2018.11.28

バレティス始めました。

豊田

みなさま、こんにちは!JOTサポート神戸スタッフならびに
ヒロ・クロンドールバレエ認定バレティス®トレーナーの豊田信一です。

このたび10月より月1~2回、JOTサポート神戸の新しい健康づくりプログラムとして、バレティスというプログラムを取り入れ始めました! ところで、読者のみなさまはバレティスをご存じでしょうか。

バレティスとは、クラシックバレエの簡単な動きと、ピラティスの呼吸・動きを同期させ、身体に軸のあるバレエダンサーのようなしなやかな身体を作ることを目的としたトレーニングメソッドで、バレエダンサーと理学療法士監修で作られたものです。(バレティスの詳細は下記の公式サイトならびに紹介動画をご覧くださいませ♪)

ヒロ・クロンドールバレエ バレティス公式サイトhttp://hirocouronnedorballet.com/balletes/external_black

ちなみに、今年5月に更新したブログにて触れていたトレーニングメソッドの正体は、バレティスのことでした。私は昨年6月にバレティスを習い始め、バレティスの良さを多くの方に知ってほしいという思いと、JOTの健康づくりプログラムに取り入れたいというかねてからの思いから、今年7月にバレティストレーナーの資格を取得し、おかげさまでバレティスを導入させていただくという現在に至ります。

バレティスには様々な効果が期待されているトレーニングメソッドですが、JOTでバレティスを取り入れるにあたってのねらいの一つは、体幹を鍛えることによる姿勢改善です。なぜなら、良い姿勢を保つことは企業での面接のみならず、就職後にも良い印象を与えることに違いないからです。

実際にレッスンをおこなっての感想を伺ったところ、「肩回りがスッキリした」「楽しく取り組むことができた」「レッスンの次の日に、普段動かさない筋肉が痛くなり、バレティスが理にかなっていると実感した」などといった嬉しい言葉を頂きました。

また、レッスンの改善点として、「覚えきれないので一度での説明は少なくしてほしい」「集中の妨げになるのでレッスンで使用されるバレエ楽曲の音量は小さめにしてほしい」などといったご指摘も頂きました。このような率直な意見は、メンバーのみなさまにとって気持ちよくバレティスを受けていただくためにも不可欠な意見なので、ありがたく参考にさせていただき、回を追うごとに改善できるように努めています。これからのレッスンも受講されるみなさんにとって有益なものであるよう取り組んでいこうと思います!

スワンアーム

(↑10月29日におこなわれたレッスンの様子。バレティスのレッスンは、このスワンアームというワークで締めくくります。スワンアームでは肩甲骨の可動域を広げ、肩こりの改善や、二の腕のたるみの改善が期待されます。)

*************
神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です