ASD・ADHD持ちの私がJOTに入所した理由

はじめまして。去年の12月に入所いたしました、たいきと申します。

まず私がJOTに入所した経緯についてお話したいと思います。

去年の9月に正式にASDADHDと診断され、主治医の方に就労移行支援というものを受けられるとお聞きし、事業所を探し始めたのが始まりです。

最初は他の某事業所を発見し、体験を3日間ほど受けました。しかし、その後入所希望者が多すぎるということで、入所がとても遅れてしまうと言われ、また事業所探しを再開しました。

その時、目に映ったのがJOTサポートさんでした。思いきったらすぐに行動するタイプなので、見つけた瞬間お電話させていただきました。その時対応してくださった所長の清水さんに、とても綺麗な言葉遣いで真摯に話を聞いていただき、とても印象が良かったのを覚えています。

体験、見学の日程を決定し、初めてその事業所に足を運んだ時、皆さんがとても歓迎してくれて、私は驚くほどでした。大袈裟ではなく、こんなに歓迎してくれたのは生まれて初めてでした。

また、所長の清水さんに色々経歴や障害特性のことについて話すと、とても興味を持った姿勢で聞いていただけました。今まで馬鹿にされてきた私にとってはとても居心地の良い場所と思いました。スタッフの方も基本的に私の個性にネガティブな印象を抱いていないように思えました。

JOTはアクセスも良く、建物も綺麗ということもありますが、私にとって通おうと思った一番の決め手は、清水さんが真剣に私の問題について向き合ってくれたことです。今も障害者年金や家賃補助など、多くのことでお世話になっております。

真摯になって聞いてもらえる事業所をもしお探しなら、JOTをオススメいたします。

(20代・男性)

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

はじめましてのごあいさつ

はじめまして。
2021年1月よりJOTサポート神戸で勤務させていただいておりますスタッフの室井です。
姉妹事業所の就労継続支援B型事業所JOTワークラボ神戸より転勤でやって参りました。
1月4日仕事始め。私にとってJOTサポート神戸での初めての日。メンバーの皆さんが暖かく迎えてくださり、寒さと緊張でカチコチになっていた私の不安や緊張がほぐれ、安心できる我が家に帰ってきたような気持ちになりました。

私は以前、福祉とは異なる分野、人を育てる「学校」という場所で長い間働いていました。たくさんの方々と入学前から卒業(卒業に至らないケースも)までの時間をともにするなかで「あたりまえに暮らすことの意味」について、ずっと考えていました。
また、長年、働いていた学校を飛び出しての福祉職デビューの場は、若年性認知症支援センター。65歳未満で認知症を発症された方、そのご家族、職場の方、支援者の方々と接するなかで「就労」、「暮らし」の問題に直面することが多く、ここでも「あたりまえの暮らしとは何か」、「働くこととは何か」、「人生とは何か」を考えることとなりました。
そして、コロナ禍でこれまでの生活があたりまえでなくなった今、また「あたりまえの暮らしとは何か」を考えています。まだ答えは見つかっていませんが、一人ひとりが「自らこうありたい」、「こう暮らしたい」と思い、そのように暮らすこと、自分らしく生きていくことが「あたりまえの暮らし」ではないでしょうか。
JOTサポート神戸のテーマである「あなたはあなたのままでいい」という言葉。枠に当てはめるような風潮のある現代社会でこのように生きることは簡単ではないかもしれません。ですが、私たちは自分の人生を生きています。JOTサポート神戸は、自分らしく生きていくことができるようになる、安心できる場所だと思います。そのような場所を作られているメンバーさん、そしてスタッフと同じ空間で過ごすことができることに喜びを感じています。

福祉職としての経験は浅く、資格を寝かせてしまっていた私ですが、皆さんから生きていくうえで大切なことを学ばせていただきたいと思います。私からもこれまで様々な出来事を乗り越えてきた経験からお伝えすることができればと思っています。
いろいろお話しましょう。一緒にこれからの人生をつくっていきましょう。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

はじめまして

はじめまして、クリュープです。
昨年9月1日からJOTサポート神戸にお世話になっております。

私の疾患は、気分障害ASDADDです。
思い起こせば、10歳ごろからうつ病を患っていました。当時は当たり前だと思っていた家庭環境、校内暴力や存在意義の揺らぎによる疎外感や心的外傷などの問題が、長年の付き合いで順応できていると勘違いしていた己が内を覆う靄や障がい特性が、JOTのスタッフさん方との面談で言語化されて晴れてゆき救われた気持ちになりました。そもそも人への不信感と、自分の問題を些事だと思っていて、誰にも自己開示した事が無かったので面談という機会を得られたのは私にとって大きな変化でした。問題は依然抱えたままですが、幾分か晴れた気持ちで解決に向かう旅への出発が出来た心地です。

JOTに入所する決め手になったのは、こういった個々の問題に共に人として、そして就労を目指して向き合ってくださりそうな点でした。加えて、精神面の問題は自覚していた私にとってメンタル面への理解とサポートは大事な要素でした。故に、所長の清水さんが過去にメンタルクリニックで働いてらっしゃったと伺ったのも安心感がありました。

出身県でも二か所、就労移行支援事業所があるのですが、見学させて頂いたところ、双方狭く薄暗い室内で機械的に単純作業を行う内容だったので断念しました。さらに、当時の主治医さんの「地方都市は発達障害に対するサポートが少ない」という発言も受け、神戸に引っ越しJOTに通所するという決断に至りました。就労と自己改革に向けて励みたいと思っています。宜しくお願い致します。

(20代)

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

2021年が始まりました!
社会状況的に大変な年明けですが、それだからこそ、真新しいこの1年の始まりには胸の高鳴りを覚えました。

皆様におかれましては、どうぞ良き一年となりますように。

JOTサポート神戸では1月4日に「仕事始めの会」を開催しました。
ちょうどこの日に新メンバーのご入所があり、自己紹介を兼ねて皆さんにお一人ずつ「JOTに入所を決めた理由」を披露していただいたのですが・・・
全メンバー(全メンバーです!)が揃って見学に来られた際の
①事業所の温かな雰囲気
②メンバー・スタッフの人の良さ
③事業所内の明るさ 、の3つを共通して挙げて下さいました。

これには胸を打たれました。
新年早々、喜びでいっぱいになりました。
と同時に、これからも、皆さんが挙げて下さった≪JOTの魅力≫を失くさないように大切にしていきたいと改めて使命感を強く感じました。

皆さんを就職におつなぎすること。
もちろん、これが就労移行支援事業所の第一目的です。
ただ、それだけではなく、これからも、
お一人お一人の心を大切にする事業所、
心に触れる事業所、
心を動かす事業所、
そして心を元気にする事業所でありたいと願います。

スタッフ一同、チーム一丸となって頑張って参ります!
本年もよろしくお願いいたします。

JOTサポート神戸
清水理香

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

仕事納めのご挨拶

今年も残すところ僅かとなりました。

昨年の今頃には、2020年がこのような一年になるとは誰も思ってもみなかったことでしょう。

目には見えない新型ウィルスによって日常が一変し、これまで体験したことのない恐怖と不安、さまざまな不便と制限が私たちの心身を疲弊させた一年でした。

当事業所においても2部制来所や在宅訓練の導入、お花見やXmas会などのイベント中止といった異例の対応を余儀なくされました。そして先の読めない緊迫した状況は今後も当分続きそうです。

けれども今・・・
不穏に満ちたこの1年をふりかえり一番に思い出されるのは、訓練生の方々の「笑顔」「笑顔」「笑顔」です。

在宅訓練が明けてようやく通所再開となった日に、事業所のドアを開けて入って来られたお一人お一人の笑顔。無事に再会できたことを互いに喜び合った笑顔。
今もはっきり覚えています。
それは、辛苦の時の中で見つけた、思いがけない大きな喜びでした。

重苦しいニュースが続く日々の中でも、JOTでは笑いが絶えることがありません。
疲弊していないはずはないのに、それでも他者を気遣う心を忘れない
人が人を元気にする力って本当にすごいですね。
毎日、訓練生の皆さんから、私も大きな力を頂いています。(ありがとうございます!)

さあ、大変だった2020年が暮れていきます。
一年間、本当にお疲れさまでした。
来る年に向けて「最善を期待し、最悪に備え」ましょう。
2021年は穏やかで明るい一年になりますようにと願いを込めて―――

皆さん、どうぞよいお年をお迎えください。

JOTサポート神戸
清水理香

後記:卒業生の皆さん・・・お元気でしょうか?それぞれきっと大変な一年だったことでしょう。
お一人お一人の顔を思い浮かべ「大丈夫かな」「無理なさってないかな」と遠くから案じる日々でした。
どうぞ心身を大切に・・・。これからも応援しています。

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

🎄サンタが今年もやってきた!?

みなさま、Merry Chirstmas!
スタッフの豊田です。

例年行われているクリスマス会ですが、今年は新型コロナウイルスの影響により、12月の予定表を配布した時点で、開催しないことが決定されていました。
クリスマス会がないことを受けて、落胆の声もちらほら……
しかし、クリスマスイブの日に、あるサプライズが!

いつもどおり朝礼をおこなっている最中、サンタ服をはじめとしたクリスマスの装いをした集団がお見えになりました!

実はこの方々は、今年10月にメンバー5名で発足したJOT新聞部のみなさん。
この日はJOT通信の記念すべき創刊号の発行日ということで、サンタさんからメンバーのみなさんへ、JOT通信がプレゼントされました🎁✨
(ちなみに、新聞部発足の経緯や目的は、編集長をはじめとする部員のみなさんからお伝えしていただこうと思います!)

新聞部のみなさん、この日のために会議や取材、編集から発行まで、本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございました!
おかげさまで、朝礼の間のわずかな時間でありながら、クリスマスの祝福ムードも味えるような温かいひとときにもなりました☆

❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄❄

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

スポーツの秋

みなさん、こんにちは。スタッフの豊田です。
去る10月30日金曜日午後・・・

7月に行われた体育館で体を動かすイベントを、再び行いたい。

・祝日プログラムがない今年の10月は、代わりとなるようなイベントがしたい。

・姉妹事業所・JOTワークラボ神戸も参加し、事業所内外を問わない交流を図りたい。

スポーツの秋!

 

・・・という思いから、体育館を貸し切ってのJOT史上はじめての運動会イベントを開催しました!

運動会はJOTサポートのメンバーを半数ずつに分けた2チーム、ワークラボの1チームの計3チームの対抗戦で行われました。

ラジオ体操で体を動かした後は、「フリースロー」「PK合戦」「ホームラン競争」「卓球バレー」「卓球ラリー」「ラケットリレー」といった計6つ+αの様々なプログラムに挑戦!(ちなみに、+αの正体は、突然のジャンケン大会でした!)

フリースロー
PK合戦
ホームラン競争。プラスチックバットでカラーボールを叩き込め!
卓球バレーは、皆さん初挑戦!
卓球ラリー。何回続けられる?
ラケットリレー。ピンポン球を落とさないように気をつけて!

熱戦の末に優勝したチームは、JOTサポートのBチーム
続いての順位が、JOTワークラボJOTサポートのAチームとなりました!!

これらのプログラムの企画や準備は、スタッフだけで担当したものではありません。“体育委員”として立候補したお二方のメンバーさんも担当し、準備段階から積極的に意見を出してくださったり、運動会当日はテキパキと動いていただいたりし、(さらに競技にも参加していただき)大活躍されました!

そして運動会終了後は、体育館のレンタル時間を有効活用するため、引き続き残りたい方は残って、卓球やバスケ、バドミントンや野球などをして遊びました☆

サポート・清水 vs ラボ・太田による、因縁(?)の卓球対決!

今回のプログラムの反省点の一つとして挙げられるのが、運動会イベントが、時間通りに進まずに押してしまったことです。しかしながら、運動会の終了予定時刻を30分ほど延びたにも関わらず、皆さんが運動会の最後まで残って楽しんでいただけた様子が見られたのが良かったです。
なかには、次回の運動会があればリベンジを果たしたいという熱い想いを聞かせてくれた方もおられ、嬉しく思いました。

今後も、JOTワークラボを巻き込んでの、事業所間の交流の機会となるプログラムが開催できれば、と思います。

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

現在、実習に行かせて頂いております。

ご無沙汰しております。訓練生のユウリと申します。

私が現在、実習させて頂いている企業は、とある大手総合建設会社です。

そこで取り組んでいる業務は、コーヒーとお茶の補充(午前と午後)・ファイリング作業伝票と納品書の整理ファイルの背表紙作成(Word)・資料内容の入力作業(Excel)・テプラ作成ラミネート作業会議室の掃除(ファインダーとテーブルの拭き掃除など)・資料のPDF印刷作業など、主に事務作業の仕事をさせて頂いております。

私にとっては初めての実習のため、最初に訪問した時は、すごく緊張しました。特に面談の際、訓練している事業所の事・事業所での取り組み内容・自分自身の障害特性などを聞かれ、ちゃんと自分の口から説明出来るのだろうか」第一印象が『暗い人・話せない人』と思われたらどうしようか」など悩んでおりましたが、実習先のご担当者様は、私の拙い説明でも私の話に合わせて、共感して聴いて下さったので、私も緊張が解れ、安心して話す事が出来ました。JOTのスタッフさんにもしっかり自分の事を話せていたと褒めて頂いたため、ホッとしたのを覚えています。

また、業務の取り組み内容では、何度も直し作業を繰り返した事もありましたが、社員の方には「失敗しても大丈夫」と言って下さり、今でもすごく優しく気を遣って教えて下さいます。そのため、だんだん実習の回数を重ねていくうちに、社員の方にも「作業が早くて助かる」と言って頂けるようになっていきました。

今後の改善点としては、これからは一人で出来る範囲も増えていき、毎朝ルーティーンとして行って欲しいと依頼されていくのが多くなると思います。なので、主体性を求められる事にも慣れていく事と、業務だけではなく、社員の方とのコミュニケーションも少しずつ取って、実習を続けられるように頑張りたいです。

*********************

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

就職が決まりました

こんにちは、まろんです。
ブログを書くのは約1年ぶりになります。

このたび、就職が決まりました協力してくださったスタッフの皆様本当にありがとうございました。
今回どうやって就職が決まったかを書いていきたいと思います。

まず初めに見学に行き、次に実習を2週間×2回行きました。
初めに実習に行ったときは初めて行く場所だし、とても緊張していたのと、事業所に行く時とは全然違う早い時間帯だった、電車に乗る時間が長い、座れないなどのストレスからいっぱいいっぱいでした。
それに加えて話しかけるのが苦手体力が足りてない、など反省点が多い実習になりました。

2回目の実習はどんな作業をするか分かっているのと、どんな人がいるか分かっている、自分の課題点が判っていたので、少し気が楽でした。とはいえ、まだ自分の課題をクリアしたわけではないのでこれからも色々頑張って行きたいと思います。

一人では就職活動も上手くいかなかった思うし、就職の事だけじゃなく自分の事もわかったし、いろんな体験もできました。ここに通って本当に良かったです。ありがとうございました。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

JOTフォトコンテスト2020を開催しました

みなさま、こんにちは!スタッフの豊田です。

今回は、去る7月23日・海の日に開催されたプログラム・JOTフォトコンテストについて、書いていきます。

まずJOTフォトコンテストとは、祝日の半日を使って行われるプログラムの一つです。目的は、自己表現の場として自身が撮影した(もしくは撮ってもらった)写真と共に、自身の言葉で想いを伝える表現力を磨くだけでなく、メンバーさんたちの相互交流、ココロとカラダをリフレッシュする時間といったものも大切にしている時間というふうにしています。

こちらのJOTフォトコンテストは、2年前のゴールデンウィークに第1回が開催されて以来、毎年GWに開催するようになりました。しかしながら、今回は緊急事態宣言の影響によりGW中の開催は延期に…それでも、全員一斉通所が再開された以降に、開催することができました。

ちなみに、今回のテーマは、元気をくれる1枚
ということで、元気といえば、この方!

 

 

 

とにかく暑苦しい就労スタッフの松岡就労氏。その手にはテニスではなく、バドミントンのラケットを持っている。

私、豊田が苦し就労スタッフ・松岡就労(シュウロウ)氏に扮して、司会進行を担当。投稿したメンバー・スタッフの方々による写真の元気ポイント思い入れも話していただきながら、頂いた写真を1枚ずつ紹介し、楽しい時間を共有しました!
全作品が発表された後には、投票が行われ、多くの票数を獲得した作品の入賞者への表彰が行われました。最後に、入選作品のご紹介をさせていただきます。
(※掲載許可を頂いた写真のみ掲載しています)

~入賞作品~

タイトル『小さな幸せ』

タイトル『たまには自然の流れに身をまかせて』

————————————

次回のJOTフォトコンテストのテーマは未定ですが、次回もまた、観たことのない、たくさんの景色に出会えることを楽しみにしています!

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com