2018.11.30

イラストレーターでパンフ作成

かな

メンバー1期生のかなです。

今回私は、スタッフさんから依頼を受け、企業や事業主の皆様に実習生の受け入れをお願いするためのパンフレットを作成しました
お話をいただいたとき、慣れ親しんだワードで作るか、夏から勉強を始めたばかりのデザイン系ソフト:イラストレーターで作るか迷いました。提出期限を考えるとワードの方が格段に速くできますが、新しいことにも挑戦したい。結局、心の欲求に従い、発達障害の特性external_blueである過集中を発揮すれば何とかなる!”とイラストレーターを選択したのです。
それからはもう夢中でした。まずは大切な表紙のデザインです。表紙はパンフの“顔”で全体を貫くイメージでもありますから、ワードで簡単な仮デザインを数点作り、スタッフさんに相談しました。「これがいいです」と指さしてくださったのが私の思っていたものと同じだったので、嬉々として即決。方向性が決まりました。
いよいよ、イラストレーターでの作業です。慣れないソフトに四苦八苦しながら、使い方を本やネットで調べ、イメージを形にしていきます。表紙と内容が3ページで、合わせて4ページ。大まかに仕上げたところでスタッフさんに確認いただき、あとは微調整を加えていきました。

もう、毎日がワクワクでした。集中することが大好きな私の“脳”は、どっぷりと世界に浸り、幸せをかみしめていました。そして、パンフレットが完成したときの達成感! さらにはスタッフさんやメンバーの方々にお褒めの言葉をいただき、嬉しいやら恐縮するやら…本当にいい経験をさせていただきました。このような機会を与えてくださった皆さまに感謝いたします。

いろんなことに挑戦できるのもJOTの大きな魅力。これからも、いろんなことを学んでいきたいと思います。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です