初めてのレク担当!

こんにちは。2期生のミチニスタ∞です。

今年の8月に、初めてのレクリエーションを事業所でさせていただきました。ちなみに、なぜレクをさせていただいたかと言うと、このような経緯がありました。

昨年8月にレクリエーション介護士2級という資格を取得していましたが、その資格取得の経験を活かしてレクを行った場面がこれまでにありませんでした。そのためレクを企画した1か月前に行われた実習の振り返りのときに、スタッフさんから8月の2週目の祝日の日に、現場に出たときの練習も兼ねて、レクリエーションをやってみませんか、とお話を頂いたからです。

とりあえず、やってみようと思い、メンバーが楽しんでくれるようにネットで検索しているうちに、いろんなレクリエーションがあり、どれも楽しそうだったので、選ぶのが大変でした。参加するメンバーの目的として「みなさんの頭の体操・頭を柔らかくする・集中力・適度の緊張感の中、力を発揮できるか?・チームワーク形成」を考えました。

当日、初のレクリエーションをメンバーのみなさんの前でやってみて、はじめは緊張しました。私自身、進行役として盛り上げるところは盛り上げて、黒子に徹するところは徹し、最後までやり通せたと思います。でもスタッフ・メンバーの協力がなくては開催できなかったです。これに満足せず、もっと頑張っていきたいと思います。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

中国語検定

MOGUです。こんにちは。

今回は遅くなりましたが、皆様にご報告があります。なんと、私MOGUこの度中国語検定(※以下、中検)3級合格いたしました!イエーイ!拍手!!👏
何故こんなにテンションが上がっているのかと言うと、中検3級には並々ならぬ思いがあって、本当に取れたことが奇跡で滅茶苦茶嬉しいからです!!
というのも私MOGUは社会人になってから本格的に中国語を始めたわけですが、5年以上中国語を続けているのにも関わらず、検3級合格出来ておりませんでした。

中検には準4、4、3、2、準1、1級とあります。4級は比較的すぐ取れたのですが、3級、1回落ちています。だけど、社会人になって全てがうまくいかなくて怒られまくっていた中で唯一褒められていたのが中国語が話せることで。私の小学生程度の中国語でも中国から来たお客様は喜んでくれて…。それが嬉しくて、つらいときに中国語を聞くだけで癒されることが多く、両親に「何年も通って全くものになってない」と言われても頑張って続けられたんです。

発達障害だったと分かったときは特に中国語を習い続けたい意志が強くなりました。自分の遊びたい、怠けたい欲と戦いながら、中国語の勉強してました。家では集中できないことが多かったので、JOTでは主体性プログラムで中国語を勉強させて頂きました。音読の練習(特にこれが苦手です)もさせて頂けるので本当に助かりました。(←そして今でもこのように中国語を勉強させて頂いています。いつも感謝です。)

正直、今回合格できるか自信がなかったのですが、WEBで合格の番号を確認をした際、自分の番号が掲示されていたのを見つけてすごく感動しました。何年も成果が出ず、思い悩んでいて自分は中国語止めた方がいいんじゃないかとまで思いつめたこともあった分、とってもとっても嬉しかったんです。
また、合格をスタッフさんやメンバーさんに報告したところ、皆自分の事のように喜んでくれて…。
同時に就労移行支援事業所にJOTを選んでよかったなぁと思いました。JOTを選んでなかったら、正直3級に合格できたかどうか分からないどころか、中国語を続けられていたかどうかも分からないです。
仕事をしていた時は心に余裕が出来なかったせいか全く勉強した内容が頭に入ってきませんでした。
自分の特性を知ったということもありますが、JOTでコミュニケーションの練習をさせて頂くことによって人間関係もスムーズに行くようになって、心に余裕ができるようになりました。すると勉強内容も自然に頭に入ってくるようになりました!

今回中検3級合格できたのは、コミュニケーションが上手にできるようになったことも関係していると思います。コミュニケーションって勉強みたいにすぐ成果が出るわけではないから、こんなことやってて大丈夫かなって思うこともありました。しかしコミュニケーションが改善されることで余計なストレスを抱え込まないで済むようになったから、勉強に集中できるようになったんだと思います。

そのため最近は勿論勉強も頑張っていますが、体を整えることも意識して行うようになりました。
今は早寝早起きです。これもずっとできなかったことなのですが、今は早寝ができるように!
今では12時前には必ず眠れるようになりました!早起きもできるようになりましたが、ついスマホを長時間見て、ギリギリに出てしまうので今後の改善点はそこですね(笑)。

4年前は全くできないと思っていた事、特に中検3級は合格できるなんて夢にも思っていませんでした。
JOTに入ってから、できないと思っていたことがどんどん出来るようになりました。本当に感謝で、ありがとうしかないです。これからも少しずつですが、いろいろ挑戦していきたいと思っています。

改めてJOTの皆様、ありがとうございます!そしてこれからもよろしくお願いいたしますv

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

行動援護従業者養成研修を受けて

皆さん、こんには、2期生のMegです(^▽^)/
先月、また新たな資格『行動援護従業者養成研修』無事、修了して参りました。

『行動援護』とは、知的障害をお持ちの方や、精神障害をお持ちの方が外に出ることが困難な場合に一緒に外出したり、身の回りのことをサポートすることのできる資格です。

この資格を取ろうと思ったきっかけは、就労移行支援に通所するようになって、同じ障害で苦しんでいる方の何か力になりたいと思うようになりました。福祉の道に進みたい!!と思い、まずは、介護士初任者研修を修得しました。その中で障害を持った方についての授業があり、ますます精神障害を持っている方の力になれたらなと思いました。

介護初任者研修を終えて、更なるスキルアップを求めて色々探している時に『行動援護従業者養成研修』を見つけました。仕事内容を見てすぐに受けようと思い申し込みました。

授業は週1回の3回、一日8時間の座学でした。8時間ずっと集中し続けるのは本当に大変で、教科書の授業以外に、重度精神障害者の方の行動をDVDを見ながらグループになってアセスメントをしていく授業もありました。何故そのような行動を取ってしまうのかを考えて、そうならない様にするにはどうすればいいのかを意見を出し合いアセスメントしていく作業は8時間頭をフル回転で動かして考えるので、休憩時間も頭を休ませる事が出来なくて、授業が終わってからは何も考えられないくらい疲労していました。

この3日間は大変でしたが頑張って良かったです。本当に良い勉強になりました。重度障害者の方にふれたこともなかったし、深く考えたこともありませんでしたが、リアルを見させて頂いて、障害を持った方々の苦労や考え、行動には全部意味があるのだと学びました。私の中の世界がまた広がりました。障害があって生きづらさを感じているかたのサポートができたらなと、また改めて思いました。

私も今はサポートを受けてる側ですが、いつか誰かの役にたてることを信じてこれからも頑張っていこうと思います。

 

神戸で新しい就労移行支援事業所を創っていく―——JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

介護士初任者研修に一発合格!

こんにちは、2期生のMegです。
この度、介護士初任者研修に一発合格しました(^^)/

去年の11月10日から週1(毎週土曜日)約半年間学校に通いました。
普段はJOTに通いながら、自分の障害特性もある中で週1とはいえ体力的にも精神的にも通いきからすごく不安でした

そんな不安の中、初めての登校で講師の先生の介護への熱い思いや、人としてすごく寛大な心を持たれてる方だと感じ、障害のことは隠して学校に通おうかと考えていましたが、きっと先生ならわかってくれると思い、その日に自分の障害の話、不安に思ってることを全部話しました、先生は最後まで話をしっかり聞いてくれて「大丈夫よ」と強く手を握って下さいました。JOT以外に理解してくれる場所があるんだと、すごく嬉しくて安心できて、涙が出ました。先生となら頑張れると思いました

授業は座学と実技でしたが、私は発達障害external_blueの特性で聞いたことを覚えておくことが苦手で、授業内容は先生の体験だったり、感じたことだったり、教科書にはない大事なことだったりで、どれも忘れてしまいたくないことだらけだったので、先生の言葉を聞きながらメモすることがとても大変でした。後半の実技は、ちょうど双極性障害の鬱期に入ってしまい、立つこともしんどい状況で、でも学校でしんどい顔をしたら皆に心配かけてしまうと、しんどいのを隠して何とかやり過ごしました。それがとてもしんどかったです。

最後の筆記テストも絶対一発合格してやる!と思っていたので、鬱期で集中力が低下していましたが、教科書を何度も何度も読み返して、テスト当日も朝の5時に起きて振り返りをしました。その結果、満点で合格することが出来ました

テストに合格したことも嬉しかったのですが、なにより先生が、これまでの頑張りを、全部気づいて下さってて、よく頑張りました!と抱きしめてくれたことが、本当に嬉しかったです。やり遂げられたことの達成感、やればできるという自信が付きました

勇気出して介護の学校にいって本当に良かったです。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

介護初任者研修に合格しました

こんにちは。メンバー2期生のミチニスタ∞です。

今回、介護初任者研修に合格しました。通いはじめたのは去年の11月10日から週1回土曜日に通っていました。通いはじめるまでは授業について行けるか不安でした。
特性external_blackで聞きながらノートを書くのが出来なくてついて行けるかと思っていましたが講師の先生がとてもいい先生で、この先生なら私が持っている障害を理解してくれると思い勇気を出して打ち明けました。打ち明けると講師の先生はとてもやさしく「大丈夫ですよと何か困ったことがあったら言うて下さい」と言ってくれたので安心しました。また今の介護業界を変えたいと熱意を感じました。

授業が始まり講師の先生の言っていることを聞き逃さないように必死で聞いていましたがやはりところどころ聞き逃すところはありましたが先生の話は楽しく集中力のない私でも集中できました。また、授業の始まる前に先生から、毎回名前を呼んだ後に「今日の体調は絶好調?」と聞かれ、「絶好調」と答えるとしんどくても不思議と気持ちが上がりました
座学は教科書には載ってない介護現場での先生の体験談を聞いて介護の仕事のイメージは、180度変わりました。介護の勉強をする前の介護に対する私のイメージはきつくてしんどくて、給料が安いイメージでした。でも先生の介護に対するあり方やこれからの介護業界に対する思いを心と身体に感じました。

また実技の方でも頭がついて行くか不安でしたが、実技で分からないところがあれば理解するまで何回も教えてくれました

また、利用者さんの気持ちになって身体で体験したことで体がうまく自由に動かなかったり今までできていたことが出来なかったり利用者さんの気持ちが分かりました。 これからは利用者さんの気持ちをもってお互いにとって最適な距離感を理解して利用者さんの安心に繋がり、信頼関係を築きながら配慮していきたいと思います

実技が終わり、先生から出題範囲の要点を聞いたのですが、私自身まともに試験勉強をしたことがなく、教科書を見て読むだけでは覚えられなくノートに出るだろうと思うところを書いていたが合っているかどうか不安にはなりましたが「気持ちはその日に合格する」と言う気持ちではいました。そして、当日の試験では無事に合格することが出来ました

介護初任者研修の資格が取れて就職に一歩近づいたと思います。
介護の学校で学んだことを生かしていきたいと思います

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

社会福祉士試験直前です

こんにちは、チャチャです。私にとって2019年初回のブログとなります。今年の干支は猪ということで、私も猪のように前を向いて走りたいと思います。怪我はしないように・・(笑)今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、実は私には2019年が始まって早々に大きな勝負事があります。今回はそのことをテーマに書かせていただきます。その勝負とは・・2月3日にある第31回社会福祉士国家試験です。恥ずかしながら今回で4度目の挑戦です。

少し経緯をお話しますと、1度目の挑戦となる大学卒業後の現役時での社会福祉士国家試験はあと1点足りずに不合格となりました。不安に負けて見直し時に何問か解答を変更してしまったこともあり、当時はとてもショックを受けてしまい、ずっと引きずってしまいました。翌年の2度目の時はやる気も起こらず、就職もしていたため日々の忙しさに心の余裕もありませんでした。そのような気持ちのモチベーションのまま社会福祉士の試験を受けていまい、勉強にも気持ちにも力を入れなかったため、わずか数点で不合格という結果となりました。3度目は、プライベートと仕事においてもいろんな感情・ストレスを抱え込みすぎてうつ病を発症し、抑うつ症状があらわれている時でした。試験日直前は体力面も精神面でも限界に近く、試験を受けることを諦めることも考えていました。どうしても諦められずやはり受けたいという自分の気持ちも強く、JOTのスタッフの方々・メンバーの方々から「この辛い状態で受けることと、そしてその場に行くことだけでもすごいこと。」と背中を押していただいていました。本当に嬉しかったです。当日は試験場へ行って午前から午後までその場にいることだけで精一杯でした。結果は例年より合格点もあがってしまい、あと6点足りず・・。そして今回4度目の挑戦となる次第でございます。

この経緯で改めて自分を見つめなおし、分かったことがあります。それは『自分に対しての恐れ』です。模試や過去問では点数がとれるのですが、本番の試験がどうしても合格点まで届きません。そしていつもあと1点、数点です。それはもう勉強不足ももちろんありますが、なにより自分自身の日々のおいての自信喪失からきているのだと私はようやく気付きました。もっと普段自信をもっていれば、本番でものびのびと冷静に問題に向き合えるのでは・・。
JOTサポート神戸の皆様のご協力のもと、今までの人生の中で1番『自分自身と向き合い、そして自分を認める』ことを行いました。今までは自分を責め続け、嫌いで嫌いでたまらなかったのですが、今ではそれは少し感情が違っています。うまく言えませんが、今までの自分より「まだ今までよりマシだし、少しでも自分は変わっている」と思うのです。また不合格になったらどうしようとやはり毎日思いますが、もう自分に恐れずに自分の心と一緒に2月3日頑張ります。結果はどうなるかは分かりませんが、最後まで応援していただけると嬉しいです。長々と書いてしまいましたが、ありがとうございました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

資格インタビュー⑧

― どうも、皆さんこんにちは。今回インタビューを受けられるのは、いつもこのブログ運営を取り仕切ってくださっているブログ部長Kazuさんです。ですので今回のインタビュアーは私、スタッフ清水が担当させて頂きます。それでは、Kazuさん、よろしくお願いします!

― JOTサポート神戸に入所されてから取り組まれた、もしくは取り組んでいる資格の名称をお答えください。

甲種危険物取扱者3級知的財産管理技能士の取得に挑戦しました。現在、TOIEC 650点獲得を目指して勉強しています。

 

― 取得された2つは、いかにも難しそうな名称ですね((+_+)) その資格がどういったものかの概要をお教えください。

甲種危険物取扱者についてはガソリンスタンドなどの大量の可燃物など(危険物)を取扱う業者において必ず設置しなければならない国家資格、「危険物取扱者」の最上級資格で、要受験資格です。
3級知的財産管理技能士については著作権や特許権などの知的財産について基礎的で補助的な業務を行えることを証明した国家資格です。
TOEICとは、ビジネスシーンにおける英語能力を測る民間資格で10~990のスコアで能力を評価するものです。

 

― やっぱり難しい!尊敬します! では、その資格に興味をお持ちになった理由、受験しようと思った動機をお教えください。

甲種危険物取扱者については、大学の化学系学部を卒業したのに取得しないのはもったいないなと思ったからです。
3級知的財産管理技能士については、受験勉強を通じたスケジューリングの練習になると思ったからと、理工学系と知財は深い関係にあり、かつ弁理士はハードルが高すぎるので手ごろかなと思ったからです。
TOEICは「苦手ジャンルにも挑戦する訓練」の時期かなと思ったからです。

 

― なるほど。続いて、その資格についてどのくらいの期間勉強したか、またはしているかをお教えください。

甲種危険物取扱者は入所後約8ヶ月しました。また受験資格を得るための大学+大学院の6年別途勉強しました。3級知的財産管理技能士については、5ヶ月ほど勉強しました。TOEICについてはまだ1ヶ月程度です。

 

― 勉強方法はどのように・・・?。

甲種危険物取扱者と3級知的財産管理技能士はテキストを自分なりにノートへ書き写すことに大半の時間を使いました。最後の1ヶ月位は過去問、模試を繰り返して正答率を高めていきました。また、間違えた問題だけや苦手ジャンルをまとめたプリントを自作して対策しました

 

― うわぁ…「自作プリント」は感心致しました!努力されましたね。その資格について取り組んで、どのような感想をお持ちになりましたか?。

今までは自然法則を主として勉強してきましたが、「人の作った」法律を勉強するのは勝手がかなり違って、覚えるための取っ掛かりを探すのに苦労しました

 

― Kazuさんらしいご感想ですね(^_-)-☆ その資格以外にも興味のある資格、取り組んでみたい資格があればお教えください。

ITパスポートにも興味を惹かれました。

 

― 以上Kazuさんでした。ご協力ありがとうございました。とても難しい資格試験に挑まれ、見事に取得され、すごいなぁと心から感心致しております。JOTの「主体性プログラム」の時間をKazuさんは非常に有意義にご利用くださいましたね!それもスタッフとしては嬉しい限りです。ご協力ありがとうございました。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

資格インタビュー⑦

― どうも、皆さんこんにちは。今回インタビューを受けられるのはみるくさんです。それではお聞きしてみましょう。

― JOTサポート神戸に入所されてから取り組まれた、もしくは取り組んでいる資格の名称をお答えください。

調理師資格です。

 

― その資格がどういったものかの概要をお教えください。

食品の調理技術の合理的な発達を図り、国民の食生活の向上に資することを目的とするための日本独自の国家資格です。

 

― その資格に興味をお持ちになった理由、受験しようと思った動機をお教えください。

調理に興味を持って、いつかは調理系の仕事に就きたく、調理師資格をとろうと思いました。

 

― その資格についてどのくらいの期間勉強したか、またはしているかをお教えください。

5カ月ぐらいです。ただ、今はしんどくて取り組んではいません……

 

― その資格について、どのように勉強したか、またはしているかをお教えください。

問題集を使って勉強しました。

 

― その資格について取り組んでの感想をお教えください。

就職して落ち着いたらまた始めようと思います。

 

― 以上みるくさんでした。ご協力ありがとうございました。

― ここで、まだ、資格には取り組んでおられませんが、取り組んでみたい資格、興味のある資格がございますメンバーとその資格をご紹介したいと思います。

― まず、なつさんワープロ検定に挑戦してみたいそうです。
次にたんぽぽさん中小企業診断士社会福祉士にご興味があるそうです。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

中国語に対する意気込みと書いて、一気混みと書く。その心はいっぱいいっぱい。

1期生のMOGUです。今日は今私が勉強している中国語とのかかわりについて書きたいと思っています。
中国語を始めたきっかけをざっくりと説明すると、以前の仕事場で褒められることが多かったからです
勿論全ての発達障害者がなんて言わないが、発達障害だと自分も周りも気付かず生活していると叱責こそされても正直褒められることなんてとても少ない。特に社会人になってからは仕事で躓くことが多くて、毎日泣いて帰ってくることもありました。だけど偶然にも最初に勤めた会社の上司に薦められて習うようになった中国語が、いや中国語だけが発達障害だと気が付かず、生きづらさを感じながら仕事を続けていた私にとって中国語は私の心の支えでした。だからでしょうか、何度も転職しても中国語は止められなかったし、勉強どころではないほど精神状態がどん底に落ちていて中国語の単語をどんどん忘れていっていた時も私は中国語を止めようとはしませんでした
とは言え中国語の塾に習うのがやっとで、気がついたら私は自宅では全く勉強をすることが出来なくなっていました。JOTに入ってからもそれは変わりませんでした(JOTでは勉強ができるのでそれがむしろありがたかったです)。
皆が一生懸命勉強しているのを傍で見ながら、できない自分を情けないとしか思えませんでした。しかし、そんな私にもやっと転機が訪れます。

 

英語の勉強を始めた。
それは数か月前、私は唐突にアメリカンコミック(MARVEL)にハマったことでした。原書を読めるようになったら、とても素敵だろうなぁと思い、英語の勉強も始めたのです。すると中国語の勉強にも張りが出てきました

 

ながら勉強を始めた
またラジオ聞いたり、音楽を聞きながら、時にはテレビを見ながら、勉強するのを自分に許しました。意外や意外、これがとても効果的でした。あとで知ったことですが、東大生もこのやり方で勉強している人が多いそうです

 

同じ問題を何度も解く
ここで重要なのは採点をしてすぐもう一度同じ勉強をするということ
これはスタッフの内田さんに教えて貰った方法です。
私は今までそれはズルだと思っていて、やり直しはするにはするのですが答えを忘れた頃にやっていました。
そしてペケがついてばっかりの自分の解答用紙を見て絶望していました。当然答えの解説なんて読みません。
今思うとこれが私の勉強嫌いに拍車がかかりました。

 

自宅ではこうすることでやっと勉強ができるようになりました。
何とか上手くいっているように見えますが、それでも問題はあります。
調子が悪い時は30分もできないし、語学学習においては音読が大切なのですが苦手で、やれない日もあります。
何より夜中から勉強を始めて、夜ろくに寝れない日もあります。
それでも前より勉強を頑張れるようにはなりました。前の私だったら「これで十分、やった」って思うでしょう。だけど今の私はそれでは満足できない。やはり音読ができるようになりたいし、お恥ずかしながらそれが目標。特に夜ろくに寝ないで勉強頑張っても、採点してみるとぺケが多かったり、合格点超えていない時はとても落ち込みます。「ああ、自分何で生きてんだろう」とまでオーバーに落ち込んでしまう事も度々あります。
でもJOTの皆さんはそんな私に「よくやってる」と励ましてくれます。何気ないことだけどその何気ない一言を私が勉強の事を報告するたびに励ましてくれるので、投げ出したくなっても何とか頑張って勉強できています。勉強できなかった日の翌日も優しく励ましてくれるのでもう感謝しかありません。
うん、そんな状態だから意気込みなんて私には塵一つも持てないのだけれど、一つだけ言えるとしたらくじけずに頑張り続けたいということだけです。大変だけど、乗り越えていきたいです
以上moguからの報告これで勘弁・・・いや終わります!!!

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

資格インタビュー⑥

― どうも、皆さんこんにちは。今回インタビューを受けられるのはミチニスタ∞さんです。それではお聞きしてみましょう。

― JOTサポート神戸に入所されてから取り組まれた、もしくは取り組んでいる資格の名称をお答えください。

レクリエーション介護士です。

 

― その資格がどういったものかの概要をお教えください。

高齢者の増加に伴い、高齢者の心と身体の状態に対応した様々なタイプの介護事業所や施設で、高齢者が笑顔で楽しくなる日々を過ごせるためのイベントや体操、ゲームなどを行います。

 

― その資格に興味をお持ちになった理由、受験しようと思った動機をお教えください。

何か、社会に私自身、考えた時に、元々おばあちゃんに育てられたこともあってお年寄りに何か貢献できないかと思い介護職に就きたいと思い介護の資格に興味を持ちました。

 

― その資格についてどのくらいの期間勉強したか、またはしているかをお教えください。

4ヶ月ぐらい勉強しました。

 

― その資格について、どのように勉強したか、またはしているかをお教えください。

まず、講座の本を1冊ゆっくり読み、終わると添削課題を繰り返し行いました

 

― その資格について取り組んでの感想をお教えください。

今までろくに勉強しなかったので、自分の頭の容量がパンクしました 。(^^;)

 

―その資格以外にも興味のある資格、取り組んでみたい資格があればお教えください。

初任者研修の資格を取ろうと思っています。

 

― 以上ミチニスタ∞さんでした。ご協力ありがとうございました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com