就労支援所住所 : 神戸市中央区琴ノ緒町5丁目5-9 フューチャービル5階 TEL.078-272-2525
軽度知的障害/発達障害/身体障害/うつ病 など

ブログ・お知らせ

就職実績/卒業生の声

2019.03.12

特集! ドラマセラピー ②

豊田

みなさま、こんにちは!スタッフの豊田です。

「特集! ドラマセラピー」のお時間がやってまいりました。

昨年5月より、JOTサポート神戸で新しく取り入れたドラマセラピーexternal_redにスポットを当てたこの企画、私、豊田がドラマセラピーで取り組んでいる内容をご紹介します。そして、メンバーさんの方々にその内容について語っていただこうという企画です。

では、今回も「場面に加わる」についてご紹介いたします。

「場面に加わる」は最初、1人の参加者が無言でパントマイムをしながらある状況、場面を表現していきます。他の参加者はその状況、場面が分かった段階で参加し、2人目以降の参加者が加わってからは発言が可能となります。最後にその状況・場面が何かをメンバーのみなさんで答え合わせする内容となります。
これまでに、「新年の餅つき」、「スピードスケート」、「カラオケ」などの数々の名演技が生まれました。

では、「場面に加わる」について、Kazuさんメフィストさんに語っていただきたいと思います。

Kazuさん
「私が「場面に加わる」が好きな理由は、普段の自分ではできないような役になり切って、その時のテーマを自由に表現できるところが面白いと感じたからです。特に、MOGUさんは私には思い付かないような表現をなさるので、見ていても、掛け合いをしていても面白く、常に笑いが巻き起こる愉快で貴重な時間を過ごさせていただいています。つられて私も表現が思わずオーバー気味になってしまいます(笑)。」

 

メフィストさん
「『場面に加わる』は私からお題を出す方が多いのですが、メンバーさんが加わり一緒に演じていただいたときに『よかった、人が来て下さった』と少し安心しますこれから出そうと思っているお題もたくさん考えて、楽しくできたらなと思います

 

Kazuさん、メフィストさん、ご協力ありがとうございました。「場面に加わる」は、お題によっては1人でパントマイムのみで伝えるのが難しいものもありますが、2人目以降が加わって何とか伝わることができたという報われた感覚が味わえるのも一つの醍醐味ですね♪ただし、人が加わったからといって、1人目が考えた場面と2人目以降が判断した場面が一致しないこともありますが、それもまた一興なのです。

ドラマセラピーが”開演”されるのは毎週水曜日。週の真ん中での中だるみから来るしんどさも吹き飛ばすかのような、メンバーのみなさんの好演が、これからも楽しみです♪

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページTOP