JOT卒業…出会えてよかった

メンバー1期生のかなです。
ついに私も、JOTを卒業する時が来ました
先月、企業の面接を受け、4日間の実習を経て内定をいただくことができました

事業所で過ごした日々を振り返ると、改めて“JOTのメンバーさんはコミュニケーション能力が高いなあ”と 強く感じます。JOTでは、ACTやSSTというコミュニケーション・トレーニングやグループワーク等々があり、楽しみながら対人スキルを学ぶことができます。そして何よりも、JOT独特の温かい雰囲気がそうさせるのか、訓練以外の時間はいろんなところで雑談の輪が広がり、自然と毎日がコミュニケーションの訓練になっているのです。私もそんな中で、スキルを磨くことができました。

そう言いながら、実は私が一番好きだった訓練は主体性プログラムでした。各々が自分のために自分で考えた訓練を行う時間。一人黙々と作業に向き合う中、ふと意識を外に向けると、皆さんの気配を感じます。それがとても心地よくて、心がほっこり。そしてまた、作業に集中するのです。

自閉症スペクトラムで“一人が大好き!”な私は、コミュニケーションを必要とするプログラムはとてもエネルギーを要し、精神的に消耗してしまいます。でも不思議なもので、JOTではそれがとても楽しくもあり、できる限り参加したいと思っていました。“楽しい”vs.“苦しい”という相反する感情が同時に存在するため、そのギャップに最初はボロボロになっていましたが、徐々にバランスをとれるようになってきました。コミュニケーションを楽しみつつも、心のSOSサインを無視せず一人の時間を大切にするようにしたのです
心を休ませるために交流を避けているとき、皆さんがそれを受け止め配慮してくださったことに、深く感謝いたします。

私がJOTで得たもの――
それは、“一人が大好き!”だけど、“みんなといると幸せ”という想いです。二つの想いを大切にする術を学べたことで、私は外の世界へ踏み出すことができました。

今、生きている、この瞬間――
JOTと巡り合えたことがまるで奇跡のよう
スタッフの皆さま、メンバーの皆さま、本当にありがとうございました。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

イラストレーターでパンフ作成

メンバー1期生のかなです。

今回私は、スタッフさんから依頼を受け、企業や事業主の皆様に実習生の受け入れをお願いするためのパンフレットを作成しました
お話をいただいたとき、慣れ親しんだワードで作るか、夏から勉強を始めたばかりのデザイン系ソフト:イラストレーターで作るか迷いました。提出期限を考えるとワードの方が格段に速くできますが、新しいことにも挑戦したい。結局、心の欲求に従い、発達障害の特性external_blueである過集中を発揮すれば何とかなる!”とイラストレーターを選択したのです。
それからはもう夢中でした。まずは大切な表紙のデザインです。表紙はパンフの“顔”で全体を貫くイメージでもありますから、ワードで簡単な仮デザインを数点作り、スタッフさんに相談しました。「これがいいです」と指さしてくださったのが私の思っていたものと同じだったので、嬉々として即決。方向性が決まりました。
いよいよ、イラストレーターでの作業です。慣れないソフトに四苦八苦しながら、使い方を本やネットで調べ、イメージを形にしていきます。表紙と内容が3ページで、合わせて4ページ。大まかに仕上げたところでスタッフさんに確認いただき、あとは微調整を加えていきました。

もう、毎日がワクワクでした。集中することが大好きな私の“脳”は、どっぷりと世界に浸り、幸せをかみしめていました。そして、パンフレットが完成したときの達成感! さらにはスタッフさんやメンバーの方々にお褒めの言葉をいただき、嬉しいやら恐縮するやら…本当にいい経験をさせていただきました。このような機会を与えてくださった皆さまに感謝いたします。

いろんなことに挑戦できるのもJOTの大きな魅力。これからも、いろんなことを学んでいきたいと思います。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

卒業します。

こんにちは
2期生のTAKEです。
すっかり秋が深まってきましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

この度、就職が決まり、10月末をもってJOTサポート神戸を卒業することになりました
入所から1年と2カ月余り、親切なスタッフの方がた、優しいメンバーの方がたに囲まれて
とても楽しく充実した訓練が出来ました。
今回、就職が決まったのも、スタッフの方がたの手厚いサポートとご尽力のお陰です。
本当に、本当に感謝しています。ありがとうございました

1人で就職活動をしていた頃は、なかなか上手くいかず、行き詰ることも多かったのですが、
JOTに通うようになってからは、毎日が充実するようになってきました
スタッフの方がたが手厚くサポートして下さり、安心してプログラムに取り組むことが出来ましたし、自信もついてきました。
メンバーの皆さんは優しい方ばかりで、一緒にお昼ご飯を食べたり、楽しくお話をしたりして、すぐに馴染むことが出来ました。

JOTは本当に居心地が良くて、毎日、通うことがとても楽しくて、居心地の良さに甘えてしまい、本来の「就労」という目的を忘れそうになってしまうこともありました。
でも、プログラムは就労に向けて役立つものばかりですし、毎月、月末にはスタッフの方と一カ月の振り返りの個別面談を行うことで、自分を見失うことなく、プログラムに取り組むことが出来ました

また、悩み事があったり、気になることがあれば、いつでもスタッフの方が親身になって話を聞いてくださいますし、的確なアドバイスをして下さいます。
こちらから相談をすることもあれば、スタッフの方が声をかけて下さることもあって、安心して、毎日を過ごすことが出来ました

卒業することで、楽しく有意義なプログラムを、もう受けることが出来なくなるかと思うと、とても寂しいです。
メンバーさんの得意な分野を生かして講義してくださったこと、本当に勉強になりましたし、楽しくて有意義でした。
大好きだったドラマセラピー、落ち込んで笑顔を忘れていた時に、笑うということの楽しさを思い出させてくれました
とても楽しかった作業訓練、ミサンガを作ったことや、綺麗な字を書くことの大切さを教えて下さったこと、感動的な文章や役立つ文章を要約することの楽しさを教えて下さったこと、一生忘れません。

スタッフの皆様、メンバーの皆様、今まで本当にお世話になりました。
皆さんのお陰で、楽しく有意義な、そして充実した1年2カ月を過ごすことが出来ました。
11月からは、毎日お会いすることは出来なくなりますが、また元気で、笑顔でお会いできることを楽しみにしています。
本当に、本当に、ありがとうございました。

 

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com

資格インタビュー⑤

― どうも、皆さんこんにちは。今回インタビューを受けられるのはのぞみさんです。それではお聞きしてみましょう。

― JOTサポート神戸に入所されてから取り組まれた、もしくは取り組んでいる資格の名称をお答えください。

漢検3級(以下漢検)、アロマテラピー検定1級(以下アロマ検定)、メディカルアロマセラピスト(以下アロマセラピスト)、整理収納アドバイザー2級(以下整理収納)、メディカルハーブ検定(以下メディカルハーブ)に挑戦しました。

 

― その資格がどういったものかの概要をお教えください。

漢検は漢字能力に関する検定です。アロマ検定はアロマテラピーを自分で楽しんだり、周囲の人を楽しませるために必要な知識を測るものです。アロマセラピストは症状に適した精油を選び、芳香療法やトリートメントを施すほか、カウンセリングによる心理的サポートなど、統合医療を担う専門家として、様々な役割を担います。整理収納は基本的な“整理の考え方”、具体的な“整理の方法”、実践的な“収納のコツ”を学び、自宅や職場環境の改善につなげます。メディカルハーブは手に入りやすい15種類のハーブを題材にメディカルハーブの安全性、有用性、使い方などハーブを楽しむために知っておきたい基礎知識を身につける検定です。

 

― その資格に興味をお持ちになった理由、受験しようと思った動機をお教えください。

漢検は何も資格をもっていなかったので、とりあえず取得しようと思ったからです。アロマ検定、アロマセラピストはアロマにずっと興味があったからです。整理収納は「片付けが好き」というのを形として残したかったからです。メディカルハーブはアロマ好きの関連としてです。

 

― その資格についてどのくらいの期間勉強したか、またはしているかをお教えください。

漢検は5カ月です。アロマ検定は半年以上勉強しました。アロマセラピストは3カ月です。整理収納は1日です。メディカルハーブは3カ月です。

 

― その資格について、どのように勉強したか、またはしているかをお教えください。

漢検、アロマ検定、メディカルハーブについてはノートに書いて覚えました。アロマセラピストは実際に動いて、体に覚えさせました。整理収納は1日講習です。

 

― その資格について取り組んでの感想をお教えください。

どれも書いたり動いたりしないとなかなか覚えられないといった感想です……

 

― 以上のぞみさんでした。ご協力ありがとうございました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

ありがとう、JOT

いきなりですが私、のぞみは・・・
JOTサポート神戸を卒業します!!
なぜかというと実習でお世話になっていた企業様への就職が決定したからです

入所当初は、自身の障害を受け入れられず普通の人になりたくて長所を褒めて頂いても肯定も出来ず「生きていても周りに迷惑を掛けるだけだ」と思っていた私がいました。が、いつのまにか自分を好きになっていて障害に折り合いをつけて褒めて頂いた時は堂々と肯定し「私はありのままで突き進んで自分も大事にしながら周りの方々のお役に立てるようにマイペースに生きる」私に生まれ変わりました。ある出来事や前職をきっかけに話せなくなって人を信じる事が怖かった私はどこかへ去ってしまったようです。また、入所するまでは自分と同じ発達障害の方とお会いしたことがなかったので自身を否定するばかりでした。でも、ふと「自身を否定することは同じ障害を持つ方を否定するのと同じでは?」と思ったのです。それからは自己否定することは無くなりました。

入所したてはとにかく何事にも必死だった気がします。~すべき、~でなければならない。人の役に立てない自分は価値がない。そんな考えで自分自身を追い込んでいました。出来ていたにもかかわらず。
それでも私は完璧でない自分が許せなかったんです。そんな私を認めながら寄り添ってくださったスタッフの方々、メンバーの皆さんがいてくれたからこその私だと思っています。皆さんが私の持っている力を引き出してくださったんです。本当に感謝という言葉では足らないです。居心地の良さに就労移行支援事業所ということを忘れて(忘れたらいけないけど)笑顔で過ごす時間が多かったように思います

入所第1号で1人ポツンと私だけが訓練を受けて静かだった事業所が新しくメンバーさんが入所する度にワイワイ賑やかになって嬉しかった事をしみじみ思いだしました。お腹を抱えて笑ったSSTや困りごとがあるとみんな全力で悩んで考えて泣いて励ましあった事や悲しくて悔しくて自分を責めた時本気で叱ってくれた事やメディカルアロマセラピストの試験の時にそっと見守ってくれた事その他たくさんの思い出が数えきれないほどJOTサポート神戸にはあります。思い出を胸に私は自分の人生を自分の足で歩きだします

今度はこのブログを読んでいるあなたが自分の人生の主人公になってみませんか?

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

資格インタビュー④

― どうも、皆さんこんにちは。今回インタビューを受けられるのはTAKEさんです。それではお聞きしてみましょう。

― JOTサポート神戸に入所されてから取り組まれた、もしくは取り組んでいる資格の名称をお答えください。

日商簿記3級ビジネス実務法務検定試験2級(以下ビジ法2級)の取得に挑戦しました。

 

― その資格がどういったものかの概要をお教えください。

日商簿記3級については基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できることを証明する資格です。。
ビジ法2級については法務部門に限らず営業、販売、総務、人事などあらゆる職種で必要とされる法律知識が習得できるものです。

 

― その資格に興味をお持ちになった理由、受験しようと思った動機をお教えください。

日商簿記3級については、求人票の必要とされる資格欄に記載されていることが多いためです。
ビジ法2級については、前職で契約に関する業務が多くあり、法務に関する知識の習得が必要であると考えたためです。

 

― その資格についてどのくらいの期間勉強したか、またはしているかをお教えください。

日商簿記3級は2017年9月から2018年2月までしました。ビジ法2級については2018年3月から継続中です。

 

― その資格について、どのように勉強したか、またはしているかをお教えください。

日商簿記3級はテキスト、問題集、資格スクエアの講義及び問題集を用いて勉強しました。ビジ法2級は主に問題集を用いて勉強しました。

 

― その資格について取り組んでの感想をお教えください。

年を取ってからの資格取得は難しいと感じました。(^_^;)

 

― その資格以外にも興味のある資格、取り組んでみたい資格があればお教えください。

CFP(サーティファイド・フィナンシャル・プランナー)にも興味があります。

 

― 以上TAKEさんでした。ご協力ありがとうございました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

資格インタビュー③

― どうも、皆さんこんにちは。今回インタビューを受けられるのはかなさんです。それではお聞きしてみましょう。

― JOTサポート神戸に入所されてから取り組まれた、もしくは取り組んでいる資格の名称をお答えください。

メディカルヨガインストラクターの資格を取得しました。

 

― その資格がどういったものかの概要をお教えください。

ヨガ実技と統合医療の視点を元に様々な知識を学び、疾病予防や不調改善につながるヨガが指導できるインストラクターの資格です。

 

― その資格に興味をお持ちになった理由、受験しようと思った動機をお教えください。

ヨガレッスンを受ける機会があり、その効果を身をもって知ることができたのがヨガに興味を持ったきっかけです。体も心もゆるゆるになるヨガを障害のある人たちと分かち合えたらと思い、インストラクターの資格を取得することにしました。

 

― その資格についてどのくらいの期間勉強したか、またはしているかをお教えください。

約3ヶ月です。

 

― その資格について、どのように勉強したか、またはしているかをお教えください。

週1回のレッスンの他、予習・復習をしていました。課題が出るので、毎日繰り返し練習疑問点をまとめて納得がいくまで先生に質問しました。

 

― その資格について取り組んでの感想をお教えください。

ヨガの奥深さを知り、資格を取得してやっとその世界の入り口に立ったくらいなのだと思っています。

 

― 以上かなさんでした。ご協力ありがとうございました。

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆

info@jot-support.com

ハーブたちを育てるにあたって

園芸部長に任命して頂きました1期生の、のぞみです。
うだるような暑さの中、皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?
私は毎日の訓練後の自宅で家事をした後、気絶するように眠りについております。
(それだけ訓練に一生懸命取り組んでいる証拠だと思っております)
早く夏が明けておいしい食べ物がたくさん食べられる秋になってほしいものです。

さて、冒頭でも書きました通り、この度、園芸部長に任命して頂きました!
開所当時、私から「ハーブを育てて料理に使用したり癒されたりアロマやハーブの知識の足しになればいいな」と思い提案してメンバー一同、水をあげたり栄養剤をまいたり育ててまいりました。
しかし、メンバー同士報告・連絡・相談が上手く連携しておらずハーブたちに水がまかれなかった日も・・・どうすればいいんだろうと悩んでおりました。そんな時にスタッフの方が私を園芸部長、副園芸部長をMOGUさんにどうかとご提案してくださったのです

そこから水やり漏れが無いように通院や私用の日が当番の場合は園芸部2人のどちらかに連絡する・雨の場合は園芸部で判断して当番の方に「今日はお水あげなくて大丈夫です」と報告したりするので報告・連絡・相談の練習の場になっています
またルールブック・水やり表を作成することでワードやエクセルの訓練にもなっています
私自身、園芸部長に任命して頂いたことでハーブたちへの責任感や愛情がさらに強くなったような気がします

「神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていくーーーJOTサポート神戸です☆info@jot‐support.com」

未知なるヨガ体験!?

1期生のかなです。JOTでは、毎週月曜日にヨガプログラムがあります。先日は、PRANAVA YOGA塚本先生が来てくださいました。最初は緊張していたメンバーさん達ですが、レッスンが始まるとあまりの気持ちよさに眠りに落ちる人がチラホラ
塚本先生の教えてくださるのは伝統的なヨガで、テレビで見るような派手なアーサナ(ポーズ)も大きな動きもありません。ゆったりと呼吸し、ひとつひとつのアーサナをじっくりと味わい、脱力したときの体の変化を感じていきます。ヨガって、こんなにも丁寧に自分の体と向き合うんだ…と、感動的でした。

ところで、塚本先生によると、心にしんどさを抱える人はお腹が固いそうです。横隔膜の動きが悪く肋間筋が固くて、呼吸してもお腹が上下しないとか。今回は初対面でみんなも緊張していたので、何度か回数を重ねればお腹も心も柔らかくなっていくのでしょう。

「こんなヨガもあるんですね」「とってもリラックスできました。また来てほしいです!」と大好評だったヨガ、次回は9月17日です。またぜひ塚本先生のヨガを味わいたいと思っています

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆
info@jot-support.com

ボランティア始めました。

こんにちは
2期生のTAKEです。
とても暑い日が続いていますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私たちは6月よりボランティア活動を始めました。
活動内容はJOTサポート神戸周辺のごみ拾いです。(関連リンク「JOTボランティア活動の報告external_black」)
とても小さなことではありますが、「少しでも周辺の美化に貢献できれば嬉しいなぁ~」と思いながら活動しています。
活動を始めて約1か月が経ちましたが、お陰様で無事に活動を継続することが出来ています。
この暑さの中なので、汗を拭きながらの活動ではありますが、楽しく有意義な時間を過ごすことが出来ているように思います

先日、活動中にメンバーの一人が道行く人から声を掛けられました。
「何を言われるのかな?」と思っていると、ごみ拾い活動をしていることへの労いの言葉と感謝の言葉をかけて頂きました
とても心温まる出来事でした。

これからも小さなことではありますが、少しづつ積み重ねていきたいと考えています

ボランティアの様子01

ボランティアの様子02

神戸市で新しい就労移行支援事業所を創っていく―――JOTサポート神戸です☆info@jot-support.com