はじめましてのブログです

初めまして、四月に入所したヘップと言います。
このブログを制作している現在六月末で入所三か月弱となります。
その間にコロナ禍のため、二部制の導入、約一か月の自宅訓練等色々ありましたが入所から現在までを振り返って、お話をさせて頂きたいと思います。

私は現在、双極性障害(主にうつ症状が強めですが)を患っています。
最初の兆候が表れたのが三十代半ばで、そのころはまだ気力で何とか乗り越える事も出来たのですが、その後も仕事のストレス等から、どんどん状況はひどくなる一方で四十代前半には、まったく仕事も出来ず引きこもりの生活を送るようになっていました。
そのころには全くと言っていいほど外に出ることもできず、区のケースワーカーの方からも「心療内科を受診した方がいい!!」と言われていたのですが、それさえ出来ないほどひどい有様でした。
そんな引きこもり生活から何とか抜け出すことが出来、通院するようにもなり、徐々に回復してきて「また仕事に就きたい!!」と思えるまでに回復したのですが、仕事を始めてみても、すぐにストレスから辞めてしまう事が続いていました。

そんなとき通院している心療内科の先生から「まずはA型作業所から始めてみては、どうですか?」と言われ、「前に進めるなら何でも良い!」と思い、面接に行きました。
しかしそこでの面接で「あなたには、ここは向いていないと思います!就労移行支援というサービスがあるので、そちらを利用してみては?」と言われたのです、私は家に帰ってすぐに就労移行支援について調べました!早く一歩を踏み出したい!と強く思っていたのでサイトを見て気になったところにすぐに見学の申し込みをしました、その中にJOTサポート神戸がありました。

最初見学に来た時の感想はなんて温かい雰囲気なんっだろう!と想いびっくりしました。
そして施設長の清水さんとお話させていただいたのですが、とても親身に私の話を聞いて頂き感動したのを覚えています、しかも私の通っているクリニックと不思議な縁でつながれていて、今思うとその時にもう「ここに通おう」と決めていたかもしれないですw、でもその時にはとりあえず体験の申し込みだけして帰ることにしました。その帰り際メンバーの方から黄色い一輪の花を渡されました!その時の感動は今でも昨日のようにありありと思い出せます。

その次の日にも見学があったのですが取り合えずいってはみたもののJOTの様な温かい雰囲気もなく、すごくドライな雰囲気で「ここでは無い!」と思いました。
その後三日間の体験を受けさせていただき、私の心はすっかりJOTに決まりました!

そして四月より入所し、毎日の訓練プログラムや体力トレーニングをしながらメンバーの方、スタッフの方と充実した時間を過ごせています、当面の目標であったMOS EXCELの資格も取得出来ました。

入所当時は漠然と「事務系の仕事に就きたいな」という程度のあいまいな目標設定だったのですが、清水さんと支援計画の話をしている時に「今までの経験を生かして福祉の仕事をお考えになるのはいかがですか?」と言われて「そんな仕事があるんだ!」という驚きと「その仕事で人の為になれるような仕事をしたい」と強く思うようになりました。

この病気になって「なぜ自分が?」や「こんな病気にならなければ・・・」など思うことも多々ありましたが、この状況になったからこそ見えてくる人の優しさであったり、人への思いやりの気持ちというのもネガティブな感情以上に多く気づかされましただからこそ今私が、皆さんから助けられて毎日頑張ることが出来ているように、私も誰かを手伝うことが出来たらと強く思っています。

現在は、その仕事に就くための資格の勉強や、パソコンの勉強に毎日取り組み充実した毎日を送れています、しかしそれもこのJOTという場所を選んだからだと強く思います。
毎日変わることなく温かい言葉、励ましの言葉をかけてくれるスタッフの皆さん、そしていろいろな障害や病気に苦しんでいるはずなのに、前を向き頑張っている後姿を見せてくれるメンバーの皆さん、そんなJOTに関わる全ての人から勇気を分けてもらって、今私は頑張れていると思います。
願わくば私も誰かにとってそういう存在になれればと胸に秘めながら毎日を送っています。

まだまだ就職までに越えなければならないハードルはたくさんありますが、JOTでなら頑張って行けると思います。

(40代・男性)

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

🐬4か月ぶりの外出プログラム

みなさま、ご無沙汰しております。スタッフの豊田です。

6/11(木)、雨が降ったり止んだりするなか、
外出プログラムに出かけました♪

今回の行先は、4月に予定されていたものの
延期となっていた神戸布引ハーブ園

園内で食べることができる、ラベンダーソフトクリームも楽しみ!😋(2019年10月撮影)

・・・のはずでしたが、この日は強風の影響でハーブ園が臨時休園ということをメンバーさんからのご指摘により初めて知り、急遽、行先を須磨水族園に変更しました。🐬
スタッフの不手際や、急な変更があったにも関わらず、メンバーのみなさんからの不平不満は無く、ありがたいことに参加してくださいました。🙇

事業所を離れての外出プログラムは、ボウリング大会以来、実に4か月ぶりでした。
特に、海洋生物が大好きなスタッフ・I氏は、今回の外出プログラムを大いに楽しんでおられたようで(笑)、I氏と行動を共にされていたメンバーさんたちの楽しまれている様子もとても印象的でした🦈💦

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

おうちで調理実習

みなさん、こんにちは!スタッフの豊田です。
本来であれば、JOTサポート神戸は、土日を除くゴールデンウィーク期間中も開所しており、祝日の日は祝日プログラムとして、「フォトコンテスト」をはじめとする、バラエティに富んだプログラムも提供してまいりました。

しかしながら、先日のブログでお伝えしたとおり、在宅訓練がスタートしており、GW期間も、メンバーのみなさんには引き続き、在宅で訓練を受けていただいております。

それでも、祝日も平日同様にプログラムを受けるのではなく、何らかの形で、普段とは違ったことに取り組んでほしい。そんな思いから、スタッフで考案したイベントが、昨日行われた「調理実習」です!

こちらの「調理実習」は、ただの調理実習ではありません。
コロナに負けるな!をテーマに、免疫力のつく食材・レシピを各自で調べていただき、ご自宅でひとりで調理していただくという、JOT初の試みでございます。(もちろんスタッフも!)

この日は調理開始から片付けまでが訓練の時間。お料理の写真と日報を送っていただいて、この日の訓練といたしました。

それでは、みなさんの力作をご覧ください!

①親子丼
②肉じゃが
③元気が出る生そうめん
④ベーコンとほうれん草とにんじんのニンニク炒め
⑤豚肉の八幡巻き風オイスターソース炒め
⑥マグロとアボカド納豆のユッケ丼
⑦ポテトチーズハムカツ
⑧ナポリタン
⑨トマトとアサリのパスタ
⑩無限油パスタ
⑪アボカドとエビのブロッコリーサラダ
⑫バナナシナモン・ポリッジ
⑬フルーツ盛だくさん☆簡単フレンチトースト
⑭シュクメルリ
⑮体力付けよう♪ビーフシチュー&彩りサラダ
⑯きのこと豆のドライカレー&マンゴーラッシー
⑰サグチキンカレー
⑱コロナに【勝つ!サンド】&茹で人参とヨーグルトのジュース
⑲春巻き
⑳ガーリック鳥チャーハン
㉑創味シャンタンスープ愛してる中華セット(蒸し鶏のオリジナルピリ辛ソースがけ、スパイシーチャーハン)

いかがでしたか?

普段からお料理をされる方も、されない方も楽しんでいただけたのではないでしょうか。

たくさんの素敵なお料理、ごちそうさまでした😋

また、おいしいオムライスを作られたけど、残念ながら写真データのハプニングで掲載されなかった1名の方、当日は体調が悪くて、調理実習には参加できなかったけど、自主トレとして1時間、近くの神社でウォーキングされた方もおられ、
みんなそれぞれ頑張った1日でした!

まだまだ不安なこともありますが、よく食べ、よく笑い、よく寝て、この危機を乗り越えましょう!

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

在宅訓練がスタートしました

こんにちは。
管理スタッフの清水です☆

今日は4月29日、祝日です。
外は快晴、陽射しは温か、心地よい春風が吹いています。
JOTメンバーの皆さんはいかがお過ごしでしょうか。(今は午前11時、在宅訓練の真っ最中ですね^-^*)

本来なら今日はJOT外出プログラムで、“神戸布引ハーブ園”に皆で出掛けるはずでした。
3月中旬頃、スタッフmtgでこの予定を立てた当時の私はまだ「屋外なら大丈夫でしょう」といった楽観的な予測をしていたわけですね。しかし、そんな予測など吹き飛ばす勢いで、その後一気に新型コロナウィルスの感染は拡大し、緊急事態宣言、外出自粛、3密禁止、休業要請、人との接触8割削減・・・と社会状況が急激に変化していきました。(ちなみに布引ハーブ園も5/31まで休園とのことです)

当初は「福祉サービス事業所は利用者の方のために休業せず続行」ということを市から求められていましたが、厚生労働省から「就労移行制度における在宅訓練を認める」という驚きの(!)事務連絡が届いたのは4月半ばのこと。

事態の深刻さに身の引き締まる想いで、早速JOTでも「人命第一」の事業所方針を確立し、それに基づき対応策を次々に打ち立てていきました。
宣言前からのものも加えるとざっと以下の通り・・・
・昼食時は個別、1時間に1回の換気と手指の消毒の徹底
・着席は2メートル間隔
・ヨガ、金融講座など外部講師を招くプログラムは全て中止
・人の密度を減らすために午前・午後の半日2シフト制を導入
・通所することへの不安が強いメンバーさんには早い段階から通所を控えて頂く
・そして最終的には「全員在宅訓練」(スタッフも在宅業務)に

・・・いずれも事業所として初めての試行ばかりでした。

急な変更に対する不安やストレスの強い方、臨機応変が苦手な方は毎日とてもしんどかったことでしょう。
決まっていた介護業界への就職が延期になっているメンバーもおられます。(なのに「自分が凹んだら皆に悪影響だから」と毎日事業所を盛り上げてくれて(涙)尊敬の一語に尽きます)
始まったばかりの企業実習が中断になった方。
故郷で心を整えて、「さあ!これから!」とようやくJOTに復帰して下さった方。
4月1日にご入所されたばかりの方。
お一人お一人の心情を思うと、本当に申し訳なく、気の毒で仕方ありません。
にもかかわらず、メンバーの皆さんは常に冷静に、そして協力的にご対応くださいましたね。
プログラムの変更や、さまざまな対策を粛々と受け入れて下さいました。
素晴らしいメンバーの皆さんに恵まれて、JOTは本当に幸運な事業所です。
改めて心から感謝申し上げます。
全訓練生の皆さん、ありがとうございました。

また、この場をお借りしてスタッフにも感謝を伝えたいです。
目まぐるしく変わる状況の中、在宅訓練を可能な限り有意義なものにしたいという私の“欲張り“に、多くのアイデアと知識を与えてくださいました。
「PC訓練」をベースに、「自分自身と向き合う時間」を作りたい、更には閉塞感や孤独感から解放されるような「和みの時間」「身体を動かす時間」も欲しい、というリクエストに完璧に応えてくれました。
脱帽です。
有能で、ハートが温かくて、面白くて、それぞれ個性豊かで、最強のスタッフです。
チームとして皆さんと一緒に働けることを誇りに思います。
ありがとうございました。
(毎朝、クスっと笑えるオリジナル動画が届く事業所なんて・・・まず他にないでしょう!)

本格的な全員在宅訓練が始まって今日で3日目。
緊急事態宣言の解除まで、まだ当分は在宅の日々が続きそうです。

当たり前のように思っていた日常が遠く感じられるかもしれませんが、
その“当たり前”を1日でも早く取り戻すために、もうしばらく一緒に頑張りましょう!

 

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

はじめましてのブログ

はじめまして。12月に入所したかえでと申します。
私は他の方とちょっと違い、他の就労移行支援を利用していた経緯があります。
そこでは継続に至らず、その後自分で働き口を探し半年程就労していましたが、やはり今の自分の力で働き続けるのは不可能だと思い、藁にも縋る思いでJOTの見学に行きました。
今思えば前の事業所はドライな雰囲気やプログラムに興味が持てない、ギチギチの朝終礼等、どこかやらされている感があって通いづらさがあったと思います。

JOTに行って驚いたのは利用者さんとスタッフさんと双方の温かい雰囲気と距離感でした。
すごく礼儀正しく挨拶してもらえ、おっかなびっくり迎え入れてもらえた嬉しさは忘れません。
当初は何か所か見学に行く予定だったのですが、気が付いたら体験の申し込みをしていました。

入所して暫くは通所が安定せず、酷い問題児でご迷惑をおかけしました。
自分でもどうしていいのか分らず、悔しくて毎日泣いていた日もありました。
しかしそれは長年の職業病と対人関係によって、偽りの自分を作ることばかりが上手くなった結果であり、清水さんから見積もりが甘い、社会はもっと厳しいと檄を頂き本来の自分を変えて勝負できるようにならないと!と覚悟を決めてからは自然と前向きになり、自分が少しずつ変わっていっている気がします。やりたいと思ったことにやりたい!と手を挙げることもできるようになりました。
JOTも「行かなくちゃ」から「行きたい」の場所に変わりました。

自身の病気については、発症が思春期で慢性の鬱(気分変調症)として長年付き合ってきたのですが、最近双極性障害Ⅱ型と診断されました。
複雑な気持ちはもちろんありますが、不眠症は相変わらずなのであまり悲観的ではなく私が増えたり減ったりするものではないので、負けず嫌いの性格を利用しながらJOTで疾病理解、自身の傾向や成長、様々なものを観察していこうと思います。

昨今はコロナウィルスで話題が持ち切りでJOTも在宅訓練になることになりましたが、私は一足先に在宅訓練を行っており、この記事も自宅で作成しました。
家に居ると猫くらいしか話し相手がおらず、自分でできることはやっていても気が滅入りがちなので1日も早く今の事態が緩和されることを願うばかりです。

(20代・女性)

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

はじめましてのブログ

こんにちは。はじめまして。
1月に入所した、てぃんとです。

私には適応障害やいくつかの障害、症状があります。

子供の頃から自分の全てが嫌で、常に透明人間になりたいと思っていました。
大人になってから診断をもらって、なんだか今、人生の答え合わせをしている気分です。

JOTに来ることができたのは、不思議なご縁とタイミングのおかげです。

仕事を辞めて引きこもっていた時、カウンセラーさんからこちらをすすめていただきました。
いつもの私なら、自分から新たな環境に飛び込むなんて、そんな怖いことはできません。
しかし当時は、身を置いていた環境の影響もあり、心身ともにボロボロで気が変になりそうな状態でした。
「もう、誰でもいいから助けてください。」と観念したことが、自分の背中を押しました。

そして施設長の清水さんが、私が通っているクリニックと不思議な繋がりがあったことも、一歩踏み出すことができた大きな理由でした。

私がJOTに通い始めて驚いたことがあります。

①メンバーの皆さんの優しさと強さ

まるで大切な家族を応援するように、あたたかく接してくださいます。単なる見せかけではない優しさに触れるのは、随分久しぶりで戸惑いました。
そして、日々ひたむきに、つまずいても諦めずに、自分で決めたことに取り組む姿はとてもカッコ良くて、今、私には無いものです。とても衝撃的でした。


②スタッフの方々の温度

私は在職中、温度のある仕事がしたいと思っていました。

温度とはその人らしさ、人間味、飾らない心の顔のようなものといいましょうか。
ギブアンドテイクを超えた心と心のやり取りを、お客様やスタッフ同士で行うことが目標でした。
JOTのスタッフさんのお仕事の仕方は、私の理想にとても近いです。
大きなお手本のすぐ近くで勉強できるのは、ラッキーですね。

 

まだまだ私には、課題が山積みです。
就労以前に、自分自身と向き合うことからのスタートです。
けれど取り組む課題があること、それをサポートしてくれる伸び伸びとした環境があることは、自分を磨けるものすごいチャンスだと思っています。

こんな風に、少しだけ前向きに考えられるようになったのは、私にとっては大きな変化です。

これから、ひとつずつできることを増やして、就労に向けて力をつけていきたいと思っています。

読んでくださってありがとうございました。

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

☆JOTに入所に至るまで☆

初めましてJOT訓練生のひーちゃんです。

今年1月からの新人です。ここに来るまで、私は、対人恐怖症や、聴覚過敏症混合性不安障害等の障害があり、家から一歩も外に出ず、カーテンも開けられないほどに引きこもっていました。そんな時、若者しごと俱楽部という就職カウンセリングがあるという事を新聞広告で知り、何回か、外に出るきっかけとして、そのカウンセリングに予約をして、行くことにしました。

最初から優しく話を聴いて下さったのがとても嬉しく、私は号泣してました。
そこで、このJOTサポート神戸を紹介して頂き、ほかにもいくつかの事業所を紹介されたのですが、ここはとても広くて、優しいスタッフさんや、メンバーさんからJOTのイメージカラーでもある黄色いお花訓練生の方から頂いたのがとても印象的でした。

そして、家に引きこもっているよりも体験して、生活習慣を整えるためにも体験に行くことを決めました。アロマセラピー ドラマセラピーといった体験を重ね、今年1月に入所となりました。

最初面接したときや、自己紹介で前に出て話すと毎回のように泣いてしまう事も多かったのですが、体験を重ねるうちにだんだんと慣れて、生活習慣も整い、体調もとてもよくなりました。親からも、顔色が良くなったと言われるほどになりました。人とのコミュニケーションの取り方も、丁寧に教えてもらえるので、本当にとても勉強になります。

JOTサポート神戸で私が取り組んでいる事

私は、他のメンバーの方のように、就職したい気持ちはあるものの、まだ、具体的に、何がしたいのか、何が出来るのか判らない状態ですので、今は、今後の就職の為になんとか役に立つであろうWordやExcelの練習をしています。また、なにが出来るのか、しっかりと自己分析をして、自分に合う仕事を見つけて、働くことが目標です。

JOTサポート神戸に来られて、素敵なスタッフと訓練生の皆様に出会えてよかったです。これからも就職に向けて頑張って行きたいと思います。

(女性)

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

🏃お昼下がりはウキウキWALKING

みなさん、こんにちは!(こんにちは!)
スタッフの豊田です。

JOTサポート神戸では、週初めである月曜午前は、
健康づくりプログラムとして、ヨガやバレティスが行われています。

しかしながら、現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から
屋内で15名を超えるメンバーのみなさんが所狭しとマットを広げて受講するこれらのプログラムは、しばらくの間、自粛している状況です。

このような健康づくりプログラムを開催できない状況のなか、
代替プログラムとして行ったのが、ウォーキングです。

今週のウォーキングは、午前は雨天のため予定を変更し、
お昼休みの後にメリケンパークのBE KOBEを目指して出発!

この日は強風が吹き荒れながらも、雨上がりの心地よい青空が広がっていました。
JOTサポート神戸から40分くらいかけて歩き、無事到着です!

BE KOBEのモニュメントで記念撮影。もちろん、文字の上に登らないようにマナーを守っております!

ちなみに、このウォーキングのプログラムは、メンバーさんにも好評だったようです!
新型コロナウイルスが収束に向かうまでの当面の間は、月曜日の健康づくりプログラムにウォーキングを取り入れることを検討しているので、体を動かす楽しさを忘れない有意義なプログラムとなるようにしていきましょう!

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

入所一年を振り返って

お久しぶりです。JOTサポート神戸訓練生のウササンです。

今回のブログでは、入所してからの一年を振り返ってみたいと思います。最近入られた方から「先輩」「一年以上おられる方」等と言われると、穴があったら入りたいくらいに「この一年間何もしていない」という思いが強いのですが、実際は色々と変化があったようです。

・日常生活
当初の通所の目的の一つは「生活習慣の改善」でした。JOTに来るまでは布団に縛りつけられたようにぼーっと午後まで寝てしまうことが多かったのですが、薬を変えたり、通所の時間を調整したりすることで最近は毎日通所できるようになりました。ただ、一年経ったにも関わらず布団との癒着は完全に解決できていないので、今後の課題となります。

また、お昼の時間にメンバーさんと談笑しながら食事をとることや、グループワーク、ドラマセラピーといったグループでのプログラムに楽しく参加することも当初の自分ではありえないような変化です。心に余裕ができてきたのか、そういったことに積極的に参加できたり、新しいメンバーさんともお話ができたりするようになってきました。

・自己理解
入所して一年経ったメンバーは、実習やこれからの就職活動のための「自分取扱説明書」を書くことを勧められるのですが、そちらも早めに完成させることができました。随時手直しをしていきたいと思います。

最近では、インフォメーションというプログラムの時間に「疾病理解」ということで、自分のうつ病についてプレゼンテーションを行い、メンバーさんに幅広い疾患について理解してもらうために分かりやすく説明できるよう努めました。

また、主体性プログラムの時間を使って、これまでの経験やその意味について消化するためにエッセイ漫画を実験的に描いてみました。2巻分発行することができましたが、未だ自己受容に至るには難しいような気がして、道半ばという感じです。

このように、一年間で出来るようになったことは色々とありますが、最近は厳しい寒さもあって、鬱の力に負けそうになることが多くあります。険しい道のりのように思えますが、就職に向けて今後も進んでいきたいと思います。

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

「JOTサポート神戸」に入所して1年経過しました。

お久しぶりです。メンバーのユウリと申します。入所して一年経ちました。

私がこの事業所に縁があったのは、最初のブログに書いていた事ですが、最初両親がずっと引きこもっていた私を心配して相談センターの「スイセイ」という場所に行っており、そこでこの事業所を紹介されたのがきっかけでした。初めてここに来た時は、緊張してあまり笑う事も話す事もほとんどなく、メンバーの人たちに、どうコミュニケーションを取ったら良いか分からないと戸惑わせていました。しかし、ここに来る度にだんだん言葉が出るようになってきて、みんなの前に出て話しても少しずつ抵抗がなくなってきて、声も大きくなってきたとスタッフの方からも褒められるようになってきました。また笑顔が増えた事もあり、皆から「すごく魅力的になった」と言ってもらえるようにもなりました。

今までは、失敗した後や注意された時など、ストレスの発散方法が分からずに、自分の事を責める事しかしてこなかったため、自分の事が本当に大嫌いでしたが、ここに通うようになり、自己分析で自分自身を知っていくに連れて、だんだん「私って、何も出来ないダメ人間じゃなかったんだな」と自分の事を少しずつ見直すようになっていきました。

今私は、入所して一年経ち、新しい入所者さんが増えてきているのですが、初対面の人に対しても声は小さいかも知れませんが、ちゃんとコミュニケーションを取れて、楽しく過ごせているように感じています(スタッフさんからもちゃんと話せるようになったと言われました)。また、主体性プログラムや自己理解でも、自分のペースで物事を行わせて頂き、時々指摘を受ける事もありますが、その度に以前よりも自分を責める行為はかなり減りました。これもスタッフさんの適切な支援や障害特性を理解した上でのご助力であると感謝しています。これから私は実習のために「自分トリセツ(自分の取扱説明書)」を作成していきます。まだまだ拙い言葉ではありますが、人前で話す事の訓練を行い、慣れていく所存です。 以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました。

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com