2019.01.21

社会福祉士試験直前です

チャチャ

こんにちは、チャチャです。私にとって2019年初回のブログとなります。今年の干支は猪ということで、私も猪のように前を向いて走りたいと思います。怪我はしないように・・(笑)今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、実は私には2019年が始まって早々に大きな勝負事があります。今回はそのことをテーマに書かせていただきます。その勝負とは・・2月3日にある第31回社会福祉士国家試験です。恥ずかしながら今回で4度目の挑戦です。

少し経緯をお話しますと、1度目の挑戦となる大学卒業後の現役時での社会福祉士国家試験はあと1点足りずに不合格となりました。不安に負けて見直し時に何問か解答を変更してしまったこともあり、当時はとてもショックを受けてしまい、ずっと引きずってしまいました。翌年の2度目の時はやる気も起こらず、就職もしていたため日々の忙しさに心の余裕もありませんでした。そのような気持ちのモチベーションのまま社会福祉士の試験を受けていまい、勉強にも気持ちにも力を入れなかったため、わずか数点で不合格という結果となりました。3度目は、プライベートと仕事においてもいろんな感情・ストレスを抱え込みすぎてうつ病を発症し、抑うつ症状があらわれている時でした。試験日直前は体力面も精神面でも限界に近く、試験を受けることを諦めることも考えていました。どうしても諦められずやはり受けたいという自分の気持ちも強く、JOTのスタッフの方々・メンバーの方々から「この辛い状態で受けることと、そしてその場に行くことだけでもすごいこと。」と背中を押していただいていました。本当に嬉しかったです。当日は試験場へ行って午前から午後までその場にいることだけで精一杯でした。結果は例年より合格点もあがってしまい、あと6点足りず・・。そして今回4度目の挑戦となる次第でございます。

この経緯で改めて自分を見つめなおし、分かったことがあります。それは『自分に対しての恐れ』です。模試や過去問では点数がとれるのですが、本番の試験がどうしても合格点まで届きません。そしていつもあと1点、数点です。それはもう勉強不足ももちろんありますが、なにより自分自身の日々のおいての自信喪失からきているのだと私はようやく気付きました。もっと普段自信をもっていれば、本番でものびのびと冷静に問題に向き合えるのでは・・。
JOTサポート神戸の皆様のご協力のもと、今までの人生の中で1番『自分自身と向き合い、そして自分を認める』ことを行いました。今までは自分を責め続け、嫌いで嫌いでたまらなかったのですが、今ではそれは少し感情が違っています。うまく言えませんが、今までの自分より「まだ今までよりマシだし、少しでも自分は変わっている」と思うのです。また不合格になったらどうしようとやはり毎日思いますが、もう自分に恐れずに自分の心と一緒に2月3日頑張ります。結果はどうなるかは分かりませんが、最後まで応援していただけると嬉しいです。長々と書いてしまいましたが、ありがとうございました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です