2021.03.08

最適解をもとめて

コマ

訓練生のコマです!
早いもので、JOTに入所して10ヶ月が経ちました。
今回は、インフォメーションというプログラムの時間に取り組んだ、「疾病理解(社交不安障害)」のプレゼンについてお伝えしたいと思います。

自己紹介のブログにも書いたのですが、私はずっと、自分の感情を抑圧して「いい子」で生きてきました。その結果、大人になった今でもセルフイメージが脆弱で、自分で自分を認めてあげられるようになること(自己受容)は、スキルアップして再就職することと並んでJOTでの目標です。この目標の実現に向け、ぜひ「疾病理解」に取り組みたいと考えていたこと、また、他のメンバーさんのプレゼンや卒業生の方々が残してくださった資料を拝見してその思いがより強まり、取り組むに至りました。

プレゼンまでは、作成したレポートをもとにスライドを準備したり、メンバーの皆さんへアンケートにご協力いただいて配布資料を用意したりと、私自身も社交不安障害に関する知識をさらに深めることができました。スタッフさんとのリハーサルでは、あまりの緊張から早口になってしまうなど、不安要素もあったのですが、なんとか無事にプレゼンを終えることができ、メンバーさんとスタッフさんのそれぞれからたくさんの温かいお言葉もいただけて、本当に良い経験になりました。

取り組み後の変化としては、以前と比べて視線恐怖が和らぎ、視線を感じながらの作業にも慣れてきたように感じています。またひとつ、自分らしく生きていくための準備を整えることができました。

何事においても、「理解する」ことが第一歩です。私の「疾病理解」が少しでも皆さんのお役に立てたなら、幸いです。

プレゼン当日に投影したスライド(PDF)

プレゼン当日の配布資料(PDF)

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です