社会福祉士試験直前です

こんにちは、チャチャです。私にとって2019年初回のブログとなります。今年の干支は猪ということで、私も猪のように前を向いて走りたいと思います。怪我はしないように・・(笑)今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、実は私には2019年が始まって早々に大きな勝負事があります。今回はそのことをテーマに書かせていただきます。その勝負とは・・2月3日にある第31回社会福祉士国家試験です。恥ずかしながら今回で4度目の挑戦です。

少し経緯をお話しますと、1度目の挑戦となる大学卒業後の現役時での社会福祉士国家試験はあと1点足りずに不合格となりました。不安に負けて見直し時に何問か解答を変更してしまったこともあり、当時はとてもショックを受けてしまい、ずっと引きずってしまいました。翌年の2度目の時はやる気も起こらず、就職もしていたため日々の忙しさに心の余裕もありませんでした。そのような気持ちのモチベーションのまま社会福祉士の試験を受けていまい、勉強にも気持ちにも力を入れなかったため、わずか数点で不合格という結果となりました。3度目は、プライベートと仕事においてもいろんな感情・ストレスを抱え込みすぎてうつ病を発症し、抑うつ症状があらわれている時でした。試験日直前は体力面も精神面でも限界に近く、試験を受けることを諦めることも考えていました。どうしても諦められずやはり受けたいという自分の気持ちも強く、JOTのスタッフの方々・メンバーの方々から「この辛い状態で受けることと、そしてその場に行くことだけでもすごいこと。」と背中を押していただいていました。本当に嬉しかったです。当日は試験場へ行って午前から午後までその場にいることだけで精一杯でした。結果は例年より合格点もあがってしまい、あと6点足りず・・。そして今回4度目の挑戦となる次第でございます。

この経緯で改めて自分を見つめなおし、分かったことがあります。それは『自分に対しての恐れ』です。模試や過去問では点数がとれるのですが、本番の試験がどうしても合格点まで届きません。そしていつもあと1点、数点です。それはもう勉強不足ももちろんありますが、なにより自分自身の日々のおいての自信喪失からきているのだと私はようやく気付きました。もっと普段自信をもっていれば、本番でものびのびと冷静に問題に向き合えるのでは・・。
JOTサポート神戸の皆様のご協力のもと、今までの人生の中で1番『自分自身と向き合い、そして自分を認める』ことを行いました。今までは自分を責め続け、嫌いで嫌いでたまらなかったのですが、今ではそれは少し感情が違っています。うまく言えませんが、今までの自分より「まだ今までよりマシだし、少しでも自分は変わっている」と思うのです。また不合格になったらどうしようとやはり毎日思いますが、もう自分に恐れずに自分の心と一緒に2月3日頑張ります。結果はどうなるかは分かりませんが、最後まで応援していただけると嬉しいです。長々と書いてしまいましたが、ありがとうございました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

入所1年を振り返って

こんにちは、チャチャです。先日11月1日に自分の誕生日、そしてJOTサポート神戸に入所してちょうど1年が経った日を迎えました。1年を振り返ってみて、本当にたくさんのことがありました。

1年半前、うつ病で倒れてしまったのですが、身体も心もまったく動かない反面、『働かないと・・動かないと・・じゃないと・・』と毎日まいにち希死念慮に侵されていました。体調も心もままならないまま、焦ってJOTサポート神戸に見学・体験に行きました。状態も良くなくて、皆様が優しく温かいお言葉をかけてくださっているのに笑えず、吐き気もあり、身体も動かず、当時のことを思い返すと本当に皆様に申し訳ないです・・。
その時期は入所して数か月たっても毎日通えず、月に2~4回の通所でした・・。懐かしい・・。心と体調の波も激しくて『1日』がやってくるのが苦痛で仕方がありませんでした。こんな始まりの私ですが、今では毎日休むことなく通所できるようになりました。人と話すことが怖くてしんどさを感じていましたが、JOTの皆様ともお話しできるようになりました。私がここまで回復できたのも、間違いなくJOTのスタッフの皆様、そしてメンバーの皆様のおかげです

今もまだ完全なわけではないですし、いつかまたうつを再発してしまうのではないかと少し怖いです。しかし、JOTに1年間通所して以前の私と今の私は少しだけ変われたかな、と思います。以前までは何をしても、『これはできて当たり前のこと、まだまだやらないといけない。失敗は許されない。じゃないと認められない』と自分を認められず、そして言いたいこともいつも我慢して他人に合わせてしまう癖が長年ついていました。あとは自分に関しては、過程を見ずに結果だけで自分を評価してしまう白黒思考・・。今こう書いてみると生きにくい性格していますね・・(苦笑)私がうつになった原因は、このような性格も含まれるのかなと思います。JOTに通いだしてからは、清水さんに何度も面談をしていただいて、共に自分の思考パターンを見つめ直し、このような癖を直していく練習をしました。『まずは自分を大切にし、認めてあげること。』と同時に『自分の意見や気持ちを適切に伝えられること。』を今の自分の課題としています。以前はまったく自分を大切にせずに褒めることはなかったのですが、JOTではスタッフ・メンバーの皆様が些細な事でも私を褒めてくださり、「あ・・できているってことなんや・・。」と自分を認める思考に徐々に変わってきたのを感じております。『失敗してもいい』ということもJOTで感じました。まだまだこの長年の癖をすぐに変えることは難しいですが、徐々に焦らず・・。

照れくさくて直接は申し上げられないのですが・・辛くなった時、怖くなった時、私はいつもJOTの皆様のお顔を頭に浮かべています。それだけ、私にとってかけがえのない場所です。JOTの皆様、いつも本当にありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

資格インタビュー②

― どうも、皆さんこんにちは。今回インタビューを受けられるのはチャチャさんです。それではお聞きしてみましょう。

― JOTサポート神戸に入所されてから取り組まれた、もしくは取り組んでいる資格の名称をお答えください。

社会福祉士の取得に挑戦しています。

 

― その資格がどういったものかの概要をお教えください。

名称独占の国家資格であり、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術を以て、身体上若しくは精神上の障害があることまたは環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者福祉に関する相談に応じ助言、指導福祉サービスを提供するもの又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連絡及び調整その他の援助を行うことを業とする者をいいます。

 

― その資格に興味をお持ちになった理由、受験しようと思った動機をお教えください。

大学で社会福祉士を取得したいため、社会福祉の学科を卒業しました。しかし、現役ではあと1点足りず不合格となり悔しい思いをして、そこから今回で4度目の受験となってしまいました…… 諦めきれないので、今回もチャレンジします!

 

― その資格についてどのくらいの期間勉強したか、またはしているかをお教えください。

大学の4年間と、その後は毎年夏頃から試験日の1月、2月まで勉強しています。

 

― その資格について、どのように勉強したか、またはしているかをお教えください。

19科目あり、範囲も広いので、1科目に多くの時間をかけれません。私は過去問をとにかく繰り返し、解説をしっかりとワークブックと合わせて読んでいます

 

― その資格について取り組んでの感想をお教えください。

とにかく科目が多く、そして幅広いジャンルがあるため、いつもモチベーションが下がって中だるみしてしまいます……

 

― その資格以外にも興味のある資格、取り組んでみたい資格があればお教えください。

アロマ検定ヨガの資格にも興味があります。あとはざっくりとしていますがメンタル系の資格にも興味があります。

 

― 以上チャチャさんでした。ご協力ありがとうございました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

インフォメーション部部長になりました

こんにちは、チャチャです。
この度、インフォメーション部部長を務めさせていただくこととなりました
さて、今回の私のブログのテーマは『インフォメーション部を運営することによる訓練上のメリットや訓練できるポイントはなにか』というものです。
まずは、訓練上のメリットからお話させていただきます。インフォメーションとは、JOTサポート神戸のお知らせ項目であり、JOTサポート神戸のイメージにも繋がるかなり重要なものだと思っています。なので、『誰に見られてもいいような丁寧な文章作りと、もっと知りたいと思ってもらえるような文章力』を鍛えることができる訓練となります。正直、インフォメーションを書くときはかなり緊張します・・。『責任感を持ちながら、文章だけでも気持ちを伝える文章力を鍛える訓練ができる』ことがメリットだといえます。文章だけでは表情などは伝えられないのでいかに文章で伝えられるかがとても難しいです・・。
次に訓練できるポイントについてお話させていただきます。インフォメーションのアップでは、スタッフの方や他のメンバーの方と連携しておこなっております。他のメンバーの方が作ってくださっている通信等をいかに文章でアピールできるか重要となってきます。せっかく作ってくださっている通信を皆さんに見ていただきたいので・・。スタッフの方や他のメンバーの方とコミュニケーションをとりながら、『その方がどういうことを伝えたいのか』を私がしっかりと理解したうえで文章を考えることがポイントとなってきます。また、私が行っている訓練の工夫として、文章力を身につけるために定期的に読書をおこなっています。ライターの方が書かれている文章はとても参考になります。あ、もちろん本の内容も頭にいれています・・^^;
インフォメーション部部長を務めさせていただいていることで、とても大きな訓練となっています。まだまだ文章力も乏しいですが、これからの成長を見守っていただきながらインフォメーションを読んでいただけると嬉しいですJOTに興味を持っていただける方、そして今苦しんでいる方々への光になれれば、と願います。最後までブログを読んでくださってありがとうございました。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

「自分をありのまま受け入れる」

はじめまして。2期生のチャチャです。私はうつ病の診断を受けています。今年の11月からJOTサポート神戸にお世話になっております。

12月も入って、今年ももう終わりということで、今回の私のブログテーマは「2017年を振り返ってうれしかったこと、がんばったこと。」です。1年はあっという間ですね。

前職に勤めていたときにうつ病を発症し、私の人生の中で1番濃い生活を送った気がします。正直、生きた心地は毎日しませんでした。何をしても自信がわかず、毎日生きるのがしんどくて、こんな自分の生活を変えてみたい!と思って勇気を出してこのJOTサポート神戸に入所しました。最初は不安のあまり泣いてしまうこともありましたが、スタッフの皆さん・メンバーの皆さんにやさしく支えてもらえたことが、今年うれしかったことです。ひとりぼっちの気分を、「こんなにも支えてくれる人がいるんだ・・私はありのままでもいいんだ。」ととても勇気をもらえています。今は不定期の通所ですが、滞在時間も伸びてきて周りのメンバーの方も頑張っているのを見ていると、頑張る気持ちが湧いてきます。少しずつ・・少しずつですが、今の自分を認めて理解していきたいです。

来年の目標は、「自己肯定感を低くせずに自分を認めてあげて、自分を褒めること」です。

この病気にかかってから、周りの支えてくれる方々に感謝の気持ちでいっぱいですし、自分をありのまま受け入れることの大切さを知りました。今では、この病気にかかってたくさん学べることがあったな~と思います。本当に辛かったし、何度もくじけそうになったのですが、頑張ってよかったです。ひとつひとつ自分の成長につながることを、これからも頑張っていきたいです。

読んでくださってありがとうございました。

**********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です。

info@jot-support.com