疾病理解というプログラムについて

こんにちは。メンバー1期生のたんぽぽです。

JOTサポート神戸のプログラムには「疾病理解」というプログラムがあります。
これは主に水曜日に行われている「インフォメーション」の時間を使って実施されるのですが、どういうものかと言いますと、Jサポの訓練生が、様々な障害や疾患を抱えている当事者として、自身の障害や疾病について、それがどのようなものであるか、そして本人の体験談を、他の訓練生にお話(プレゼン)するというプログラムです。ちなみにプログラムは訓練生が必ずやらなければいけないというわけではなく、訓練生の有志によって不定期に行われます

今までどのような内容の疾病理解が行われてきたかといいますと、うつ病、双極性障害、依存症、発達障害、高次脳機能障害といった、様々な障害や疾患について訓練生の方々が貴重なお話をして下さいました。また、これまでに皆さまが作ってくださった疾病理解の資料はファイリングをして、貴重な資料として事業所の本棚に置いてあります。

そして、私も発達障害の当事者として、数回にわたり疾病理解で皆さまに自身の障害についてお話をさせていただく時間をいただいております
私も自分なりに発達障害について勉強してきた知識や、新たに調べたりしたこと、そして自分の体験について思い起こし、資料としてまとめていっているのですが、言葉ひとつをとっても、「これで正しいのだろうか」、「これでうまく伝わるのだろうか」という葛藤や不安が常に付きまといます
ですが、皆様に読んでいただくということ、そして資料を作る事を通して自分自身を再度俯瞰するという、とても貴重な機会をいただいているという思いで取り組ませていただいています

私の疾病理解もこれまでの訓練生の方々の疾病理解のように少しでも皆様のお役に立てるものなれればなぁという思いで取り組ませていただいております。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

卒業、そして就職

皆さんこんにちは。メンバー1期生のKazuです。
最近、夏が近づき汗ばむ日が増えてきましたね。読者の皆様も体調には十分気をつけてお過ごし下さい。

さて、今回のブログですがタイトルにもあります通り、この度わたくしKazuは就職が決まりました。そして、5月末をもってJOTサポート神戸を卒業します。入所から1年11ヶ月間、スタッフさんやメンバーの皆さんには「ありがとう」という言葉だけでは足りないほど、感謝してもしきれません。

今回の記事はこれまでの私の訓練の足跡を振り返ってみたいと思います。私の最後の記事、どうか最後までお付き合いいただければ幸いです。

就労移行支援事業所でした訓練

就労移行支援事業所であるJOTサポート神戸に通い私がしてきたことは、以下の7つに分けられます。

  • 生活リズム調整
  • 自己肯定感の回復
  • 発達障害についておよび自己についての理解
  • コミュニケーション能力の向上
  • アンガーマネージメント
  • 業務遂行能力の向上
  • 就労に向けた企業実習・就職活動

特に私が力を入れていた訓練は発達障害についておよび自己についての理解アンガーマネージメント」、コミュニケーション能力の向上の3つです。

発達障害についておよび自己についての理解

入所当時の私は、自分ことはおろか発達障害についての一般的な知識external_blueも不足している状態でした。ですが、そんな私と一生懸命に向き合って下さったスタッフさんや、自分トリセツの作成を通してこの2年で自分のことを知り、好きになっていったのです。そして、ここで得たことが就労する上で心強い味方となって私の支えとなりました

自分の良いところも悪いところも受け止めてくれる。そして、一緒にその先へ歩みを進めてくれる。そんな雰囲気を作って下さっていた、スタッフさんと先に入所されていた1期生の方々には本当に感謝しています。

アンガーマネージメント

昨年の10月にも書かせていただきましたが、私は感情のコントロールが不得手な部分があり、特に「怒」の感情との付き合い方を訓練していました。そして今年の3月からは特に力を入れてアンガーマネ-ジメントに、自分のイヤな部分とも向き合うようになりました
まだまだ未熟ですが、スタッフさんには「少しずつ変わり始めている」という評価を頂いています。ですがおそらく、就労移行支援事業所を卒業しても自分で続けていく必要があるかな、とも思います。「怒」との付き合い方は、私のライフワークになりそうです。(笑)

コミュニケーション能力の向上

自閉症スペクトラムexternal_blackの私にとってコミュニケーション能力の訓練は継続した就労に必要なものでした。JOTサポート神戸では月に1回ずつ、SSTとACTの2本立てでコミュニケーションの訓練が行われますexternal_red
ですが、私にとってはJOTで過ごす日常のあらゆる場面がコミュニケーション能力の訓練になりました。日常の何気ない言葉や振る舞いの一つ一つが他の人を喜ばせたり、楽しませたり、逆に悲しませたり、怒らせたりと様々でした。そして、上手くいったこと、いかなかったことを一つ一つスタッフさんとメンバーの皆さんと分かち合い、乗り越えながら自分のものにしていきました。皆さん、こんな私と共に過ごしていただきありがとうございます。

最後に……

就労移行支援事業所のあらゆるプログラムにおいて、訓練する上で必要なのはテクニックでも何でもなく、JOTの大事なプログラムである「主体性プログラムexternal_black」のように自分が主体的になって行うという意思が大事なのではないかと思います

JOTサポート神戸で過ごした2年は、私にとってかけがえのない宝物となりました。これからは、一社会人としてまだよちよち歩きですが、JOTで学んだことを支えに一歩ずつ歩みを進めていきたいと思います。

JOTを卒業するにあたって、こんな私でしたが見守ってくださったスタッフの皆様、共に訓練に励んだメンバーの皆様、今まで本当にありがとうございました。

そして、私がここまで変われたことも、思えば勇気を出してかけた1本の電話が全ての始まりでした。この記事を読んでくださった皆様に、
「ほんの少しの勇気で人生は変わる。人は変われる」
これだけはお伝えしたいと思います。

 

最後に応援してくださった皆様、ありがとうございました。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

企業実習に行ってきました!

こんにちは、メンバー2期生のみるくです。
久しぶりのブログですが、皆様その後のお体の方はお変わりないですか?
さて、今回のテーマが「企業実習に行きました」です。

私は今年に入って2回企業実習external_blackに行かせていただきました。
まず、1か所目はスーパーの野菜売り場のバックヤードでした。私自身こういったスーパーでの仕事体験は初めてだったので、最初緊張していてうまくできるか不安だったのですが、担当の方が優しく指導して下さったお陰で大きな失敗もなく実習をすることができました
バックヤードで袋に野菜を詰めたり、その詰めた野菜などを品出しをしたりもしました。 品出しをしてる最中お客様に商品の場所を聞かれたので、そこまで案内したら「ありがとう」と言われてそれがとても嬉しかったです。
同じ売り場にいる先輩方に「一つの作業本当早いね」という風に言っていただいたので、その言葉のお陰で自信が付きました

 

そして、2カ所目はグループホームに行かせていただきました。1回目よりは不安などの大きな緊張もなく逆にいい緊張感をもって実習することができました。グループホームの実習では主に掃除がメインだったのですが、利用者さんとのコミュニケーションもあって、利用者さんとお話をしたり、トランプやカルタなど一緒に遊んで楽しい時間を過ごすことができました。利用者さんとのコミュニケーションでは特定の方としかお話することができなかったのですが、ゲームなどをやってる際笑いながら楽しくゲームをやってるおばあちゃんをみて、見てるこっちまでもが楽しくなってきて、笑顔もとても素敵でそれを見るだけで「よし、頑張ろう」と思いました

 

この2カ所の実習先の担当者様からお褒めの評価をいただきすごく嬉しく、またもっとこうした方がいいという指摘もくださったのでそれを今後に活かしていきたいと思いました

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

JOTフォトコンテストを開催しました

みなさま、こんにちは!スタッフの豊田です。

最大10連休となった方もいらっしゃるGWが過ぎ去りましたが、いかがお過ごしだったでしょうか。JOTサポート神戸は、お知らせのブログでご紹介した通りexternal_black、連休中の期間は午前のみ開所しており、メンバーのみなさんにも通所していただきました。

さて連休中のプログラムですが、レクリエーション的な要素を取り入れたお楽しみプログラムの日も設けており、普段とはひと味違ったプログラムを開催する日もありました。その中の一つが「JOTフォトコンテスト」です。実はこちらのコンテストは、昨年のGWに第1回が開催され、今回が2回目となります。

今回は「ときめきの1枚」をテーマに、事前にメンバーさんから作品を募集し、コンテスト当日に作品の発表をおこないました。個性や思い入れあふれる40枚の投稿作品より、メンバーさん・スタッフの投票で選出された最優秀作品と優秀作品をご紹介します。

最優秀作品:『ルミナリエの初日』

 

 

平成最後のお正月の朝

優秀作品:『平成最後のお正月の朝』

 

 

youichi

私、豊田は、“Jサポ陽一”に扮してコンテストの司会進行を務め、メンバーさんから頂いた写真を1枚1枚紹介し、投稿したメンバーさんからの作品への思い入れも聞きながら、楽しい時間を共有しました。

このようなお楽しみプログラムの時間を通じて、メンバーさんの新たな一面が見られる楽しみもあります。JOTサポート神戸では、就労に向けたプログラムだけでなく、自己表現の場を設けたりすることやメンバーさんたちの相互交流、ココロとカラダをリフレッシュする時間といったものも大切にしている事業所です

*************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

介護士初任者研修に一発合格!

こんにちは、2期生のMegです。
この度、介護士初任者研修に一発合格しました(^^)/

去年の11月10日から週1(毎週土曜日)約半年間学校に通いました。
普段はJOTに通いながら、自分の障害特性もある中で週1とはいえ体力的にも精神的にも通いきからすごく不安でした

そんな不安の中、初めての登校で講師の先生の介護への熱い思いや、人としてすごく寛大な心を持たれてる方だと感じ、障害のことは隠して学校に通おうかと考えていましたが、きっと先生ならわかってくれると思い、その日に自分の障害の話、不安に思ってることを全部話しました、先生は最後まで話をしっかり聞いてくれて「大丈夫よ」と強く手を握って下さいました。JOT以外に理解してくれる場所があるんだと、すごく嬉しくて安心できて、涙が出ました。先生となら頑張れると思いました

授業は座学と実技でしたが、私は発達障害external_blueの特性で聞いたことを覚えておくことが苦手で、授業内容は先生の体験だったり、感じたことだったり、教科書にはない大事なことだったりで、どれも忘れてしまいたくないことだらけだったので、先生の言葉を聞きながらメモすることがとても大変でした。後半の実技は、ちょうど双極性障害の鬱期に入ってしまい、立つこともしんどい状況で、でも学校でしんどい顔をしたら皆に心配かけてしまうと、しんどいのを隠して何とかやり過ごしました。それがとてもしんどかったです。

最後の筆記テストも絶対一発合格してやる!と思っていたので、鬱期で集中力が低下していましたが、教科書を何度も何度も読み返して、テスト当日も朝の5時に起きて振り返りをしました。その結果、満点で合格することが出来ました

テストに合格したことも嬉しかったのですが、なにより先生が、これまでの頑張りを、全部気づいて下さってて、よく頑張りました!と抱きしめてくれたことが、本当に嬉しかったです。やり遂げられたことの達成感、やればできるという自信が付きました

勇気出して介護の学校にいって本当に良かったです。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

はじめましてのごあいさつ

はじめまして。JOTサポート神戸、新スタッフの岩元昭人と申します。

4月1日より入社し、プログラムではキャリア形成external_blackアサーションexternal_blackなどを主に担当させて頂いております。

まず私がJOTサポート神戸を志望した理由と致しましては
「自分の健康を自分でコントロールできる、自分の人生に対して自ら選択し、自ら責任を取れる、そして、自分の幸せを自分の心で決められる。」
この一文に大変共感し、惹かれたからです。

これは簡単なようでとても難しい事だと思います。
しかしこれを行えるようになる事が「自分らしく生きる」という道に近づく第一歩であると私は考えております。

面接の際に、利用されているメンバーの方々と初めてお会いした際に出迎えて頂いたのですが、その明るさと朗らかな雰囲気にメンバーの方々の「自分らしさ」を感じました。
もし「やれ」と言われて納得せずに仕方なくやっているのあれば、あの朗らかな雰囲気は絶対に出せないと思いました。
お一人お一人が「自分で」必要性を感じて行っているからこそ、あのような気持ちの良い笑顔で素敵な雰囲気作りが出来るのではないかとその時に実感致しました。
そんな事業所で何か自分もお手伝いがしたいと思い、入社を決めました。

まだまだ未熟な点ばかりではございますが、プログラムなどを通して少しでも訓練に来て下さる皆様が一歩でも就労も含めた、自立へと近づいていけるよう努力していく次第でございますので、何卒よろしくお願い致します。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

 

アロマセラピー~私の好きな精油~

皆さんこんにちは! メンバー1期生のKazuです。
新年度から1月経ちましたがいかがお過ごしでしょうか。元号も平成から令和に移りましたが、私は就労に向けた大詰めに向かおうとしております。

さて、今回の私のブログのテーマは「私の好きな精油」で進めて参りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

JOTサポート神戸では就労後、長く働き続けるためのストレスマネージメントの一環として、アロマセラピーexternal_redをプログラムに取り入れています。事業所には20種類程度の精油を常備し、メンバーの皆さんでそれぞれアロマオイルを用いたハンドマッサージを学んだり、ディフューザーで芳香浴をしながら訓練を受けたりと日々精油に親しむ生活を送っています。

そんな精油の中で私が1番好きなのは「スイートオレンジ」です。この精油は名前の通りオレンジの甘く、それでいて柑橘類のさわやかな香りが特徴的です。スイートオレンジの香りは嗅ぐと疲れたときには心をリラックスさせるように私は感じます。しかし、反対に1日の活力が必要なときにはその支えになってくれるようにも感じます。攻守両面で万能な感じもスイートオレンジの魅力の1つだと私は思います。
複数の精油をブレンドして用いる際にも、スイートオレンジはどの精油ともケンカせずにお互いの良さを引き出してくれるように思えます。なので、私が精油を選ぶ際にはついついスイートオレンジばかり選んでしまいます。夏には扇子にスイートオレンジの精油を1滴つけて香りを楽しみながら涼を得るといった使い方もしています。

心と体に深く働きかけてくれる精油。皆さんはどんな香りが好きですか?

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です

☆info@jot-support.com

介護初任者研修に合格しました

こんにちは。メンバー2期生のミチニスタ∞です。

今回、介護初任者研修に合格しました。通いはじめたのは去年の11月10日から週1回土曜日に通っていました。通いはじめるまでは授業について行けるか不安でした。
特性external_blackで聞きながらノートを書くのが出来なくてついて行けるかと思っていましたが講師の先生がとてもいい先生で、この先生なら私が持っている障害を理解してくれると思い勇気を出して打ち明けました。打ち明けると講師の先生はとてもやさしく「大丈夫ですよと何か困ったことがあったら言うて下さい」と言ってくれたので安心しました。また今の介護業界を変えたいと熱意を感じました。

授業が始まり講師の先生の言っていることを聞き逃さないように必死で聞いていましたがやはりところどころ聞き逃すところはありましたが先生の話は楽しく集中力のない私でも集中できました。また、授業の始まる前に先生から、毎回名前を呼んだ後に「今日の体調は絶好調?」と聞かれ、「絶好調」と答えるとしんどくても不思議と気持ちが上がりました
座学は教科書には載ってない介護現場での先生の体験談を聞いて介護の仕事のイメージは、180度変わりました。介護の勉強をする前の介護に対する私のイメージはきつくてしんどくて、給料が安いイメージでした。でも先生の介護に対するあり方やこれからの介護業界に対する思いを心と身体に感じました。

また実技の方でも頭がついて行くか不安でしたが、実技で分からないところがあれば理解するまで何回も教えてくれました

また、利用者さんの気持ちになって身体で体験したことで体がうまく自由に動かなかったり今までできていたことが出来なかったり利用者さんの気持ちが分かりました。 これからは利用者さんの気持ちをもってお互いにとって最適な距離感を理解して利用者さんの安心に繋がり、信頼関係を築きながら配慮していきたいと思います

実技が終わり、先生から出題範囲の要点を聞いたのですが、私自身まともに試験勉強をしたことがなく、教科書を見て読むだけでは覚えられなくノートに出るだろうと思うところを書いていたが合っているかどうか不安にはなりましたが「気持ちはその日に合格する」と言う気持ちではいました。そして、当日の試験では無事に合格することが出来ました

介護初任者研修の資格が取れて就職に一歩近づいたと思います。
介護の学校で学んだことを生かしていきたいと思います

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

入所から1年~自分と向き合ってます~

こんにちは!2期生のMegです。
4月2日でJOTにきて1年が経ちました。

去年は入所して次の日がJOTのお花見でしたが、誰とも上手く話せず、桜を見ても奇麗だなんて思えなかったのに、今年のJOTのお花見は、すごく楽しくて、桜もすごく奇麗に見えました。この1年で少しずつでも変われたのかなと実感しました

入所して半年間は、自分の障害に向き合うことも出来ず、気分の波にのみ込まれてほとんどJOTに通うことが出来ませんでしたが、去年の11月頃から軽い躁だったかもしれませんが、自分の障害に向き合うと決めて、毎日自分の体調、睡眠、気分の波を日記に付けることを始めました。すると少しずつですが、自分のことがわかるようになってきました。以前は病院も予約日が来たから行く程度でしたが、頑張ると決めてからは先生に、自分から質問するようになったり、薬の調整をお願いしたり、自発的に話せるようになりました。先生も以前との変わりように、すごく喜んでくれるようになりました

双極性障害は一生治ることはありませんが、いつかこの気分の波を乗りこなして、上手に付き合いながら生きていけるのではと、希望も生まれてきました

それでも時々鬱の波にのみ込まれて、支援の方の前で「やっぱり出来ない」と悔しくて泣いてしまうこともありますが、「Megさんなら出来る!」といつも励まして頂いて、また頑張ろうと少しずつまた障害に向き合う、1歩進んで1歩下がって、また1歩進んで、時々2歩進めてと全然進めてなくて時間のかかる作業ですが、それでも諦めずに、進んで行きたいです。いつか障害のことを笑って話せるようになりたいです

1人だったらこんな風に思えなかったと思います、JOTに来て本当に救われたと思います。感謝しかありません。たくさんの支援ありがとうございます
あと残りの1年も少しずつですが頑張って行きたいです。

 

神戸で新しい就労移行支援所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

私の好きな精油~ラベンダー~

こんにちは。2期生のなつです。暖かくなり、お花がきれいな季節になってきましたね。お花といえば、香りですが…
みなさんはお好きな香りはありますか? 今回のテーマは好きな精油についてお話しようと思います。私の好きな精油はラベンダーです。

ラベンダーの香りをかぐととても落ち着きます。不安なときや緊張するときなどに、ハンカチやティッシュに一滴垂らすだけで、心がリラックスするような感じがします。ラベンダーの香りをかぐと、ぐっすり眠れるような感じがあるので、私にとってはかかせない精油です。外出先で精油を使用するときには、ハンカチなどに数滴垂らして持ち歩くようにしています。家の中ではアロマディフューザーを使っています。

JOTのプログラムでアロマセラピーexternal_redという時間があります。そこで、精油とオイルを使ってマッサージをするのですが、そこでもラベンダーを選ぶことが多いです。JOTで使っているパソコンの名前もラベンダーを選びました。

私の生活の中で精油の香りは大切なものです

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com