いものでJOTサポート神戸に入所してから1年以上が経ちました。今回は1年前と比べて学んだことこれからどういった事を目指していきたいかということの2つについてお話ししていこうと思います。

学んだことは「コミュニケーションスキル」です。

JOTに入所する前の私は、ほとんど他人とコミュニケーションを取ることがなく、昼食も他の人とは違うところで済ませるといったほど1人が好きだったのですが、この1年以上で、積極的にメンバーやスタッフへのあいさつ、昼食を取る時にメンバーの方たちと一緒に食べるといった、自分から積極的に人の輪に入っていく、休憩時間の雑談の時にリアクションをとるといった事が増えました。これからも意識して取り組んでいこうと思います。

これから自分がとういったことを目指していきたいかという話に変わりますが、具体的にはまだ決まっていないので、実習で様々な経験を増やして自分に合った仕事に就ければいいなと思っています。そのためにも体調を崩さずに事業所に毎日通うということをこれからもがんばっていきたいと思います。ありがとうございました。

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

 

初めましてのブログ

はじめまして。私の名前はレオです。

私の疾患は発達障害(ASD(自閉症スペクトラム)ADHD(注意欠如・多動症)LD(学習障害)吃音症を持っています。
LDではWAIS-Ⅲ検査(ウェクスラー式知能検査)の結果IQは平均以下の結果が出てしまいました。症状は、口頭のみでの指示では理解力が乏しい、本を読むことが苦手で頭の中で文章を理解するまでに時間がかかる、難しい言葉の意味が理解不足、算数は暗算が出来ない。
吃音症ではLDの症状に伴った言葉の発達の遅れ、頭の中では言いたいことがスラスラと言えるのにいざ喋ると言葉が出てこない、言葉に詰まる、どもる、たどたどしい喋り方になる、などがあります。
こういった疾患を自覚し始めたのは幼稚園の頃からでした。それ以降、皆と合わせること・話すことに、大変に神経を使って生活している状態です。

そのような疾患を持っている私にJOTのスタッフさんはとても親身に話を聞いて下さいました。
またその他に、JOTサポート神戸への入所を決めた理由には3つあります。

その1:スタッフさんの装いと風格
こちらに来所する前に他の就労移行支援を幾つかめぐってみてJOTのスタッフさんの装いと風格が一番にきちんとしていた事です。
私自身が今後就職するのにあたって求められるであろう社会人としてふさわしい身だしなみや資質を身につけなければならないこと。

その2:実績
初めて訪れた際の説明会では数多くの就職者を輩出しているという実績をお聞きしたこと。

その3:就職したい
私自身がまだ就職を諦めきれないことです。

最後に、JOTでは自分の疾患をマイナスから、いかにしてプラスにすることを考え実行すること。そして就職するまでに社会人としてふさわしい身だしなみや職場で求められる資質などを自己啓発していきたいです。

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

はじめまして

 昨年9月中旬に入所しました、ニックネーム寝子(ねこ)と申します。
診断名は広汎性発達障害、36歳男性です。
今回貴重なスペースをお借りして、入所に関して生じた想いを書いていきたいと思います。よろしければお付き合いください。

私は半年間とても迷っていました
入所に至るまでの長い道のりを越えていくことと、苦手なことに挑戦し続けるということに、自信など皆無だったからです。

9月以前は、三重県の山の中で猫とともに10年ほど一人暮らしをしていました。
JOTへ入所をするには、引っ越し・家探し・片付け・修繕費用や入居費用等お金の問題等々、また当時は左手首肘の骨折もしていたので整形外科に通院もしており、現実的な課題が山積していました。JOTに入った後の集団活動や人間関係構築に対すること、昔から苦手意識のあった神戸市三ノ宮という立地も漠然とした不安感を募らせていました。

私はニックネームの通り、猫が好きですが他の動物も、そして何よりも自然が大好きです。猫と山を散歩することや、田んぼを眺めること、あぜ道で昼寝をするのが好きでした。人の居ない静かな環境とゆっくりとした時間の流れがとても氣に入っていました。家の環境に対する愛着もありました。

ただ、仕事に関しては常に悩みの種でした。様々な業種を経験しましたが何れも長続きせず、人間関係を良好に築くことがなかなかできなかったのです。また、仕事のストレスによって体調がおかしくなったり、氣分が落ちて塞ぎ込んだり、不眠に陥ることも多々ありました。

JOTでは就職を前提として、コミュニケーションスキルや資格の取得に繋がる場所なので魅力的に感じていました。今まで縁のなかったパソコンについて学べることも心惹かれました。当初は電話でしか会話をしたことがないJOT管理者の清水さんが、とても親身に様々なことに働きかけて下さり、JOTに対する印象が非常に良かったのを覚えています。

私は今JOTにいます。それは親の支援が不可欠でした。また役所の人や生活支援員、清水さん及び支援員の方々の支援の上に成り立っています。
ただ支援を受けて流されるまま入所に至った訳ではなく、そこにはもちろん自分の決断もあります。一歩踏み出すことはとても怖いです。環境が変われば様々なストレスも容易に予見できます。でも、希死念慮の海の中でもがき続けた十数年間、至った思いは「生きたい」でした。更に「より良く生きる」為に2年間苦手なことも少しずつ頑張ろうと決意しました。

文法的に合っているのかは分かりませんが、JOTとは「JOY OF TRANING」の略だと勝手に思っています(実際は違います)。ここは成功体験を積み重ねられる貴重な場ですここに来てから、全くできなかったパソコンで少しずつWord・Excel・プログラミング言語の習得が出来ましたこれは小さな一歩かもしれませんが自分にとっては大きな喜びです
これからも新しいことに挑戦しつつ頑張っていきます。
長文乱文失礼しました。

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

二回目の実習にいってきました。

こんにちは。2期生のミチニスタ∞です。今回、2度目の実習に行ってきました。
実習の内容は前回と違って今回はデイサービスに行ってきました。

前回行った高齢者住宅とデイサービスの一日の流れは違うのと、重度の利用者様はおらず、自分で動ける利用者様が大半でした。午前中はお風呂の時間がメインで、入浴以外の利用者様はデイサービスで用意した塗り絵や工作だったり、それ以外の人はテレビを見て入浴の時間まで待っています。入浴が終わり帰ってきて自分で髪を乾かせない利用者様に「私がお手伝いしましょうか」と伺ったら、喜びながら「ほんとにありがとう。幸せやわ。」と言われたときは本当に嬉しかったです。

入浴が終わると、昼食の用意と利用者様の嚥下体操を行い、配膳が始まります。配膳が終わると、スタッフの方も利用者様と一緒にお昼ご飯を食べます。一緒に食べながら楽しいお話をさせていただきました。また、看護師さんに、胃ろうの利用者様の食事介助の場面も拝見しました。午後からは口腔ケアの時間で、終わるとレクリエーションの時間が始まります。

レクリエーションの時間では、レクリエーション介護士の資格を持っている私が助手として参加させていただくことになり、とてもいい経験になりました。4日目に利用者様が帰る前にスタッフさんから突然、ミニレクリエーションをやってみませんか、と言われ、20分ほどのミニレクリエーションをさせて頂きました。スタッフさんに手伝ってもらいながら少しの時間でしたけど、利用者様がとても喜んでくれたので嬉しかったです。今回、デイサービスで利用者様に笑顔とコミュニケーションが前回より出来ましたが、これに満足せず、また次の実習で頑張っていきたいと思います。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

~卒業~

こんにちは。

この度無事卒業メンバーとなりましたMOGUです。

先日、私は中華レストランに1人で行き、ワンタンメンと小籠包のセットを頂きました。
それはそれは美味しかったです。そのランチは私が働いて初めてのお給料で頂いたものだったからです。
噛みしめました。そして同時に思いました
「ああ、ここで自分の働いたお金でランチを食べることができるなんて思ってもみなかった」と。

このブログを以前からお読み下さっている方でしたら、ご存じだと思うのですが、私はかなり初期のメンバーです。
いろいろ理由あって2年半いることになりました。
この話をする度に、よく「信じられない!」と言われるのですが、JOTに入った頃、私はハローワークの求人欄を見て泣きだしたことがあります。JOTに入るまで、ハローワークの求人欄を見ることは一切できませんでした。

自分の中にある発達障害を知らぬまま就職してしまった私は、いくつか職を転々としていたからですJOTに入る前、それはもう疲れ果てていて面接に行くどころか、外に出るのでさえ恐怖を感じていました。

JOTにとりあえず入ったものの「就職・・・。就職できたらいいけど就職できるわけなんてないよね。」という気持ちが大きく占めていたように感じます。
先月卒業式を開いて頂いたのですが、初期から私を知るメンバーやスタッフさんから私は「JOTの台風」と思われていたようです。確かに振り返ると様々なことやらかしています。1週間に1回は泣いていたし、人の話を最後まで聞かないし、失言を繰り返していました。

「ああやっぱり自分は駄目なんだ」「どうあがいても上手くいきっこないんだ」と何度倒れ込んだことでしょうか。しかし、その度にJOTのスタッフさんやメンバーが私に手を差し伸べてくれました。何度失敗しても私に耳を傾けてくれたのです。すると私の中に変化が起こり始めました、「もう一度やってみよう」という心の変化が。
その後は奇跡の連続でした。出来ないと思っていたことがどんどん出来る様になりました。
何より私の為にこれだけ尽くしてくれるスタッフさんやメンバーに「何かしたい!」と思うようになってからはいつの間にか「JOTの太陽」と呼ばれるようになっていました。

更に就職実習にも行けるようになりました。そして、就職…。
とても嬉しかったですここまで書いていて胸にこみあげるものがあります。

まだまだクリアしないといけない課題は、山ほどあります。考えると胃が縮む思いになります。
だけどここまで来れたのです、これからも落ち込むことがあったり、思いもかけない難題にぶち当たることもあるでしょう。JOTで学んだ、転んでも立ち上がる強さを就職に活かしていきたいと思います。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

初めてのレク担当!

こんにちは。2期生のミチニスタ∞です。

今年の8月に、初めてのレクリエーションを事業所でさせていただきました。ちなみに、なぜレクをさせていただいたかと言うと、このような経緯がありました。

昨年8月にレクリエーション介護士2級という資格を取得していましたが、その資格取得の経験を活かしてレクを行った場面がこれまでにありませんでした。そのためレクを企画した1か月前に行われた実習の振り返りのときに、スタッフさんから8月の2週目の祝日の日に、現場に出たときの練習も兼ねて、レクリエーションをやってみませんか、とお話を頂いたからです。

とりあえず、やってみようと思い、メンバーが楽しんでくれるようにネットで検索しているうちに、いろんなレクリエーションがあり、どれも楽しそうだったので、選ぶのが大変でした。参加するメンバーの目的として「みなさんの頭の体操・頭を柔らかくする・集中力・適度の緊張感の中、力を発揮できるか?・チームワーク形成」を考えました。

当日、初のレクリエーションをメンバーのみなさんの前でやってみて、はじめは緊張しました。私自身、進行役として盛り上げるところは盛り上げて、黒子に徹するところは徹し、最後までやり通せたと思います。でもスタッフ・メンバーの協力がなくては開催できなかったです。これに満足せず、もっと頑張っていきたいと思います。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com