事業所生活を振り返って…

こんにちは、メンバー二期のJOEです。

卒業します、と言ったのに何でまだ書いてんだコイツ、と思われる方もいらっしゃるでしょう。このブログは、卒業する直前に今現在就職に向けて頑張っているメンバーどういった道に進めばいいのか悩んでいるメンバー様々な悩みを抱えていらっしゃる方に向けて送りたいと思います。

私がこの事業所にお世話になったのは去年の1月4日、初出勤から初詣に参加するというドキドキの状況でした。皆さんの顔と名前も一致していない状況で緊張していたのを覚えています。
その当時、私は「半年以内に社員で就職する」とスタッフの方に宣言して頑なに曲げませんでした。そんな私が今回就職を決めたのは入所して約1年8か月後にアルバイト採用…当初の宣言から比べるとかなり遅れているように感じます。
しかし、この1年8か月は長かったとは思いますが、決して無駄ではなかったと思います。なぜなら、当初の私は就職がゴールのように感じており、“働き続けるためには…”ということを全く考えておらずに焦っていました。「やってみなければ分からない」「離職を繰り返す原因は毎回違うし…」と、思っていたのが正直な気持ちです。

けれど、事業所に通いスタッフの方やメンバーの方と接しているうちに焦る気持ちはありましたが、「みんな、自分の障害やストレスのことを勉強しているけど、私も詳しく説明できるぐらい勉強してみようかな」という想いが芽生えました。
そうすると、出てくるわ出てくるわ私の障がい特性の本当の原因が…
「離職を繰り返す原因も表面上は違うけど、元となった原因は同じやん…」ということを知ることができました。
私の場合は、焦らされる状況に弱くミスを頻発しやすくなり、イライラしやすくなるという特徴が分かったことで“アンガーマネジメント”と共に“ストレスといかにして上手に付き合うか”が就職するために学ばなければいけない項目でした。
なので、私にはJOTサポート神戸のヨガexternal_blackで自分自身と向き合う時間ACTexternal_blackでの感情に左右されない上手な話し合いのしかたドラマセラピーexternal_blackでの自己表現の時間は、特にとても役立ちました。
全てにおいて、自信が付いたかと聞かれると「Yes」とは言えませんが、学んだことをしっかり生かして今後の社会人生活に生かしていきたいと思います。

原因が分からず、焦って就職をしていたらまた同じようなことを繰り返していたと思います。そうならないように転機をくれたJOTには本当に感謝しかないし、私でよければ何かお手伝いしたい思いでいっぱいです。

最後に、周りからいくら言われても、気付いて変われるのは自分だけなので、焦るだけじゃなくて一回足元を固めてみませんか?

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

 

卒業、そして就職。

こんにちは、メンバー二期のJOEです。

突然ではありますが、私、JOEは8月末をもってJOTサポート神戸を卒業することとなりました。
その理由は、8月に実習に行かせていただいていた企業への就職が決まったからです。以前のブログでお話ししていた、念願の対人職です。
就職&卒業が決まったのが8/23ということで、嬉しいという想いももちろんあるのですが、残り一週間しかないのか…という寂しい思いと卒業&就職に向けた準備であたふたしている毎日です。

入所するまでに仕事をしていない空白の期間が約1年あった私は、入所してからも始めは「半年ないし1年以内で就職する」と言っていました。
振り返ると、障がいについての理解もままならないまま就職して失敗して、全てにおいて焦っていた以前の私「時間かけてもいいからゆっくり自分の気持ちと向き合いましょう」と言ってくださったスタッフの方には感謝してもしきれない想いがあります。
事業所の訓練の中でヨガexternal_blackドラマセラピーexternal_blackといった自己表現できる機会というものが私とってはとても重要だったんだな、と実感することもできました。

もちろん、久しぶりの社会人生活で不安がないといえばウソになりますが、今の私にはスタッフの方々をはじめ、事業所の仲間や大切な人がいるので、そういった人達と情報交換や日々のストレス解消などを行なって楽しい社会人生活を送りたいと思います。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

貴重な想い出 たくさんの2年間

メンバー2期生のなつです。

ついに私もこの日がやってきました。8月末をもってJOTサポート神戸を卒業します。先日、面接を受けて、内定をいただくことができました。

約2年間という期間、JOTにお世話になりましたが、語り尽くせないほどに濃厚で私にとっては、なくてはならない大切な時間となりました。素敵なかけがえのないスタッフさんやメンバーに出会えたこと心から嬉しく思います。

通所したての頃は体調が不安定で休みがちでしたが、たくさんの方に支えられて乗り越えることが出来ました。手厚いサポート皆さんの優しさがあったからこそ今の自分がいるのだと思っています。趣向を凝らした有意義なプログラムの数々。本当に勉強になりました。JOTは私にとってなくてはならない存在でした。

そんな大切な場所を卒業してしまうと思うと、とても寂しいですが、皆さんのことを思い出してこれから新しい人生を歩んでいきたいと思います。今まで、本当にありがとうございました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

JOT卒業、就職という新たな道へ。

皆さんこんにちは、メンバー2期生のみるくです。
最近、ジメジメとした暑い日が続いてますがいかがお過ごしでしょうか。
さて今回のブログですが、タイトルにもある通りこの度わたくし就職が決まりました。
そして8月末をもってJOTサポート神戸を卒業します。
入所して約2年。スタッフさんはじめメンバーの皆様には本当に感謝でいっぱいです。

私はJOTに初めて来たときのことを、今でも鮮明に覚えています。
当時の私は自分が障害を持っているということをなかなか受け入れることが出来なくて、なにをやっても失敗ばかりでもう私は一生働くことも出来ないんだと思っていた矢先に出会ったのが、このJOTでした。就労移行支援事業所ってなに?と疑問に思いながらも支援センターの方に連れられて初めて来たときに、私はすごく素敵な場所だと思いました。そこからスタッフさんと話をしていくうちに「しっかりとサポートするので一緒に頑張りましょ」という言葉が私にとってはすごくすごく嬉しくてここでなら頑張れる、私にあった就職先を見つけてくれる。と思い入所いたしました。
メンバーの皆さまが温かく笑顔で出迎えてくれたのも嬉しくて涙が出そうになりました。
それから就労に向けた訓練も頑張ってやっていき、もちろん途中でくじけて泣いたりしたこともあります。もう私は無理だ…なんて弱気になったこともあります。
でもこうして今無事に就職という道に進むことが出来たのもスタッフの方々、メンバーの皆さんのお陰だと思っています。

JOTでは数えきれないぐらいの思い出があります。SSTexternal_blackやグループワーク等々、どのプログラムも本当に面白くて笑いが毎日絶えなくて、「就労移行支援事業所」ということを忘れるぐらい毎日JOTにいることがすごく楽しかったです。
JOTのメンバーの方々は本当に優しい人たちばかりで、それぞれみんな色んな個性を持っていてその個性がしっかりと出せるのもJOTならではだと私は思います。

でもそんな大好きなJOTも今月末で卒業です。嬉しい気持ち反面寂しい気持ちもあります。
私は初めて社会という世界に出るので、色んな不安がありますし、挫折しそうになる時もあると思います。でも、周りを見ればJOTの皆さんがいると思ってこれから頑張っていきたいと思います。

スタッフの皆さま、メンバーの皆様本当に、本当にありがとうございました!!

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆ info@jot-support.com

対人職にこだわる理由 ③

※今回の投稿は、「対人職にこだわる理由 ②」からの続きとなっています。

こんにちは、メンバー二期のJOEです。

今回のテーマとしては、引き続き「私がこの職種にこだわる理由」です。
前回、前々回の私の記事で、私の過去や障がいについて、なぜ対人職?の部分におおまかに触れさせていただきました。

今回は、なぜ対人職?の部分の核心である3つの要素に触れていきたいと思います。

・“私が目的をはっきり理解出来る仕事”、
・“私にとって楽しい仕事”、
・“私がより自身の成長を実感しやすい仕事

この3つの要素が、私の仕事を選ぶ中で重要視したいものになります。

 

始めに、“私が目的をはっきり理解出来る仕事”について、例えば、事務の仕事で「ちょっとこのデータの入力やっておいて」と頼まれたとします。このデータを入力すればよい、と一見、目的はハッキリしているように見えるのですが、私の頭の中ではさらに深い目的を求めて、「何の為に使うデータなのだろう?」や「この形式だと見難くないだろうか」などと考えを巡らせてしまう傾向にあります。そして、そのために集中できない、という現象に陥ってしまいがちになります。我ながらめんどくさい思考パターンだと思います。

次に、“私にとって楽しい仕事”と、“私がより自身の成長を実感しやすい仕事”について、私にとって相手からの評価を直で聞くことができるということはとても大きな要素であると思っています。「ありがとう」の一言や、“満面の笑顔”が私の達成感の源です。また、業務の幅が広がるとも考えていまして、例えば、接客業ですと、“バックヤードでの品出し→接客販売→仕入れ担当→店舗責任者→エリアマネージャー”といったようにキャリアアップが描きやすくこの点もモチベーションにつながるところだと考えていますので重要視しています。

目の前にニンジンがぶら下がってないと頑張れない…あらためて文章化すると単純ですね。

長々と書いてきましたが、以上が、私があえて茨(いばら)の道である対人職にこだわるのかという理由になります。もちろん、私のために仕事をするのですが「相手のことも大切にしたい、出来れば笑顔になってほしい」という思いを根底にそれを実現するためにはどうすればいいのか、日々奮闘中でございます。

長くなりましたが、お付き合いありがとうございました。
(※シリーズ「対人職にこだわる理由」は今回でおしまいです。)

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

対人職にこだわる理由 ②

※今回の投稿は、「対人職にこだわる理由 ①」からの続きとなっています。

こんにちは、メンバー二期のJOEです。

今回のテーマとしては、引き続き「私がこの職種にこだわる理由」です。
前回の私の記事で、このお話を語る上での前提となる私の過去や障がいについて、お話しさせていただきました。

今回は、そういった思いをしたにも関わらず、なぜ対人職?の部分に触れていきたいと思います。

軽くお話しすると、私は高次脳機能障害という障がいを負って、遂行機能障害(段取りを組むのが苦手なために、臨機応変な対応も苦手)、注意障害(マルチタスクが苦手)という特性を持っています。
この事実だけを見れば、対人職、特に接客業に就くためには致命的な特性だと思います。また、高次脳機能障害の方が転職・就職しやすい職種として、事務や軽作業が紹介されていました。
周りの方からも、「やめておいたほうがいいんじゃない?」と言う方はいても、進んで応援してくれる方はいませんでした。

確かに、決まった時間に決まった作業をコツコツと問題なく行う仕事のほうが、私の障がい特性との相性も良く、ストレスを感じることが少なく、仕事を続けることは可能だと思います。

そういった仕事の重要性も理解しています。

分かっているなら、なぜその道に行かないの?そう疑問に思われるのも当然のことだと思います。

答えは、簡単なことかもしれません。

私が、コツコツとやる作業に、楽しさや、やりがいを見い出せずに「このままでいいのかな」と思う自分が容易に想像できてしまったから…これが最大で、一番の理由です。

仕事に楽しさややりがいを求める…“私にとって楽しい仕事”、“私が目的をはっきり理解出来る仕事”、“私がより自身の成長を実感しやすい仕事”、この3つの要素が大きいと肌で感じています。

 

次回は、上記の3つの要素について、お話ししていきたいと思います。
長くなりますが、お付き合いありがとうございます。(続きはこちら

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

 

行動援護従業者養成研修を受けて

皆さん、こんには、2期生のMegです(^▽^)/
先月、また新たな資格『行動援護従業者養成研修』無事、修了して参りました。

『行動援護』とは、知的障害をお持ちの方や、精神障害をお持ちの方が外に出ることが困難な場合に一緒に外出したり、身の回りのことをサポートすることのできる資格です。

この資格を取ろうと思ったきっかけは、就労移行支援に通所するようになって、同じ障害で苦しんでいる方の何か力になりたいと思うようになりました。福祉の道に進みたい!!と思い、まずは、介護士初任者研修を修得しました。その中で障害を持った方についての授業があり、ますます精神障害を持っている方の力になれたらなと思いました。

介護初任者研修を終えて、更なるスキルアップを求めて色々探している時に『行動援護従業者養成研修』を見つけました。仕事内容を見てすぐに受けようと思い申し込みました。

授業は週1回の3回、一日8時間の座学でした。8時間ずっと集中し続けるのは本当に大変で、教科書の授業以外に、重度精神障害者の方の行動をDVDを見ながらグループになってアセスメントをしていく授業もありました。何故そのような行動を取ってしまうのかを考えて、そうならない様にするにはどうすればいいのかを意見を出し合いアセスメントしていく作業は8時間頭をフル回転で動かして考えるので、休憩時間も頭を休ませる事が出来なくて、授業が終わってからは何も考えられないくらい疲労していました。

この3日間は大変でしたが頑張って良かったです。本当に良い勉強になりました。重度障害者の方にふれたこともなかったし、深く考えたこともありませんでしたが、リアルを見させて頂いて、障害を持った方々の苦労や考え、行動には全部意味があるのだと学びました。私の中の世界がまた広がりました。障害があって生きづらさを感じているかたのサポートができたらなと、また改めて思いました。

私も今はサポートを受けてる側ですが、いつか誰かの役にたてることを信じてこれからも頑張っていこうと思います。

 

神戸で新しい就労移行支援事業所を創っていく―——JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

対人職にこだわる理由 ①

こんにちは、ご無沙汰しております。メンバー二期のJOEです。

今回のテーマとしては、「私がこの職種にこだわる理由」です。
今回は長くなると思いますので、何部構成になるのやら…

以前のブログで何度かお話ししているのですが、私は“接客業”、もう少し広くすると“人と多く関わる仕事がしたい”ということで、幼稚園・図書館・ホームセンターなどの実習に行き、対人職に就くための方法を模索しています。

では、なぜこのテーマが選ばれたのか、もう話しているじゃないか、とお思いの方もいらっしゃると思いますので、これを書く上でお話ししておかなければいけない内容が3点あります。

①高次脳機能障害の特性として、遂行機能障害、注意障害を持っている。
②上記の特性を何とかしようと相談もできず、一人で抱え込んでしまう癖があった。
③障がい者枠ではないが、一般雇用で接客業中心に経験して3社、長続きしなかった経験がある。

まず、①についてお話しすると、私は大学生の時の交通事故で高次脳機能障害という障がいを負っており、その特性として遂行機能障害(段取りを立てるのが苦手など…)、注意障害(同じクオリティで長時間作業をするのが苦手、気が散りやすい、マルチタスクの作業が苦手など)、などがあります。

次に②について、こちらは今になって思えば、自身の障がい理解が足りなかったなぁ、と感じます。例えば、この“ミス”や“出来ない自分”に対して、気を付けておけば防ぐことのできる“気持ちでなんとか出来る”の部分なのか、障がい(病気)が原因で自分1人では気を付けていても防ぎようのない“気持ちだけではどうしようもできない”部分なのか、以前の私はこの区別が出来ておらず、“自分がより一層気を付けたら何とかなる”と頑(かたく)なに一人で抱えていました。③にも続く内容ではあるのですが、障がい理解などで自分1人ではどうしてもできない部分を分かっているかどうかで、周りを頼らないと出来ないことだって私も自覚でき、自身のストレスコントロールにも、影響が出てきました。

最後に、③について、こちらは②とも関連しているのですが、雇ってくださった企業の人事や店長には障がいのことを伝えていても、私自身の障がい理解が足りないから相手も詳しく分からない、恐らく出来るだろう、と仕事を与えられても思った以上に出来ない自分に腹が立つ、上司に申し訳なくなる、気持ちや努力でなんとかしようとする、という負のループを繰り返しました。

今回は、このお話に入る上で、という前提の部分を書きました。

長々とお付き合いいただきありがとうございます。

次回は、こういう思いをしたにも関わらず、なぜこの職種?の部分を書いていきたいと思います。(続きはこちら

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

企業実習に行きました。

こんにちは、2期生のなつです。
今回は企業実習に行きました。というテーマで書いていきたいと思います。

今回は事務での実習をさせていただきました。実習内容は、在庫管理を主に行いました。携帯電話のケースや保護フィルムなどの商品の名前や、パッケージの裏に記載されているバーコードナンバーをエクセルのフォーマットの中に入力をして、在庫の数を数えるという作業をしました。

良かったことは、分からないことがあった時に質問しやすい雰囲気だったところがとても安心できました。皆さんが親切に接してくださったので作業に集中することもできました。
しかし、商品を種類別に分けて数えるとき、数えた商品をどこに置いて良いか悩んだり、数えたものと、まだのものが一緒になって何度も確認をして時間がとてもかかってしまう等、自分の中で手際良くできなかったことが反省点です。

今回の実習で自分の苦手な部分も改めて分かることができ、とても良い経験になりました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

就労支援員としての取り組み

皆さま、こんにちは!スタッフの岩元です。
じめじめとした湿気が続く気候の中、いかがお過ごしでしょうか。
早くカラッとした気候になって欲しいですね。

さて今回は私が担当しております、「就労支援員」としての取り組みやその業務に対しての思いについて書きたいと思います。

就労支援員とは、JOTサポート神戸のメンバー様の適性にあった職場探しや、就労に向けてハローワークなどの関係機関との連係構築職場実習などにメンバー様と同行したり、就職後のフォローを行うお仕事のことです。

その中から「同行」にフォーカスして書きたいと思います。
一口に同行といっても、同行する場所によって意味合いが変わってきます。

例えば少しでも多くの求人票の内容を見ることにより職業に関するご自身の方向付けを明確にして欲しいとの思いから、ハローワークの登録をオススメしていますが、なかなか慣れない環境に足が向かないという方に少しでも安心して向かって欲しいとの思いから、ハローワーク登録の同行を行っています。

また当事業所では就職前の準備段階の一環として職場実習を積極的に行っております。
その際、実習前の打ち合わせ・実習初日・実習最終日に主に同行を行っております。

打ち合わせでは実習先の企業様とメンバー様との間に入り円滑に実習が進むように段取りし、実習初日は企業様への実習スタートのご挨拶と実習に不安を抱くメンバー様を勇気づける為に同行し、最終日は実習先企業のご担当者様も交えた実習の総括を行い今後の訓練の方向性や就職先の検討の為に同行を行っています。

その他にも様々な所に同行致しますが、その意図は全て
「当事業所の利用者様が自ら納得のいく職業選択が出来、また職業とメンバー様の適性にあったマッチングを客観的な立場からサポートする」という意図の下で行っています。
これは私個人もですがJOTサポート神戸のスタッフ全員で大事にしている方向性です。
そんなスタッフが一丸となって、今日も支援に向き合っていま

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆ info@jot-support.com