2018.07.23

子猫と優しい小学生たち

みるく

こんにちは。メンバー1期生のみるくです。

最近だいぶ暑くなってきましたね。

今回のブログの内容は「子猫と優しい小学生たち」です。
5月5日の土曜日に、私は友達と三宮で遊んでいました。
友達と道を歩いていると、前に小学生の男の子三人がいました
その時は何とも思わず、普通にしゃべりながら歩いていると、道に子猫が車にひかれて亡くなっているのを見つけました。
私は「あ、車に轢かれたんだ。可哀想だな」って思いました。
そしたらなんと、私たちの前にいた小学生の男の子三人がその子猫を助けようとしていたのです。三人いるうちの二人は車が来ないように見張っていて、もう一人の男の子がその子猫を素手で抱っこして道の端に寝かせて、その上に大きな葉っぱをかぶせていたのです。
私はそれを見てとてもびっくりしました。まさか小学生の男の子たちがそんなことをすると思ってもみなかったので、とてもやさしい子たちなのだなって思いました

みなさんは道に子猫が倒れていたらどうしますか?たぶん大半の人は気持ち悪いとか、触るの怖いなどと言ってそのままにする人が多いと思います。私もそうだと思います。
けど、その小学生の男の子たちは、なんの躊躇もなく普通に触っていたので本当にすごいなって思いました

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です