入所1年を経て

メンバー1期生のKazuです。
前回の投稿から1月半が経とうとしてます。すっかり季節は初夏から夏真っ盛りになました。このブログを読まれている皆様もどうか夏バテなど、体調にはお気を付けください。

さて、今回の記事は
「入所1年を経て」
というテーマで、このJOTサポート神戸に入所した昨年の6月半ばから現時点までで成長したこと、変わっていない反省点などについて書いていきたいと思います。

・生活リズム
入所当時の私は大学院をうつ状態で休学中、その結果生活リズムが乱れておりました。そんな中JOTサポート神戸に通う中で就労に向けた、朝起きて事業所に通い夜眠るという、当たり前の生活リズムを取り戻していきました。最初は週3日くらいから始めようと思っていましたが、事業所の居心地がとてもよく、
「今日も通ってもいいかな、通いたいな」
と思っていたら、気づけば週5日、午前も午後もしっかりと訓練を受けていました(笑)。
なので、生活リズム改善は達成、成長できたと思います。

・業務能力
これまで大学、大学院でしっかりと勉強してきたからか、PCを始めとした実務能力は高い水準であると、スタッフの皆様から高い評価は頂いておりました。ただ、スケジュール管理能力、メモを取るといった部分はJOTサポート神戸に通うようになってから、遅ればせながらその重要性に気付きました。現在は自分なりに工夫して使いやすいスタイルを模索し、スケジュール帳2冊とメモ1冊を使う独自のスタイルを作りました。
そういう意味で業務能力は現在も成長中です。

・自分研究、感情コントロール
実はここが一番難題でした。通い始めてから半年間は特に問題を起こさず、自分トリセツを粛々と作るなど表向きは問題が無いように見えていました。しかし、スタッフの清水さんからは
「逆に問題が見えていないからこの半年、成長していない」
と評されていました。
その言葉を裏付けるように年が明け、事業所への慣れや油断からか、自分に問題が起こった際の感情が良くも悪くもだだ漏れで、周りの皆に大変な迷惑をかけてしまいました。その時は感情に振り回されていた自覚がない上、感情コントロールにそこまでの重要性を感じていない、とかなりの重症でした。
そんな私でしたが、ようやく4月から5月にかけて、支援して下さっているスタッフ方の声に耳を傾け
「感情が原因で問題を起こすのも良くないし、振り回されては自立した社会人足り得ない」
と、どうにかしなければならないという自覚が芽生え始めました。
現在、自分の感情、自我構造などを探りながら自分をコントロールする術を模索中です
なので、及第点ではないですが成長しているのではないかと思います。

今後も、このJOTサポート神戸にいられる間に、目一杯成長できるようにチャレンジ、努力したいと思います

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

問題解決型プログラムを振り返って②

「問題解決型プログラムを振り返って①」からの続きの投稿です。
三つめは、勇気を出すことの大切さに気付かされたことです。
私は、この「問題解決型プログラム」のような実践的な訓練に取り組んでみたいという気持ちを去年の秋の終わりごろから持っていました。
はじめは、この訓練に取り組みたいという提案が事業所に通るのかという気持ちと、自分は今まで、外部の人を巻き込んで、一から何かを形にするようなことには取り組んだことが無いうえに、今までの失敗経験の記憶もあり、自分に出来るのだろうか、自分にはふさわしくない、おこがましいという気持ちすら抱えていました。
ですが、「自信をつけて、それから行動するのではなく、自信がなくても行動しよう。」と思いました。不安や恐れがあっても勇気を出し、最初の一歩を踏み出したことが、プログラムの始まりにつながったのではないかと思います。
そして、その後企画を進めていく中でも、自分にとって初めてのことばかりに直面しました。そのひとつひとつに感じる不安や恐れに立ち向かえたのも、最初の一歩を踏み出した時と同じように、勇気を出して、行動を起こしていったからではないかと思いました。

四つめは、思うようにいかないこともあるかもしれないが、何かしらできることがあると信じる大切さに気付かされたことです。
少しわかりにくい表現かもしれませんが、ここでいう「信じる」というのは、自分に対する「自信」とは少し違うということです。
イベント(企画)の内容がある程度形になり、イベントの宣伝用のチラシを作りました。それを発達障害者支援センターに置いていただき、そこを利用される方にイベントの案内をお願いするための営業活動を始めました。複数の支援センターをまわり、どこも快く話を聞いてくださったのですが、はじめはなかなか参加者の申し込みがありませんでした。
ですので、他に発達障害を持つ人が関わりを持っているところは無いかと考え、そこに対して、イベントの宣伝や告知を行いました。正直な所、どれだけ効果があるのわからないが、何かしらできることはあると思い、兵庫県にある大学のカウンセリングルームや特例子会社にチラシをDMとして送ることや、JOTサポート神戸のホームページにイベントの情報を掲載する、知人にイベント情報の拡散をお願いする、新聞にイベントのことを取り上げてもらうこともしました。その甲斐もあって、イベントへ参加申込が集まりだしてくれました。
そうした中で、感じたことは、今の状況でも、何かしら行動できることがある、そして、行動すれば、その結果が自分の思うようなものではないかもしれないが(実際、大学のカウンセリング経由の申込はありませんでした)、そこから何かが変わる、何かが得られる、何かがみえる、次の行動のヒントになるということです。つまり、行動によって何かがあるということを信じていれば、あきらめずに、次の行動(手立て)を考える、行動を積み重ねることにつながるのではないかと思いました。(続く)

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

子猫と優しい小学生たち

こんにちは。メンバー1期生のみるくです。

最近だいぶ暑くなってきましたね。

今回のブログの内容は「子猫と優しい小学生たち」です。
5月5日の土曜日に、私は友達と三宮で遊んでいました。
友達と道を歩いていると、前に小学生の男の子三人がいました
その時は何とも思わず、普通にしゃべりながら歩いていると、道に子猫が車にひかれて亡くなっているのを見つけました。
私は「あ、車に轢かれたんだ。可哀想だな」って思いました。
そしたらなんと、私たちの前にいた小学生の男の子三人がその子猫を助けようとしていたのです。三人いるうちの二人は車が来ないように見張っていて、もう一人の男の子がその子猫を素手で抱っこして道の端に寝かせて、その上に大きな葉っぱをかぶせていたのです。
私はそれを見てとてもびっくりしました。まさか小学生の男の子たちがそんなことをすると思ってもみなかったので、とてもやさしい子たちなのだなって思いました

みなさんは道に子猫が倒れていたらどうしますか?たぶん大半の人は気持ち悪いとか、触るの怖いなどと言ってそのままにする人が多いと思います。私もそうだと思います。
けど、その小学生の男の子たちは、なんの躊躇もなく普通に触っていたので本当にすごいなって思いました

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

就労移行支援事業所に入所して

はじめまして。メンバーの2期生のミチニスタ∞です。
少し自己紹介をすると私は発達障害external_blackとの診断を受けています。
今年の3月に就労移行支援事業所に入所して、最初は何も目標もなく、したい仕事もなかったです。通ううちにスタッフの方々、特に所長や清水さんと色々と相談していくうちに、介護職に就きたいという目標もでき、取りたい資格もできました。今は資格の勉強に取り組んでいます。もともと人前で喋るのが苦手でしたけど、通ううちに少しずつ喋れるようになってきました。

最初はメンバーの方と喋れなかったですけど、今ではすごく喋れるようになりました。

ここにいらっしゃるメンバーは個性があって楽しい方ばかりです

メンバーの方は入所したばかりの私を温かく受け入れて下さり、何か質問等があったりしたら
「気軽に言って下さい」
とやさしい言葉をもらい、とてもうれしかったです。

メンバーの皆さんは頑張り屋さんばかりで、私自身もいい刺激をうけています。
これからもっと私自身、頑張って行きたいと思います

(30代・男性)

「神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com」

入所1年を振り返って

(自分の素直な気持ちを引き出すため、敢えて敬語は使っていません。ご了承ください。)

MOGUです。この絵は私が事業所に入る前に描いたイラストである。当時の心境をよく表しているのであえてここで使わせて頂く。

このイラストを描いてから2年たった。ではこの1年はどうだったか?
この1年は濃密だった。
予想外、想定外の連続だった。ただし、いい意味で。
勿論、何回も泣いたし、トラブルも起こした。しかし、そのたびにJOTのスタッフ及びメンバーがそんな私を受け入れてくれた。いつも思うのは(これは宣伝でもなんでもなくて)この事業所がなければ、私は私自身とこれほど向き合うことはできなかったということ。JOTに来ていなかったら、きっと入る前の私よりも体調面も精神面も悪化していただろうと思う。これから大きく良くなったと思う事を3点あげていく(いっぱい良くなったことはあるのだが、とても書ききれないと言うのが正直な感想である。あくまでも敢えてであるという事をお忘れなく)
まず、、、
・前よりも落ち着いた。
これは周囲の人に毎回言われる。私は発達障害のADHD・アスペルガー障害external_blackの両方持っている。
とにかくおしゃべりで何時間でもしゃべる。どのくらいおしゃべりかというと、4時間連続でしゃべり続けたこともあるくらいおしゃべりだ。言わなきゃ落ち着かないし、沈黙が嫌いだった私が今黙って話を聞けるようになった。またすべてとは言わないが、発言する前に考えてから発言できるようになったため、落ち着いたと言われる機会が増えたのだと思われる。

・自分の欠点を明確に分かる事が出来た。
今までは注意されても、空気が読むことができない私はどんなことを怒られているか分からなかった。
それが今では明確に分かることができる。多分これは事業所に通っていなくては分からなかったことだ。欠点を分かることは辛いし嫌な思いもすることもあるが、それを今直すことができる、失敗することができるのは事業所に通っていなくては出来ないことだった、とつくづく思うのである。

・明るくなった
先に見せた絵から分かるように、私は以前ここに来るまでは生きていいのかどうかさえ分からない状態にいた。
しかし、事業所にいる内に段々と雨は止んでいき、いつの間にか虹が見えるようになっていった。今の状態はまさにそういう状態なのである。それはとても有難い事だった、そして前より生きやすくなった

以上3つが大きく変わったと思ういいことである。

で、今はどういう状況にあるか?まさに壁にぶち当たっている。
去年は私にとって傷をゆっくりと修復し、正しく周囲をみる時期だったのだと思う。
では今はどうか?と聞かれると上に書いたとおりである。付け加えるとすると一歩進まなくてはいけない時期になったと思っている。何と言っても今年は去年以上に試練が多い(笑)。
でも月並みな言葉で申し訳ないが頑張って行こうと思う。未来を信じて・・・。

PS
今年は忙しくて絵が描けていないことに気が付いた。
次回何も考えずにイラストを制作して見ようと思う。お世辞にも上手いと言えないかもしれないが、楽しみにしてくれる人がいたら、これほど嬉しいことはない。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

水曜日のドラマセラピー

みなさま、こんにちは!スタッフの豊田です。

今年5月より、JOTサポート神戸で新しく取り入れた訓練プログラムがあります。それは、ドラマセラピーexternal_redというもので、直訳すると「演劇療法」となります。

ドラマセラピーとは、表現芸術療法の一つです。北米ドラマセラピー学会(NADTA)の定義では、「ドラマ・演劇のプロセスと結果を系統的かつ意図的に用いて、症状を緩和する治療を行なったり、感情的・身体的な統合をすすめたり、また個人の成長を達成させよう」というものでございます。
(出典:http://research-db.ritsumei.ac.jp/Profiles/42/0004168/profile.html
external_black「立命館大学 人間科学研究科 尾上 明代」)

また、ドラマセラピーでは、下記の効用も期待されています。

1.感情を吐き出して、心の癒し・カタルシスを得てもらう
2.自己表現力を高める
3.役割トレーニング etc.
(出典:http://www13.plala.or.jp/dt/B1.htmlexternal_black「ドラマセラピーとは?」)

JOTサポート神戸では、著書『ドラマセラピーのプロセス・技法・上演』*にて紹介されている数多くの技法を用いて、メンバーのみなさんには役者として、ドラマセラピーを受講していただいております。
そして、多様な技法を通して、感情を表現することでカタルシスを得たり、他者の感情の表現方法を修得したり、劇に参加することでグループとしての一体感を高めたりと、多くの得るものがあります。実際にセッションが始まる前と後では、メンバーさんの表情が、より活き活きしたようにも感じられるので(みなさん全力で表現されるので、お疲れも見えますが…)、ドラマセラピーのプログラムの時間はとても良いものだと思います
(提供する側の私も、役者の立場で参加したくなるほど、いや、してしまう時もある楽しいプログラムです!^^;)

そのドラマセラピーが”開演”されるのは毎週水曜日。週の真ん中での中だるみから来るしんどさも吹き飛ばすかのような、メンバーのみなさんの好演が、これからも楽しみです♪

*参考文献:R.エムナー著 尾上明代訳(2007)『ドラマセラピーのプロセス・技法・上演』北大路書房

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

勇気を出して見つけた場所

初めまして4月に入所したMegです。

私はここに来る前、発達障害external_redと双極性障害と診断されました。そのときはどうしても受け止められず、毎日
「なんで、私なんだろう、何も悪いことしてないのに他にもいるのに何で私?」
と責めていました。そんな中で大好きな人ともこの病気が原因で離れることになり、体も心も壊れてしまってました。引きこもりになり、毎日泣いて、これからこんな体でどうやって生きて行けばいいのか恐怖と悲しみで発狂したくなる自分を、震える自分の体を押さえることに必死でした。

そんな中でこの状況をどうにかしたい思いでしたネット検索
「発達障害 スペース 神戸」
それにヒットしたのがJOTサポート神戸でした。

初めは資料請求をしましたがここにいかなくてはいけないような自分を受け入れられず、電話をかけることができませんでした。でも3月になってそろそろ外に出てみないといけないような気持ちになり、勇気を出して電話をかけました。
そのとき電話対応してくれたのが清水さんでした。優しい声で
「一度来て見られませんか?」
という言葉に勇気をもらいました。

初め来た時は泣いて話も上手くできない私に優しく話かけてくれました。
その後事業所を見て回ったとき大きな窓に光が差していて、温かくてここにくれば何とかなるかもしれない、そんな気持ちになりました。

体験のときにもメンバーの皆さんに出会って障害があってもこんなに明るくされていて、優しく話かけてくれる姿に
「ここだ」
とさらに強く思いました。

ここにきて2か月が経ちました。私の心は完全回復まで、まだ50%もないかもしれませんが、ここにいればスタッフのみなさん、メンバーみなさんの力を借りて回復していけるんじゃないかと前向きな気持ちになっています。

こんな気持ちは当初の自分から見ればすごい進歩だと思います

大きな診断をされてどうしていいのかわからず悩んでいる方がいましたら、勇気を出して電話をかけてみて欲しいと思います。

長々ありがとうございました。

(30代・女性)

「神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく—JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com」