在宅訓練がスタートしました

こんにちは。
管理スタッフの清水です☆

今日は4月29日、祝日です。
外は快晴、陽射しは温か、心地よい春風が吹いています。
JOTメンバーの皆さんはいかがお過ごしでしょうか。(今は午前11時、在宅訓練の真っ最中ですね^-^*)

本来なら今日はJOT外出プログラムで、“神戸布引ハーブ園”に皆で出掛けるはずでした。
3月中旬頃、スタッフmtgでこの予定を立てた当時の私はまだ「屋外なら大丈夫でしょう」といった楽観的な予測をしていたわけですね。しかし、そんな予測など吹き飛ばす勢いで、その後一気に新型コロナウィルスの感染は拡大し、緊急事態宣言、外出自粛、3密禁止、休業要請、人との接触8割削減・・・と社会状況が急激に変化していきました。(ちなみに布引ハーブ園も5/31まで休園とのことです)

当初は「福祉サービス事業所は利用者の方のために休業せず続行」ということを市から求められていましたが、厚生労働省から「就労移行制度における在宅訓練を認める」という驚きの(!)事務連絡が届いたのは4月半ばのこと。

事態の深刻さに身の引き締まる想いで、早速JOTでも「人命第一」の事業所方針を確立し、それに基づき対応策を次々に打ち立てていきました。
宣言前からのものも加えるとざっと以下の通り・・・
・昼食時は個別、1時間に1回の換気と手指の消毒の徹底
・着席は2メートル間隔
・ヨガ、金融講座など外部講師を招くプログラムは全て中止
・人の密度を減らすために午前・午後の半日2シフト制を導入
・通所することへの不安が強いメンバーさんには早い段階から通所を控えて頂く
・そして最終的には「全員在宅訓練」(スタッフも在宅業務)に

・・・いずれも事業所として初めての試行ばかりでした。

急な変更に対する不安やストレスの強い方、臨機応変が苦手な方は毎日とてもしんどかったことでしょう。
決まっていた介護業界への就職が延期になっているメンバーもおられます。(なのに「自分が凹んだら皆に悪影響だから」と毎日事業所を盛り上げてくれて(涙)尊敬の一語に尽きます)
始まったばかりの企業実習が中断になった方。
故郷で心を整えて、「さあ!これから!」とようやくJOTに復帰して下さった方。
4月1日にご入所されたばかりの方。
お一人お一人の心情を思うと、本当に申し訳なく、気の毒で仕方ありません。
にもかかわらず、メンバーの皆さんは常に冷静に、そして協力的にご対応くださいましたね。
プログラムの変更や、さまざまな対策を粛々と受け入れて下さいました。
素晴らしいメンバーの皆さんに恵まれて、JOTは本当に幸運な事業所です。
改めて心から感謝申し上げます。
全訓練生の皆さん、ありがとうございました。

また、この場をお借りしてスタッフにも感謝を伝えたいです。
目まぐるしく変わる状況の中、在宅訓練を可能な限り有意義なものにしたいという私の“欲張り“に、多くのアイデアと知識を与えてくださいました。
「PC訓練」をベースに、「自分自身と向き合う時間」を作りたい、更には閉塞感や孤独感から解放されるような「和みの時間」「身体を動かす時間」も欲しい、というリクエストに完璧に応えてくれました。
脱帽です。
有能で、ハートが温かくて、面白くて、それぞれ個性豊かで、最強のスタッフです。
チームとして皆さんと一緒に働けることを誇りに思います。
ありがとうございました。
(毎朝、クスっと笑えるオリジナル動画が届く事業所なんて・・・まず他にないでしょう!)

本格的な全員在宅訓練が始まって今日で3日目。
緊急事態宣言の解除まで、まだ当分は在宅の日々が続きそうです。

当たり前のように思っていた日常が遠く感じられるかもしれませんが、
その“当たり前”を1日でも早く取り戻すために、もうしばらく一緒に頑張りましょう!

 

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

はじめましてのブログ

はじめまして。12月に入所したかえでと申します。
私は他の方とちょっと違い、他の就労移行支援を利用していた経緯があります。
そこでは継続に至らず、その後自分で働き口を探し半年程就労していましたが、やはり今の自分の力で働き続けるのは不可能だと思い、藁にも縋る思いでJOTの見学に行きました。
今思えば前の事業所はドライな雰囲気やプログラムに興味が持てない、ギチギチの朝終礼等、どこかやらされている感があって通いづらさがあったと思います。

JOTに行って驚いたのは利用者さんとスタッフさんと双方の温かい雰囲気と距離感でした。
すごく礼儀正しく挨拶してもらえ、おっかなびっくり迎え入れてもらえた嬉しさは忘れません。
当初は何か所か見学に行く予定だったのですが、気が付いたら体験の申し込みをしていました。

入所して暫くは通所が安定せず、酷い問題児でご迷惑をおかけしました。
自分でもどうしていいのか分らず、悔しくて毎日泣いていた日もありました。
しかしそれは長年の職業病と対人関係によって、偽りの自分を作ることばかりが上手くなった結果であり、清水さんから見積もりが甘い、社会はもっと厳しいと檄を頂き本来の自分を変えて勝負できるようにならないと!と覚悟を決めてからは自然と前向きになり、自分が少しずつ変わっていっている気がします。やりたいと思ったことにやりたい!と手を挙げることもできるようになりました。
JOTも「行かなくちゃ」から「行きたい」の場所に変わりました。

自身の病気については、発症が思春期で慢性の鬱(気分変調症)として長年付き合ってきたのですが、最近双極性障害Ⅱ型と診断されました。
複雑な気持ちはもちろんありますが、不眠症は相変わらずなのであまり悲観的ではなく私が増えたり減ったりするものではないので、負けず嫌いの性格を利用しながらJOTで疾病理解、自身の傾向や成長、様々なものを観察していこうと思います。

昨今はコロナウィルスで話題が持ち切りでJOTも在宅訓練になることになりましたが、私は一足先に在宅訓練を行っており、この記事も自宅で作成しました。
家に居ると猫くらいしか話し相手がおらず、自分でできることはやっていても気が滅入りがちなので1日も早く今の事態が緩和されることを願うばかりです。

(20代・女性)

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

はじめましてのブログ

こんにちは。はじめまして。
1月に入所した、てぃんとです。

私には適応障害やいくつかの障害、症状があります。

子供の頃から自分の全てが嫌で、常に透明人間になりたいと思っていました。
大人になってから診断をもらって、なんだか今、人生の答え合わせをしている気分です。

JOTに来ることができたのは、不思議なご縁とタイミングのおかげです。

仕事を辞めて引きこもっていた時、カウンセラーさんからこちらをすすめていただきました。
いつもの私なら、自分から新たな環境に飛び込むなんて、そんな怖いことはできません。
しかし当時は、身を置いていた環境の影響もあり、心身ともにボロボロで気が変になりそうな状態でした。
「もう、誰でもいいから助けてください。」と観念したことが、自分の背中を押しました。

そして施設長の清水さんが、私が通っているクリニックと不思議な繋がりがあったことも、一歩踏み出すことができた大きな理由でした。

私がJOTに通い始めて驚いたことがあります。

①メンバーの皆さんの優しさと強さ

まるで大切な家族を応援するように、あたたかく接してくださいます。単なる見せかけではない優しさに触れるのは、随分久しぶりで戸惑いました。
そして、日々ひたむきに、つまずいても諦めずに、自分で決めたことに取り組む姿はとてもカッコ良くて、今、私には無いものです。とても衝撃的でした。


②スタッフの方々の温度

私は在職中、温度のある仕事がしたいと思っていました。

温度とはその人らしさ、人間味、飾らない心の顔のようなものといいましょうか。
ギブアンドテイクを超えた心と心のやり取りを、お客様やスタッフ同士で行うことが目標でした。
JOTのスタッフさんのお仕事の仕方は、私の理想にとても近いです。
大きなお手本のすぐ近くで勉強できるのは、ラッキーですね。

 

まだまだ私には、課題が山積みです。
就労以前に、自分自身と向き合うことからのスタートです。
けれど取り組む課題があること、それをサポートしてくれる伸び伸びとした環境があることは、自分を磨けるものすごいチャンスだと思っています。

こんな風に、少しだけ前向きに考えられるようになったのは、私にとっては大きな変化です。

これから、ひとつずつできることを増やして、就労に向けて力をつけていきたいと思っています。

読んでくださってありがとうございました。

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

☆JOTに入所に至るまで☆

初めましてJOT訓練生のひーちゃんです。

今年1月からの新人です。ここに来るまで、私は、対人恐怖症や、聴覚過敏症混合性不安障害等の障害があり、家から一歩も外に出ず、カーテンも開けられないほどに引きこもっていました。そんな時、若者しごと俱楽部という就職カウンセリングがあるという事を新聞広告で知り、何回か、外に出るきっかけとして、そのカウンセリングに予約をして、行くことにしました。

最初から優しく話を聴いて下さったのがとても嬉しく、私は号泣してました。
そこで、このJOTサポート神戸を紹介して頂き、ほかにもいくつかの事業所を紹介されたのですが、ここはとても広くて、優しいスタッフさんや、メンバーさんからJOTのイメージカラーでもある黄色いお花訓練生の方から頂いたのがとても印象的でした。

そして、家に引きこもっているよりも体験して、生活習慣を整えるためにも体験に行くことを決めました。アロマセラピー ドラマセラピーといった体験を重ね、今年1月に入所となりました。

最初面接したときや、自己紹介で前に出て話すと毎回のように泣いてしまう事も多かったのですが、体験を重ねるうちにだんだんと慣れて、生活習慣も整い、体調もとてもよくなりました。親からも、顔色が良くなったと言われるほどになりました。人とのコミュニケーションの取り方も、丁寧に教えてもらえるので、本当にとても勉強になります。

JOTサポート神戸で私が取り組んでいる事

私は、他のメンバーの方のように、就職したい気持ちはあるものの、まだ、具体的に、何がしたいのか、何が出来るのか判らない状態ですので、今は、今後の就職の為になんとか役に立つであろうWordやExcelの練習をしています。また、なにが出来るのか、しっかりと自己分析をして、自分に合う仕事を見つけて、働くことが目標です。

JOTサポート神戸に来られて、素敵なスタッフと訓練生の皆様に出会えてよかったです。これからも就職に向けて頑張って行きたいと思います。

(女性)

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com