イラストレーターでパンフ作成

メンバー1期生のかなです。

今回私は、スタッフさんから依頼を受け、企業や事業主の皆様に実習生の受け入れをお願いするためのパンフレットを作成しました
お話をいただいたとき、慣れ親しんだワードで作るか、夏から勉強を始めたばかりのデザイン系ソフト:イラストレーターで作るか迷いました。提出期限を考えるとワードの方が格段に速くできますが、新しいことにも挑戦したい。結局、心の欲求に従い、発達障害の特性external_blueである過集中を発揮すれば何とかなる!”とイラストレーターを選択したのです。
それからはもう夢中でした。まずは大切な表紙のデザインです。表紙はパンフの“顔”で全体を貫くイメージでもありますから、ワードで簡単な仮デザインを数点作り、スタッフさんに相談しました。「これがいいです」と指さしてくださったのが私の思っていたものと同じだったので、嬉々として即決。方向性が決まりました。
いよいよ、イラストレーターでの作業です。慣れないソフトに四苦八苦しながら、使い方を本やネットで調べ、イメージを形にしていきます。表紙と内容が3ページで、合わせて4ページ。大まかに仕上げたところでスタッフさんに確認いただき、あとは微調整を加えていきました。

もう、毎日がワクワクでした。集中することが大好きな私の“脳”は、どっぷりと世界に浸り、幸せをかみしめていました。そして、パンフレットが完成したときの達成感! さらにはスタッフさんやメンバーの方々にお褒めの言葉をいただき、嬉しいやら恐縮するやら…本当にいい経験をさせていただきました。このような機会を与えてくださった皆さまに感謝いたします。

いろんなことに挑戦できるのもJOTの大きな魅力。これからも、いろんなことを学んでいきたいと思います。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

バレティス始めました。

みなさま、こんにちは!JOTサポート神戸スタッフならびに
ヒロ・クロンドールバレエ認定バレティス®トレーナーの豊田信一です。

このたび10月より月1~2回、JOTサポート神戸の新しい健康づくりプログラムとして、バレティスというプログラムを取り入れ始めました! ところで、読者のみなさまはバレティスをご存じでしょうか。

バレティスとは、クラシックバレエの簡単な動きと、ピラティスの呼吸・動きを同期させ、身体に軸のあるバレエダンサーのようなしなやかな身体を作ることを目的としたトレーニングメソッドで、バレエダンサーと理学療法士監修で作られたものです。(バレティスの詳細は下記の公式サイトならびに紹介動画をご覧くださいませ♪)

ヒロ・クロンドールバレエ バレティス公式サイトhttp://hirocouronnedorballet.com/balletes/external_black

ちなみに、今年5月に更新したブログにて触れていたトレーニングメソッドの正体は、バレティスのことでした。私は昨年6月にバレティスを習い始め、バレティスの良さを多くの方に知ってほしいという思いと、JOTの健康づくりプログラムに取り入れたいというかねてからの思いから、今年7月にバレティストレーナーの資格を取得し、おかげさまでバレティスを導入させていただくという現在に至ります。

バレティスには様々な効果が期待されているトレーニングメソッドですが、JOTでバレティスを取り入れるにあたってのねらいの一つは、体幹を鍛えることによる姿勢改善です。なぜなら、良い姿勢を保つことは企業での面接のみならず、就職後にも良い印象を与えることに違いないからです。

実際にレッスンをおこなっての感想を伺ったところ、「肩回りがスッキリした」「楽しく取り組むことができた」「レッスンの次の日に、普段動かさない筋肉が痛くなり、バレティスが理にかなっていると実感した」などといった嬉しい言葉を頂きました。

また、レッスンの改善点として、「覚えきれないので一度での説明は少なくしてほしい」「集中の妨げになるのでレッスンで使用されるバレエ楽曲の音量は小さめにしてほしい」などといったご指摘も頂きました。このような率直な意見は、メンバーのみなさまにとって気持ちよくバレティスを受けていただくためにも不可欠な意見なので、ありがたく参考にさせていただき、回を追うごとに改善できるように努めています。これからのレッスンも受講されるみなさんにとって有益なものであるよう取り組んでいこうと思います!

スワンアーム
(↑10月29日におこなわれたレッスンの様子。バレティスのレッスンは、このスワンアームというワークで締めくくります。スワンアームでは肩甲骨の可動域を広げ、肩こりの改善や、二の腕のたるみの改善が期待されます。)

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

ブログ部長になって半年

皆さんこんにちは! メンバー1期生のKazuです。
ついこの間まで「もう秋か」と思っていたら冬がそこまでやってきています。最近一年が経つことが早いこと早いこと……

そして、先日のぞみさんとTAKEさんがご卒業なされましたexternal_red。大変おめでたいことであり、私も彼らの後に続くべく、就労に向けて改めて身の引き締まる思いです。

 

さて、話は大きく変わりますが、今回の私のブログのテーマは「ブログ部長になって半年」で参りたいと思います。どうぞ最後までお付き合い下さい。

 

私がブログ部長になったのがおよそ半年前の5月のことでしたスケジュール管理能力を強化したいとの思いで始めたこの訓練ですが、行ってみると、ものすごく大変でした!
特に大変だったことは、メンバーの皆さんの主体性プログラムの予定を狂わせないようなブログ原稿依頼のスケジュールを考えることでした。JOTサポート神戸のプログラムでも特に大きな比重を占める「主体性プログラムexternal_redは今週に大まかに何をするか、1週間分の予定を前の週に決めておきます。なので、突発的に他メンバーから何か依頼され予定が大きく狂ってしまうこともしばしばあります。そして、発達障害の特性external_blueとして突発的なスケジュール変更は苦手なことが多いのです。そのため、私がブログ部長になってからは原稿の締め切りはスケジュールに組み込みやすいよう依頼日から2週間後を基本としています。その2週間後の原稿の締め切りを最初に決めてから、逆算で依頼日、企画のチェック、企画の締め切りとスケジュールを遡りながら決めています。

大変なことも多いですがやはり嬉しいこともあります
先日、体験にいらっしゃった方に「ブログを見ました」とおっしゃって頂きました。そのとき初めて関係者以外の方の声を聞けて、
「こうして頑張っているのを、見てくれる人がちゃんといるんだ」
と嬉しくなりましたし、
「このことをメンバーの皆さんにお伝えしなきゃ」
と気が急きました。

 

これからもこのブログを読んで下さる方々の心に届くような記事を企画して参りたいと思います

そして、いつも素晴らしい原稿を書いて下さっているメンバーの皆様、スタッフの皆様、ありがとうございます。皆様のご協力のおかげでこのブログは成り立っております。今後ともよろしくお願い致します。

 

末筆ながら、今後も変わらぬご愛顧とご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

介護で使う漢字の勉強

こんにちは、ミチニスタ∞です。

私は、今、介護業界での就職を目指しています。
介護業界で働くうえで一般的な漢字は読めますが、
介護の現場で使われる特有の漢字を書くことが苦手と感じていました。

漢字が思い浮かばず携帯で検索して書いていましたけど読み書きが少しでもできるようになりたいと思い、まずは先日取得したレクリエーション介護士の教科書から私自身書けない漢字をリストアップしていきました。

最初はリストアップした漢字を何回も紙に書き続けました

今までろくに勉強をしたことがなかったので集中力がなく、すぐに頭が痛くなったりしました
そしてある程度、解らない漢字を見ながら漢字を書き続けて、次に読みがなを見ながら漢字の勉強をひたすら間違いがなくなるまで書き続けました。

その結果集中力も付き、漢字もほぼ完ぺきに覚えることが出来ました

私自身、覚えるのが苦手でしたが、覚えるまでひたすら書き続けことで、覚えることが出来ました。

努力して頑張ったら結果が出ることを知り、これからも頑張って行きたいと思います

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

資格インタビュー⑧

― どうも、皆さんこんにちは。今回インタビューを受けられるのは、いつもこのブログ運営を取り仕切ってくださっているブログ部長Kazuさんです。ですので今回のインタビュアーは私、スタッフ清水が担当させて頂きます。それでは、Kazuさん、よろしくお願いします!

― JOTサポート神戸に入所されてから取り組まれた、もしくは取り組んでいる資格の名称をお答えください。

甲種危険物取扱者3級知的財産管理技能士の取得に挑戦しました。現在、TOIEC 650点獲得を目指して勉強しています。

 

― 取得された2つは、いかにも難しそうな名称ですね((+_+)) その資格がどういったものかの概要をお教えください。

甲種危険物取扱者についてはガソリンスタンドなどの大量の可燃物など(危険物)を取扱う業者において必ず設置しなければならない国家資格、「危険物取扱者」の最上級資格で、要受験資格です。
3級知的財産管理技能士については著作権や特許権などの知的財産について基礎的で補助的な業務を行えることを証明した国家資格です。
TOEICとは、ビジネスシーンにおける英語能力を測る民間資格で10~990のスコアで能力を評価するものです。

 

― やっぱり難しい!尊敬します! では、その資格に興味をお持ちになった理由、受験しようと思った動機をお教えください。

甲種危険物取扱者については、大学の化学系学部を卒業したのに取得しないのはもったいないなと思ったからです。
3級知的財産管理技能士については、受験勉強を通じたスケジューリングの練習になると思ったからと、理工学系と知財は深い関係にあり、かつ弁理士はハードルが高すぎるので手ごろかなと思ったからです。
TOEICは「苦手ジャンルにも挑戦する訓練」の時期かなと思ったからです。

 

― なるほど。続いて、その資格についてどのくらいの期間勉強したか、またはしているかをお教えください。

甲種危険物取扱者は入所後約8ヶ月しました。また受験資格を得るための大学+大学院の6年別途勉強しました。3級知的財産管理技能士については、5ヶ月ほど勉強しました。TOEICについてはまだ1ヶ月程度です。

 

― 勉強方法はどのように・・・?。

甲種危険物取扱者と3級知的財産管理技能士はテキストを自分なりにノートへ書き写すことに大半の時間を使いました。最後の1ヶ月位は過去問、模試を繰り返して正答率を高めていきました。また、間違えた問題だけや苦手ジャンルをまとめたプリントを自作して対策しました

 

― うわぁ…「自作プリント」は感心致しました!努力されましたね。その資格について取り組んで、どのような感想をお持ちになりましたか?。

今までは自然法則を主として勉強してきましたが、「人の作った」法律を勉強するのは勝手がかなり違って、覚えるための取っ掛かりを探すのに苦労しました

 

― Kazuさんらしいご感想ですね(^_-)-☆ その資格以外にも興味のある資格、取り組んでみたい資格があればお教えください。

ITパスポートにも興味を惹かれました。

 

― 以上Kazuさんでした。ご協力ありがとうございました。とても難しい資格試験に挑まれ、見事に取得され、すごいなぁと心から感心致しております。JOTの「主体性プログラム」の時間をKazuさんは非常に有意義にご利用くださいましたね!それもスタッフとしては嬉しい限りです。ご協力ありがとうございました。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

資格インタビュー⑦

― どうも、皆さんこんにちは。今回インタビューを受けられるのはみるくさんです。それではお聞きしてみましょう。

― JOTサポート神戸に入所されてから取り組まれた、もしくは取り組んでいる資格の名称をお答えください。

調理師資格です。

 

― その資格がどういったものかの概要をお教えください。

食品の調理技術の合理的な発達を図り、国民の食生活の向上に資することを目的とするための日本独自の国家資格です。

 

― その資格に興味をお持ちになった理由、受験しようと思った動機をお教えください。

調理に興味を持って、いつかは調理系の仕事に就きたく、調理師資格をとろうと思いました。

 

― その資格についてどのくらいの期間勉強したか、またはしているかをお教えください。

5カ月ぐらいです。ただ、今はしんどくて取り組んではいません……

 

― その資格について、どのように勉強したか、またはしているかをお教えください。

問題集を使って勉強しました。

 

― その資格について取り組んでの感想をお教えください。

就職して落ち着いたらまた始めようと思います。

 

― 以上みるくさんでした。ご協力ありがとうございました。

― ここで、まだ、資格には取り組んでおられませんが、取り組んでみたい資格、興味のある資格がございますメンバーとその資格をご紹介したいと思います。

― まず、なつさんワープロ検定に挑戦してみたいそうです。
次にたんぽぽさん中小企業診断士社会福祉士にご興味があるそうです。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

中国語に対する意気込みと書いて、一気混みと書く。その心はいっぱいいっぱい。

1期生のMOGUです。今日は今私が勉強している中国語とのかかわりについて書きたいと思っています。
中国語を始めたきっかけをざっくりと説明すると、以前の仕事場で褒められることが多かったからです
勿論全ての発達障害者がなんて言わないが、発達障害だと自分も周りも気付かず生活していると叱責こそされても正直褒められることなんてとても少ない。特に社会人になってからは仕事で躓くことが多くて、毎日泣いて帰ってくることもありました。だけど偶然にも最初に勤めた会社の上司に薦められて習うようになった中国語が、いや中国語だけが発達障害だと気が付かず、生きづらさを感じながら仕事を続けていた私にとって中国語は私の心の支えでした。だからでしょうか、何度も転職しても中国語は止められなかったし、勉強どころではないほど精神状態がどん底に落ちていて中国語の単語をどんどん忘れていっていた時も私は中国語を止めようとはしませんでした
とは言え中国語の塾に習うのがやっとで、気がついたら私は自宅では全く勉強をすることが出来なくなっていました。JOTに入ってからもそれは変わりませんでした(JOTでは勉強ができるのでそれがむしろありがたかったです)。
皆が一生懸命勉強しているのを傍で見ながら、できない自分を情けないとしか思えませんでした。しかし、そんな私にもやっと転機が訪れます。

 

英語の勉強を始めた。
それは数か月前、私は唐突にアメリカンコミック(MARVEL)にハマったことでした。原書を読めるようになったら、とても素敵だろうなぁと思い、英語の勉強も始めたのです。すると中国語の勉強にも張りが出てきました

 

ながら勉強を始めた
またラジオ聞いたり、音楽を聞きながら、時にはテレビを見ながら、勉強するのを自分に許しました。意外や意外、これがとても効果的でした。あとで知ったことですが、東大生もこのやり方で勉強している人が多いそうです

 

同じ問題を何度も解く
ここで重要なのは採点をしてすぐもう一度同じ勉強をするということ
これはスタッフの内田さんに教えて貰った方法です。
私は今までそれはズルだと思っていて、やり直しはするにはするのですが答えを忘れた頃にやっていました。
そしてペケがついてばっかりの自分の解答用紙を見て絶望していました。当然答えの解説なんて読みません。
今思うとこれが私の勉強嫌いに拍車がかかりました。

 

自宅ではこうすることでやっと勉強ができるようになりました。
何とか上手くいっているように見えますが、それでも問題はあります。
調子が悪い時は30分もできないし、語学学習においては音読が大切なのですが苦手で、やれない日もあります。
何より夜中から勉強を始めて、夜ろくに寝れない日もあります。
それでも前より勉強を頑張れるようにはなりました。前の私だったら「これで十分、やった」って思うでしょう。だけど今の私はそれでは満足できない。やはり音読ができるようになりたいし、お恥ずかしながらそれが目標。特に夜ろくに寝ないで勉強頑張っても、採点してみるとぺケが多かったり、合格点超えていない時はとても落ち込みます。「ああ、自分何で生きてんだろう」とまでオーバーに落ち込んでしまう事も度々あります。
でもJOTの皆さんはそんな私に「よくやってる」と励ましてくれます。何気ないことだけどその何気ない一言を私が勉強の事を報告するたびに励ましてくれるので、投げ出したくなっても何とか頑張って勉強できています。勉強できなかった日の翌日も優しく励ましてくれるのでもう感謝しかありません。
うん、そんな状態だから意気込みなんて私には塵一つも持てないのだけれど、一つだけ言えるとしたらくじけずに頑張り続けたいということだけです。大変だけど、乗り越えていきたいです
以上moguからの報告これで勘弁・・・いや終わります!!!

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

🌸祝!就職第2号🌸

こんにちは!スタッフの清水です。
またもや嬉しいご報告、JOT2人目の就職者決定のお知らせです!

11月1日より、TAKEさんが神戸市内の大手ドキュメント関連企業に営業職・正社員として入社されました心からおめでとうございます

TAKEさんの就職は通常ルートとは異なる形で成就した、言わば≪JOTオーダーメイド就職≫でありました。

では、どういった点がオーダーメイドだったか?をここにご紹介したいと思います。

●まずTAKEさんから「来月10月に誕生日を迎えるので、それまでに何が何でも就職を決めたい」という希望をいただいたのが発端です。

「笑顔でお誕生日を迎えていただきたい」スタッフは熱い想いを持って“チームTAKE”を結成。単にお誕生日期限だけではなく、かねてからTAKEさんの希望であった「車の運転を伴わない営業職、しかも正社員」という条件もプレゼントしたい!と燃えました。

●ところが現実は甘くない・・・
営業職として立派なキャリアをお持ちのTAKEさんですが、ハローワークはもちろん様々な求人情報にも、なかなか条件に見合うものは見つけられませんでした。

●でもスタッフはあきらめませんでした。独自のリストを作成し、粘り強く1社ずつ、丁寧に電話をかけ続けました

●そうして、まだ非公開の求人情報に運よく出逢えたのです。スタッフの努力が実った瞬間でした。

●そして、とんとん拍子に話が進み・・・
なんと面接日が「10月■日」——— TAKEさんのお誕生日でした!
さらには(TAKEさんの希望通りの)「車の運転が不要な敷地内営業職」であることも明確となり・・・・当初“チームTAKE”スタッフが目標と掲げた3点①お誕生日期限②正社員③(運転不要の)営業職、全て達成することができたのです。(←手前みそでスミマセン!)

今回のTAKEさんの就職をふりかえって思うこと。
それは≪NEVER GIVE UP ~決してあきらめない~≫の大切さ。
それともう一つは・・・・やっぱり≪縁≫というものが就職には関与するのだなあ…という感慨深さです
スタッフ一同、非常に貴重な経験をさせていただきました!
TAKEさん、ありがとうございました。今後のご活躍をお祈り申し上げます。
離職して3年のブランクがあり、「働いていけるのか」というご不安があられることでしょう・・・
ですが、しっかりと定着支援で寄り添います。
どうぞご安心下さい☆

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

資格インタビュー⑥

― どうも、皆さんこんにちは。今回インタビューを受けられるのはミチニスタ∞さんです。それではお聞きしてみましょう。

― JOTサポート神戸に入所されてから取り組まれた、もしくは取り組んでいる資格の名称をお答えください。

レクリエーション介護士です。

 

― その資格がどういったものかの概要をお教えください。

高齢者の増加に伴い、高齢者の心と身体の状態に対応した様々なタイプの介護事業所や施設で、高齢者が笑顔で楽しくなる日々を過ごせるためのイベントや体操、ゲームなどを行います。

 

― その資格に興味をお持ちになった理由、受験しようと思った動機をお教えください。

何か、社会に私自身、考えた時に、元々おばあちゃんに育てられたこともあってお年寄りに何か貢献できないかと思い介護職に就きたいと思い介護の資格に興味を持ちました。

 

― その資格についてどのくらいの期間勉強したか、またはしているかをお教えください。

4ヶ月ぐらい勉強しました。

 

― その資格について、どのように勉強したか、またはしているかをお教えください。

まず、講座の本を1冊ゆっくり読み、終わると添削課題を繰り返し行いました

 

― その資格について取り組んでの感想をお教えください。

今までろくに勉強しなかったので、自分の頭の容量がパンクしました 。(^^;)

 

―その資格以外にも興味のある資格、取り組んでみたい資格があればお教えください。

初任者研修の資格を取ろうと思っています。

 

― 以上ミチニスタ∞さんでした。ご協力ありがとうございました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

初めての企業実習!!

こんにちは。メンバー1期生のたんぽぽです。

今回は私の初の企業実習について書かせていただきます。
7月の中旬に私はとある放課後等デイサービスに4日間の企業実習に行ってまいりました。
放課後等デイサービスとは、障害(今回は行ったところは主に発達障害のお子さんが多いところです。)を持つ子ども向けの学童保育のようなものです。
なぜ、そこを実習先として選んだのかと言いますと、
・私自身発達障害の当事者として興味があり、さしでがましいと思いつつも自分の当事者としての経験が活かせるかもしれないということと、
・就職するまでに様々な人たち接し、様々な経験をすることが、対人関係に苦手意識を持ち、社会経験の少なさに自信の無い自分に必要だと思ったからです。

この実習では、子ども達の見守りと遊び相手をはじめ、教室の準備、定例会議への参加など、様々なことを体験させていただきました。特に子ども達の見守りや遊び相手について、私自身苦手意識を持っており、どう接すれば正解なのかわからず、とても気疲れしてしまいました。ですが、後に実習先の担当者様から、今日は自分が来ていないのかと、(その日の実習は定例会議の参加だけでした。)訪ねてきたお子さんがいたと教えていただき、自分の不器用な接し方でも、楽しんでくれた子がいることを知りとても嬉しかったです。また、実習先の方々に私の当事者としての話を聞いて頂ける機会があったこともとても良かったです。

実習の振り返りでは、担当者様から、
・自分からコミュニケーションをとり、業務には丁寧にしっかりと取り組んでいた
・会議では色々な案を出してくれたので、今後、自分のやりたいと思える事を色々経験すると良いと思う
というお言葉をいただいた一方で、
・緊張もあったかもしれないが、もう少し元気よく自信を持って良いと思う。
・当事者として子どもたちに関われることは強みであると思うが、子どもたちの元気に対して気力が持つか心配。
というお言葉をいただき、基本的なことはできているものの、もう少し自信と元気を持って、様々な人と関われるようになりたいなと思いました

今回の実習での経験を糧にして、今後もこれまでの自分自身の経験を活かしつつも、新たに様々な人と関わることと、これまで経験したことの無いことにもチャレンジしていきたいと思いました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com