2022.08.03

卒業するにあたって

マチマチ

皆さまご無沙汰しております。マチマチです。

この度、私事ではありますが、デイサービスでの就職が決まり卒業することになりました。JOTに入所してからの日々、スタッフさん、メンバーさんには大変お世話になりました。まさか自分が福祉・介護の仕事に就くなんて夢にも思っていませんでしたが、度重なるスタッフさんとの話し合いや企業研究、就職に関する様々なプログラムを経てこのような形になりました。

やはり、一番大きかったのは昨年12月に5日間行かせていただいたデイサービスでの実習です。そこで、高齢者の方と関わらせていただく仕事に就きたいと考えるようになり、無資格だった私は、早速その次の月から介護職員初任者研修を受け始めました。

実は、この頃私は、前のブログで書かせていただいた「強迫性障害」に加え、「双極Ⅱ型障害」という気分がハイテンションになり過ぎる躁という状態と、気分が落ち込み過ぎる鬱という状態を繰り返す新しい障害診断も受けました。

しかしながら、スタッフさんとの通院同行セカンドオピニオン認知行動療法にて回復していき、介護職員初任者研修を無事、修了することが出来ました。とてもJOTのスタッフの皆様には感謝しております。

そのようなタイミングで、前述の実習でお世話になったデイサービスから、まさかのご連絡を頂きました。恐れ多いことに、このような私を必要として下さり、一緒に働いてみませんかとお誘いを頂きました。本当に心から嬉しいことでしたが、昨年12月の実習時より新しい障害「双極Ⅱ型障害」を患っているという心配もあったので、7月中は実習という形をお願いして、8月からの勤務開始決定となりました。

JOTに入所する前の私は様々な仕事を経験していましたが、どれも自分とは合わずミスマッチしており、また、障害に関してはクローズで働いていたためどれも長続きしませんでした。また、JOTに入所してからもこだわりが強く、勤務形態や職種を決めつけ、狭い視野でしか就職活動をしてきませんでした。

しかし、メンバーさんの実習報告会を聴いたり、スタッフさんとのケース会議を重ねるに連れて、広い視野で就職活動が出来るようになり、私の持っている障害をしっかりと理解して頂ける今回の就職先と巡り合うことが出来ました。
冒頭でも述べましたが、本当にJOTのスタッフさん、メンバーさんには感謝しております。
持論ではありますが、私は出会ってきた人々で自分の人生は決まると言っても過言では無いと考えております。そういう意味では私は今まで出会ったどのような方にでも感謝の念がありますし、自分は周りの方々にとても恵まれていると実感しております。ですので、これからもこの環境に感謝しつつ、甘えること無く、自分の人生を謳歌したいと思います。

本当に長年大変お世話になりました。

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

JOTサポート神戸公式ツイッター
https://twitter.com/JOT_Sannomiya

JOTサポート神戸公式インスタグラム
https://www.instagram.com/jot_sannomiya/

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA