作業訓練:みんなでつなぐストーリー

みなさん、こんにちは。
スタッフの内田です。朝夕、ずいぶんと涼しくなりましたね

この度は、私が担当しているプログラムの一つ、「作業訓練」についてお話しさせていただきます。
JOTでは、だいたい週に1度くらいのペースで作業訓練の時間を設けています。
このプログラムは、①手先・指先を鍛えること②指示をよく聞いて、きちんと理解し、その指示通りに作業を進めること、を目的として行っています。

内容は本当に、多種多様。針と糸を使って手芸めいたことする日もあれば、ビーズで飾りを作ったり、カラフルな糸でミサンガを作っていただいたこともありました。また、天声人語の書き写し、社説の入力、筆ペンで書き初めや写仏…等々、とにかく、メンバーの皆さんに楽しく取り組んでいただけるよう、毎回工夫を凝らしています。

このように様々な「作業訓練」を行っているのですが、最近取り組んでいただいた中に、「絵本作り」があり、とても盛り上がったのでご紹介させていただきますね(*´v`*)

絵本と言っても、ただの絵本ではありません。メンバーさんが順にストーリーをつないで出来上がった世界でただ一つの物語絵本です。

題して「始まりはわたし、終わりはあなた」

画用紙を四つ折りにして切り込みを入れると、全8ページの本の形になるのですが、プログラムのタイトル通り、物語の始まりは絵本の持ち主であるメンバーさんに描いていただき、1ページ目を描き終わると、隣の人に回します。そして、反対側から回ってきた人の絵本の続きを考え、描きます。それをまた、隣の人に渡し、回ってきた次の絵本を受け取り、続きを考えます。

これを繰り返し、自分の絵本がまわり回って、手元に戻ってきたときには、1冊の物語絵本が完成しているというわけです!

内田ブログ05用画像

皆さんの作品を拝見しますと…ストーリーがつながっているものもあれば、突然とんでもない展開になっているものもあり(!)、あちこちで笑い声が上がって、終始にぎやかな作業訓練となりました。

指先を使う作業が苦手な方、耳で聞いた指示通りに作業することが苦手な方、黙々と取り組むことが苦手な方、逆に黙々と作業することが好きな方…得意も苦手もいろいろですが、得意は伸ばし苦手は克服につながればと、これからも作業訓練を通して、皆さんの就労支援は続いていきます。

体調を崩しやすい時期ですので、どうかお気をつけてお過ごしください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

生田川でお花見!

皆さま、こんにちは、スタッフの内田です。

春、あたたかな日差しが嬉しい季節となりましたね。強い紫外線が気になる季節でもありますが・・・なんといっても、春は桜の季節
咲き始めの桜あるいは満開の桜に送られながら、入学、進学、就職…新たなスタートを切った方もおられるでしょう。
さて、その桜の季節で外せないのが「お花見」ですよね(*´v`*)
JOTでも、先日お花見に行ってまいりましたので、その様子をご紹介させていただきます。

JOTでお花見が開かれるのは、今年で3回目になるのですが、今年は、これまでと違って、お花見の準備をする段階から、何人かのメンバーさんに加わっていただくことにしました
「就職した先で新入社員としてお花見の準備を任された設定」というわけです。

立候補してくださったメンバーさんたちは、限られた時間の中で打ち合わせを行い、みんなで楽しめるようにとアイデアを出し合い、工夫を凝らしてくださいました。
当日は、とにかく寒すぎないかと、それが心配でしたが、どっこい晴天に恵まれ、少々風は強かったものの、暑すぎるくらいのいいお天気になりました!
場所は、生田川沿いの一角。青空に桜が映え、とても気持ちの良い景色でした。
さて、お花見の中身ですが…飲食はもちろん、目玉は、シャッフル川柳」「生演奏」♪

「シャッフル川柳」は、前もって、メンバーさん全員とスタッフに3枚の用紙それぞれに5文字・7文字・5文字の言葉を書いていただき、それを混ぜてつなぎ合わせると、世にも不思議な「一句」が出来上がるというものです。
その偶然から生まれた素敵なシャッフル川柳を、いくつか披露させていただきますと…

「風薫る つぎへつぎへと さくらもち」(ん???)

「さくらより ドラマセラピー たのしいな」(なるほど!)

「春光り 桃色桜 生田川」(お見事☆)

 

もうひとつの目玉、生演奏は、なんとディジュリドゥ(オーストラリアの先住民アボリジニの伝統的な楽器)とジャンベ(西アフリカ起源の太鼓)のコラボです。
メンバーさんが目の前でそれぞれの楽器を奏でてくださり、途中から素敵な踊りを披露してくださったメンバーさんもいらっしゃり、お花見の盛り上がりも最高潮♪☆ヽ(≧▽≦)/☆♪

 

お花見の翌日のプログラム「グループワーク」では、今後のお花見やイベントについてのアンケートを実施。JOTでのイベントをより充実したものにしていくため、スタッフも加わって、今回のお花見で感じたことやお花見以外のイベントについての意見を出し合いました。そして、それぞれのグループごとに発表し、今年のお花見も幕を閉じたのでした(*´v`*)

季節は春から初夏へ、元号も平成から令和へ…皆さまにハッピーな毎日が訪れますように♪最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

これまでもこれからも、キラキラと☆彡

みなさん、こんにちは♪
スタッフの内田です。本格的な冬を迎え、寒さも厳しくなりましたね。
風邪やインフルエンザなどにかかっておられませんか。
手洗い、うがいを忘れず、睡眠とたっぷりの栄養で寒い冬を乗り切ってくださいね。

さて、この度は、「一年を振り返って」というテーマでブログを書かせていただくことになり、これまでを振り返ってみようと思います。

以前、「はじめまして!」のブログの中で、私は、「私の毎日はキラキラしています」と、述べていました。それは今も変わっていません☆彡☆彡
毎日、何かしらの感動や感激があり、驚きや学びがあり、JOTの中はいつもキラキラしています
たとえば、私が担当させていただいている「作業訓練」のこれまでを思い返しただけでも、切り絵、ボタンの縫い付け、ミサンガ作り、聞くトレ、美文字の練習、数える訓練……などなど、たくさん思い出されます。「指示を理解し、指示通りに作業を進めること」は、難しい訓練です指示を聞き違えたり時間配分がうまくいかなかったり、好悪や得手不得手の差はあっても、その時々で、メンバーの皆さんは、どの訓練にも真剣に取り組み、楽しんでくださっていました。そして嬉しいことに、確実に、作業効率は上がってきているんです!

また、ここ最近で一番、キラキラしていたといえば、就職が決まったことを報告されたメンバーさんとそれを祝福するメンバーさんたちの笑顔ですヾ(≧▽≦)ノ♪♪
みんな、自分の事のように喜び、内定をいただいたメンバーさんも安堵の表情で祝福を受けておられました。
コツコツと努力を積み重ねてこられ、それが実を結んだ時の姿は、みんなのあこがれであり、希望であり、とてもとてもうれしい光景です

一方、就職が決まり卒業される方もいらっしゃれば、新たな道を目指し、入所してくださる方もいらっしゃいます。不安でいっぱいのメンバーさんの心が少しでもほぐれるように、細心の注意を払って、サポートさせていただいています

現在訓練に励んでおられるメンバーさんはもちろん、新しく入って来られる方も、みんなが就労後もキラキラとした日々を過ごしていけるように、これからもずっとずっと、全身全霊を傾け、サポートさせていただきたいという想いで、次の一年を迎えたいと思います

最後まで読んでいただきありがとうございました(*´v`*)

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です

info@jot-support.com

開催! Jサポ大会議!!

みなさん、こんにちは♪
スタッフの内田です。朝晩、だいぶ寒くなりましたね。体調を崩されたりしていませんか。

さて、先日、JOTの1年半を振り返り、さらには、JOTのこれからを考えるというJOT始まって以来の大イベント、「Jサポ大会議」が、開催されました!
今回は、その「Jサポ大会議」で感じたことを書かせていただこうと思います。

お世話になったJOTに何かお返しをしたい…
「Jサポ大会議」は、そんなメンバーさんの熱い思いから生まれました。
当日は、まず、スライドでこれまでを振り返りました。茶菓子なども用意しましたので、お菓子をつまみながら、懐かしい写真に見入り、あの日あの時の出来事に、思いを馳せ、びっくりエピソードも飛び出すなど、大いに盛り上がりました♪ 午後からは、JOTの印象や入所前後のご自身の気持ち、JOTへの思い…などなど、スタッフ・メンバーさん共に、自由に語り合いました
笑いあり、涙ありの、とてもやさしく温かな時間を過ごすことができました

いまJOTに来て下さっているメンバーの皆さんは、悩んで、苦しんで、迷って、ためらって…それでも勇気を出してJOTの扉を叩いてくださった方々です

みなさんそれぞれが、初めまして同士で、緊張と不安の連続で、なかなか心を開けずにいました。
でも、お互いを尊重し合い、受け入れ、小さかったはどんどん大きくなり、窓から差し込むがいっぱいの部屋は、JOTのテーマカラーである黄色を象徴するひまわりのように明るく、誰もが大きな場所となりました。
そして、いろいろなプログラム、心震わせるような様々な体験を通して、1人1人が自分自身を見つめ直し、し、び、発見し、自分がむべきを見つけようと努力を重ねています。

スタッフとメンバーさん、また、メンバーさん同士が運命の出会いをし、一本一本のが合わさって一枚の布が生まれるように、1人1人が寄り添い、摩擦が起きそうなときには、自然に誰かが潤滑となり、JOTという布は皆さんにとって希望が持てる場所、平な場所として広がりつつあります。

これからも、JOTは、社会へ戦していく皆さんにとっての原点であり、社会への懸け橋となるでありたいと願っています。
そして、人も雰囲気も、それぞれが魅力をもった愛すべき事業所であり続けたいと、改めて感じさせてくれた一日でした。

最後までお読みくださりありがとうございました(*´v`*)

DSC_0029

内田ブログ02用画像2

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

透ける色紙で工作しました

みなさま、こんにちは!
JOTスタッフの内田です。暑さが厳しい毎日ですが、体調を崩されたりしていませんか?特に、部屋の冷房が効いている時は、部屋の中と外で、上手に体温調節してくださいね。

さて、JOTのメンバーの皆さんも暑さに負けず、様々なプログラムに取り組み、就労に向けて、毎日訓練に励んでおられます。
今日はその様々なプログラムの中の一つ、「作業訓練」をご紹介したいと思います。
作業訓練は、脳の活性化はもちろん、作業の段どり、時間配分の仕方、丁寧な作業などの訓練を目的として、月に3回行っています。
これまでにも、パソコンで新聞の社説を入力し、その内容を要約し感想をまとめる訓練や、写経や折り紙、ミサンガ作りなど、いろいろな作業訓練を行ってきました。
そして、先日行ったのが、「トランスパレントペーパー」を使っての訓練でした。
トランスパレントペーパーは、トランスパレント(transparent)に、「透明な」とか、「透き通る」という意味があり、その名の通り、透き通った色紙です。
特に、光を当てると、きれいに透けて見えて、何枚か重ねて陰影を楽しむこともできます。
今回は、「花」と「さかな」というテーマで、額入りの絵画風に作品を仕上げていただきました。
こういった作品を作る場合、どのような手順で取りかかるかを、自分の中で組み立て、どのように作業を進めていくか考えることが、とても大切です。

さて、実際の作業の様子ですが・・・作品の構図は皆さんそれぞれ、個性あふれるものになりました。ペーパーを大きく切り抜き、大胆に貼っていく方もいらっしゃれば、小さく切って作品を作り上げていく方もおられます。
そして、最後には、とてもとても、素敵な作品の数々が出来上がりました!
部屋の窓ガラスに貼ると、光が透けて、ステンドグラスのようです。

今後も様々な作業訓練を通して、メンバーの皆さんが、一つずつでもできることが増えていき、それが就労につながっていくことを願って、一生懸命サポートさせていただきます。

訓練の様子は、時々、このブログでご報告させていただきますね(*^^*)♪

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

はじめまして(*^^*)

皆さん、はじめまして!
JOTサポート神戸のスタッフとしてお仕事させていただいております、内田亜由美と申します。
これまで、様々な職種の仕事や人との関わりを通して学び得た、「人は人に支えられて生きていけるのだ」という想いを活かせる仕事がしたいと、この度、職業指導員として、関わらせていただくことになりました。
主にパソコン指導や作業訓練を担当させていただいております。
JOTでメンバーの皆さんにお会いし、この仕事に就かせていただくようになって、私の毎日はキラキラしています。
ありのままの私を受け入れてくださったメンバーの皆さんを、私もありのまま受け止め、一緒に笑い、一緒に悩み、一緒に前へ進もうと日々の訓練に励んでいます。
限られた時間の中で、メンバーの皆さんが、無事に就労でき、キラキラした毎日を過ごせるよう、そっと寄り添い、できる限りのサポートで、精一杯務めさせていただきます。
今後とも、JOTとメンバーの皆さんを温かく見守ってくださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com